スポンサー

3D都市モデリングソフト CityEngine 2021.0 がリリース、360VR、地形スカルプト機能の追加など

CGソフト

2021年6月4日(現地時間)esriは、都市環境を作成するための3Dモデリングソフトウェアの最新アップデートである CityEngine 2021.0 をリリースしました。

CityEngineについて

CityEngine は、3D の都市や建物を効率的に作成するための独自のインタラクティブなデザインと手続き型モデリング機能を提供するアプリケーションです。

都市計画・設計・開発だけでなく、映画やゲームなどのエンターテイメント分野でも使用されています。

CityEngine 2021.0 新機能ハイライト

この最新リリースでは、ArcGIS 360 VR や地形ブラシなど、CityEngineでの作業方法を変える機能が追加されています。

ウェブベースのVRソリューション

最新の WebXR テクノロジーをベースにした新しい ArcGIS 360 VR が Webアプリとして提供されるようになりました。

CityEngine で数回クリックするだけで、360 VR エクスペリエンス (3VR) を作成し、ブラウザでプレビューしたり、ArcGIS Online で一般公開したり、共同研究者と非公開で共有することができます。公開された VRエクスペリエンスは、内蔵のブラウザを使用して VRヘッドセットで見ることができます。

ArcGIS 360 VR はこちらで試してみることができます。

地形のスカルプトとマスキング

CityEngine 2021.0 には、地形のスカルプトのための直感的なブラシが導入されています。

「Terrain Edit Brush (地形編集ブラシ)」では、地形を局所的に水平にすることができ、「Terrain Reset Brush(地形リセットブラシ)」では、地形の高さの変化を元に戻すことができます。

さらに、ビューポートの新しい「Terrain Masking(地形マスキング)」オプションは、地形レイヤーが重なったときの不要なアーチファクトを防ぎます。これは、作業領域などの小さな詳細な地形と、環境などの大きな低解像度の地形を組み合わせて使用するシーンで有効です。地形マスキングを適用すると、高解像度の地形が低解像度の地形をマスクするため、結合された1つの地形サーフェスのみが表示されます。

シナリオベースのデザイン

CityEngineでは、シナリオを直感的に作成・管理・比較することができます。シナリオを使用すると、1 つのシーン内で複数のデザインを作成し、それらを比較できます。例えば、あるシーンの状態を新しいシナリオとして複製し、修正することができます。そして、ワンクリックでシナリオを切り替え、ビューポートやダッシュボードで設計案を比較することができます。

CityEngine 2021.0では、シナリオにグラフ、地図、地形の各レイヤーを割り当てることができるようになりました。これにより、道路網や地形の変更を含む完全な都市デザインを、別のシナリオとして扱うことができるようになりました。また、シナリオの管理は、個々のオブジェクトではなく、レイヤー上で行われるようになり、より直感的なシナリオベースのデザインのユーザーエクスペリエンスを実現しています。
さらに、 Unreal Engine (Datasmith) エクスポーターは、CityEngine シナリオを Unreal Variants としてエクスポートするようになり、Unreal Engine でシナリオを視覚化するためのシンプルなワークフローが可能になりました。

デザインと編集の利便性向上

「回転」、「拡大縮小」、「移動」の各ツールに、「位置と向きの調整」ツール オプションが追加されました。これにより、変換ハンドルの位置や向きを変更することができるようになりました。また、スナップもサポートされています。

その他にも、CityEngineでのデザインや編集のユーザーエクスペリエンスを向上させるために、いくつかの改良が行われています。

  • ツールバーが整理され、描画ツールと計測ツールがサブツールに統合されました。
  • 選択セットをツールオプションウィンドウで簡単に読み込むことができるようになりました。
  • 描画ツールは、他の線上の新しいエッジの交点にスナップできるようになりました。
  • 回転ツールが、グローバルな平面と軸、直交する角度、ガイドに平行な方向へのスナップをサポートしました。

CGA: Footprints、roofs、materials、local variables

CityEngineのプロシージャルモデリング言語であるCGAに、強力なジオメトリ操作が追加されました。

  • footprint は、任意の 3D アセットを 2D ポリゴンに投影するもので、例えば LOD1 の建物のジオメトリを簡単に作成することができます
  • roofRidge  は、尾根の向きを完全に制御できる切妻屋根を構築します。
  • alignScopeToGeometryBBox  は、形状の方向性のあるバウンディングボックスを計算し、例えば、合理的に整列した屋根の尾根を生成することができます。

さらに、CGAにはサーフェスマテリアルを編集するための操作と関数が導入されています。

  • setMaterial  は、マテリアルの個々の属性をすべて一度に設定すると便利です。
  • getMaterial  は現在のマテリアル属性を返し、マテリアル セットアップの複製、管理、分析、またはデバッグに使用できます。
  • resetMaterial は、編集したマテリアル セットアップをリセットする機能を提供します。

CGAはローカル変数をサポートしました。ローカル変数を定義するには、ルールと関数の両方で新しい with キーワードを使用します。これにより、よりすっきりとした読みやすいコードになり、パフォーマンスも向上します。

3D、CAD、GIS分野との相互運用性の向上

CityEngine 2021.0 では、多くの相互運用性の強化と改善が行われています。

  • USDZのインポートとエクスポートにより、3D業界で普及しつつあるUSDフォーマットを使用した、より実用的なワークフローが可能になりました。
  • 3D DWG のインポートとエクスポートにより、CityEngine 内での CAD モデルの表示や、CAD ソフトウェアパッケージ内での CityEngine 環境のインポートが可能になりました。
  • SLPK エクスポーターの大幅な改良により、シーンビューアーや ArcGIS Earth などのアプリケーションでの 3D オブジェクトシーンレイヤー (i3s) のパフォーマンスが向上しました。

2021.0 のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

CityEngine 2021.0は、Windows 8.1 (64-bit)以降、RedHat Enterprise Linux 7 (64-bit)で利用できます。

価格はお問い合わせとなっています。

30日間の無料 CityEngine トライアルはこちらから


CityEngine 2021.0 Release Highlights

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました