自然環境を構築ツール Terragen 4.7 がリリース、VDBエクスポートやMicro Exporterのアップデートなど

CGソフト

2023年11月16日(現地時間)- Planetside software は、リアルな自然環境を構築、レンダリング、アニメーション化するためのソフトウェアの最新アップデート Terragen 4.7 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、VDBエクスポートやMicro Exporterのアップデートといった新機能が追加されています。

VDBエクスポートのアップデート

VDB Export機能に最適化オプションと機能強化が追加され、密度(density)値がゼロの場合はグリッドポイントを空にすることで、ファイルサイズを小さくすることができるようになりました。

Terragenのビルトインオブジェクトに新しい非レンダリングのバウンディングボックスオブジェクトが追加され、雲の一部を異なる解像度でエクスポートするために雲レイヤーの領域を分離するために使用できるようになりました。

雲レイヤーの最適化タブにある新しい “Set bounds for VDB export ” というパラメーターに割り当てると、VDBエクスポートの境界をオブジェクトで定義することができ、オブジェクトは好きなように移動、拡大縮小、回転させることができます。

ほとんどのビルトインオブジェクトはバウンディングボックスとして使用できますが、新しいバウンディングボックスノードのような非レンダリングオブジェクトを使用することが推奨されます。これは雲のクリップに使えるだけでなく、実際の雲を囲むボックスを手動で縮小することで、エクスポータが空のスペースをサンプリングする無駄な時間を省くことができます。

クラウドレイヤーの最適化タブの新しいオプション「Different resolution for VDB export」と「Millions of voxels for VDB」を併用すると、クラウドの内部ボクセルバッファとは異なる解像度でVDBをエクスポートできます。

Terragenクラウドレイヤーを、複数の “Millions of voxel for VDB “値を使用してVDBとしてエクスポートし、Blenderにインポートしてレンダリングしたもの。

Micro Exporterのアップデート

Micro Exporter機能は、マルチスレッドレンダリングで使用できるようになり、重複する頂点、法線、UVW、面をマージすることで、よりクリーンなジオメトリとより小さなファイルを生成できるようになりました。

Radiance HDR

Professional EditionとCreative Editionでは、画像をRadiance HDR (.hdr)フォーマットで保存できるようになりました。

EXRをサポート(Creative Edition)

Creative EditionでもProfessional Editionと同様に、イメージとHeightfieldをEXRファイルに保存できるようになりました(以前はProfessional Editionでのみ可能でした)。

Multi-Layer EXRとMulti-Part EXRオプション(Professional Edition)

以前は「Sequence/Output」として知られていたRendererタブは、出力レンダーエレメント用の新しいパラメータ用のスペースを確保するために、2つのタブに分離されました。

Multi-Layer EXRとMulti-Part EXRオプションは、Professional Editionではレンダーエレメントの出力に、Creative Editionでは “tgAlpha “イメージの出力に使用できます。 EXRファイルを、Photoshop、Nuke、Fusionなど、マルチレイヤーEXRフォーマットをサポートするサードパーティ製アプリケーションにインポートすると、レンダーエレメントが利用可能になり、サードパーティ製アプリケーション内で異なるレイヤーやチャンネルに割り当てることができます。

RPC(無料版&Creative Edition)

Terragen 4.6.31のProfessionalエディションで初めて導入されたリモートプロシージャコール(RPC)機能は、Free Non-Commercialエディションを含むすべてのエディションで利用できるようになりました。

TerragenのRPCシステムは、外部アプリケーションがアクティブなTerragenプロジェクトと通信することを可能にします。これにより、ユーザーはスクリプトを書いたり、Pythonのようなサードパーティソフトウェアでプログラムをコーディングすることで、Terragenの生産性を向上させる独自のツールを作成し、共有することができます。

アーティストやノンプログラマーを対象に、Terragen RPCモジュールをインストールし、Terragenシーン内のアセットを操作するスタンドアローンのプログラムやスクリプトを作成する方法をステップバイステップで紹介するブログ記事が共有されています。

Pythonプログラミング言語で書かれてるサンプルスクリプトはGitHubから無料でダウンロードできます。

terragen-rpc モジュールは GitHub で入手可能です

Terragen RPC のオンライン ドキュメントページへ

ノードネットワークの改良

ノードネットワークは、非アクティブなノードリンクと接続をフェードラインで描画するようになりました。 ほとんどのシェーダと他のいくつかのノードで、パラメータに関連するチェックボックスがチェックされていないときに接続が非アクティブになるように設定されるようになり、ノードグラフの可読性が大幅に向上しました。

様々なシェーダでは、パラメータウィジェットの有効/無効を自動的に切り替えることもできます。例えば、Planetノードの “Render surface “または “Render atmosphere “パラメータに関連するチェックボックスをオフにすると、それらのノードリンクと接続が非アクティブになります。

その他

  • オブジェクトノードリストのアクションメニューに「Set all objects to hidden(すべてのオブジェクトを非表示に設定)」を追加。
  • tgSurfNormalレンダー要素に寄与するレイトレースされたサンプルは、常にカメラに向いた半球に法線を持つようになりました。
  • その他多数のバグ修正と安定性の向上。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Terragen 4.7リリースビルドは、Windows、Mac、Linuxで利用できます。

4.7 ビルドは、永久ライセンスで現在のサブスクリプションまたはメンテナンスを所有しているすべてのユーザーが利用できます。永久ライセンスをお持ちであっても、2023 年 6 月 14 日以降にメンテナンスの有効期限が切れた場合、このアップデートは引き続きライセンスに含まれています。

このリリースから新しい料金体系が導入され、Terragen 4 Professional がインディー価格で購入可能となりました。

価格は以下の通りです。■サブスクリプション

  • INDIE 50: 10ドル/月または96ドル/年
  • INDIE 100: 16ドル/月または150ドル/年
  • SMALL CO: 27ドル/月または72ドル/3か月, 240ドル/年
  • MID CO: 42ドル/月または111ドル/3か月, 372ドル/年
  • LARGE CO: 56ドル/月または147ドル/3か月, 492ドル/年

永久ライセンス

  • INDIE 50: 199ドル
  • INDIE 100: 299ドル
  • SMALL CO: 480ドル
  • MID CO: 740ドル
  • LARGE CO: 980ドル

※INDIE 50:年間収入が 50,000 ドル未満の個人
※INDIE 100:総収益が年間 100,000 ドル未満の個人(収益に関係なく)または 企業
※SMALL CO:年間総収益が 10 万ドルから 1,000 万ドルの企業
※MID CO:年間総売上高1,000万~10億ドルの企業
※LARGE CO:年間総収益が 10 億ドルを超える企業

アップグレードの価格などより詳しい情報はこちらから

Terragen ウェブサイトへ


Jam-packed with new features and updates, Terragen 4.7 Release builds are ready for the holidays, and now available for Windows, Mac, and Linux.

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました