スポンサー

ランドスケープ生成ソフトウェア Terragen 4.5 がリリース、デフォルトシェーダーアップデートやOCIOサポートなど

CGソフト

Planetside Software は ランドスケープ生成ソフトウェアの最新アップデート Terragen 4.5 をリリースしました。

Terragen 4.5 新機能

Terragen 4.5リリースでは、GGX、メタルネスマップ、OpenColorIO (OCIO) サポートなど、さまざまな機能が追加されています。

●デフォルトシェーダーのアップデート

デフォルトシェーダが更新され、PBR ワークフローとの統合性が向上しました。 “メタルネス “テクスチャは、メタルネス/ラフネスワークフローで作成された3Dモデルに対応し、新しいラフネスタブでは、GGX、Beckmann、以前のバージョンとの下位互換性のためのレガシーオプションを含む3種類のスペキュラーラフネスモデルから選択できるようになりました。

ラフネス(粗さ)とグロスネス(光沢度)マップの両方がサポートされいるので、チェックボックスをオンにすると、光沢度マップを反転させて粗さとして機能させることができます。フレネル反射率がデフォルトでオンになっているので、ラフネス/グロスネステクスチャをプラグインして、すぐにリアルな結果を得ることができます。

導体表面の Specular roughness models

誘電体表面の Specular roughness models

●プロフェッショナル版における OpenColorIO(OCIO)の統合

OpenColorIO (OCIO) によるカラー管理がプロジェクト レベルで統合され、複数のアプリケーションや異なるディスプレイ デバイス間でカラー管理を共有できるようになりました。

OCIO AcesのTerragen、Fusion、Nuke間のコンフィグ比較

●レンダービューの更新

レンダー ノードのトーンマップとガンマ設定を変更すると、レンダリングが完了したときにレンダー ビューがすぐに更新されます。

●モーションブラーの改善

モーションブラーのサンプリングが改善され、より高品質な画像が生成されるようになり、モーションブラーのチェックボックスのエフェクトが変更されました。

モーションブラーを無効にすると、補間なしでそのフレームのカメラの値に忠実に画像がレンダリングされ、結果として2Dモーションベクターの要素は empty/black になります。 2Dモーションベクターを出力したい場合は、モーションブラーを有効にして、モーションブラーの方法を「Vectors only, for post(ベクターのみ、ポスト用)」に設定してください。

●Cloud Layer V3 と Easy Cloud GI caching

これらのタイプの雲層のグローバルイルミネーションは、雲層v2や大気グローバルイルミネーションと同様に、GIキャッシュファイルに保存できるようになりました。

●Planet Atmosphereに「Rayleigh phase function(レイリー位相関数)」オプションが追加

“Rayleigh phase function”は、よりリアルで物理的な雰囲気を演出するための新しいオプションです。 このオプションを有効にすると、”Bluesky glow”の設定は無視され、代わりにレイリー位相関数が使用されます。

●Planet Atmosphere の 「より良いキャッシュ半径」オプション

この新しいオプションは、大気中の環境光(GI)の解像度と精度を向上させ、黄昏時に大きな違いをもたらすことができます。

●新しいオブジェクト:Poly Sphere

新しい Poly Sphere オブジェクトがオブジェクトメニューに追加されました。 これは、メッシュ(頂点)のディスプレーサ入力が可能です。

●3D オブジェクトの Motion Designer Document (MDD) サポート

MDDファイルはポイントキャッシュで構成されており、アニメーションのフレームごとにモデル内の各頂点の3D空間内の位置を保存します。つまり、お好みの3Dソフトウェアパッケージでモデルをアニメーションさせ、アニメーションをMDDファイル形式で保存して、Terragenにモーションをインポートすることができます。

●3Dオブジェクトの法線の再計算

MDDファイルを読み込んだり、メッシュ変位を適用したりする際に、3Dオブジェクトの法線を再計算できるように、オブジェクトリーダに新しいオプションが追加されました。

●拡張された “Save Object File(オブジェクトファイルを保存)”

ネットワークビューのコンテキストメニューの “Save Object File…”は、オブジェクトリーダーだけでなく、トランプ、草むら、ポリ球、岩でも動作するようになりました。この機能は、母集団のメンバーであるオブジェクトノードでも使用できます。

●ワールドスペースの不透明度テクスチャが集団(populations)に対しても動作するようになりました。

人口密度の高いオブジェクトの不透明度は、ワールドスペースで動作するシェーダやノードを使ってコントロールできます(例:”ワールドスペースを使用 “のトランスフォーム入力シェーダの後など)。これにより、人口密度(population density)シェーダでは不可能ないくつかのエフェクトを作成することができます。

●Measure windowsは長さをマイル単位で表示

通常のメートル表示に加えて、長さをマイル、高さをフィートで表示するようにUIが改善されました。

他にも多くの追加改善とバグ修正が行われています。

完全なV4.5チェンジログはこちらから

2021年の予定

Planetside Softwareは、ここ数年、GPU上で風景を作成するための新しいユーザーインターフェースのアイデアやアルゴリズムを試すことに時間を費やし、その作業の多くは可能性を探っている間、公開されていませんでした。現在、GPUアクセラレーションツールのエキサイティングな新しいセットが登場しており、2021年はこれらのツールの一部がベータテストに入る年になると言われています。

以下は2021年に予定されている機能です。

  • Terragen forVFX ビデオチュートリアルシリーズ。
  • 高品質の植物モデルの大規模で成長しているライブラリ。
  • 法線マップと両面マテリアルのレンダリング(葉のテクスチャを考えてください)。
  • WindowsおよびMacでのVDBエクスポート(現在はLinuxのみ)。
  • 地形とテクスチャをエクスポートするためのよりシンプルなワークフロー。
  • ベータ版のGPUアクセラレーションツール。

価格

Terragenには、フル機能の Terragen 4 Professional といくつかの機能が制限されたエントリーバージョンである Terragen 4 Creative 、そして非商用の無料バージョンがあります。機能比較表はこちらから確認できます。

Professional ライセンスの価格は、永久ライセンス:699ドル、サブスクリプション:38ドル/月 または 348ドル/年、Creative ライセンスの価格は、永久ライセンス:349ドル、サブスクリプション:15ドル/月 または 138ドル/年となっています。

4.5 ビルドは、現在のサブスクリプションまたは永久ライセンスでメンテナンスを受けているすべてのユーザーが利用できます。永久ライセンスを所有し、2020年7月1日以降にメンテナンスの有効期限が切れた場合でも、このアップデートはライセンスに含まれています。

新しいバージョンをダウンロードしたり、メンテナンスステータスを確認するには、Terragenのヘルプメニューの「アップデートの確認」を使用してください。または、ウェブサイトのアカウントにログインして、最新のTerragenを購入した際の詳細とダウンロードにアクセスすることもできます。

また、無料の非商用版もアップデートされています。

Terragen の無料版ダウンロードはこちらから


Terragen 4.5 Release builds are now available

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました