スポンサー

Virtural NAB Show 2020 まとめ

特集

2020年4月21〜24日に開催された Virtural NAB Show 2020 が終わり、動画がYoutubeに公開されています。プレゼンテーションを時系列順にまとめました。

  1. 4月21日(火)
    1.  ” Maxon のニュースとお知らせ ” David McGavran
    2.  ” ダイナミックなディテール! C4DとAEでダイナミックなディテールを追加してシーンに命を吹き込む ” Andrew Kramer
    3.  ” Angie氏がプレゼンでワークフローを説明します – FUI for Villains” Angie Feret
    4. ” 素早く簡単なCGIキャラクター ” Daniel Hashimoto
    5. ” C4DでのRedshift照明、レンダリング、および変位マップ ” Bryan Coleman
  2. 4月22日(水)
    1.  ” 映画、テレビ、ゲームの境界線を曖昧にする ” Andy Blondin
    2.  ” Cinema 4Dによる細胞および分子の可視化 ” Veronica Falconieri Hays
    3.  ” Cinema 4Dでアンリアルを手に入れる ” Jonathan Winbush
    4. ” Embracing Code and Cinema 4D ” Andy Needham
    5.  ” シュールな肖像画『谷の女』の制作 ” Sasha Vinogradova
  3. 4月23日(木)
    1.  ” Remoting Workstations – ハイエンドアプリケーションを使って自宅で生産性を高める方法 ” Gary Radburn
    2.  ” FUIマイクロアニメーションテクニック ” Lukasz Wieczorek
    3.  ” Birds of Prey MOE – C4Dでスケッチを作成する方法 ” Penelope Nederlander
    4.  ” Cinema 4D のラグドールキャラクターと動的群衆シミュレーション ” Chris Schmidt
    5.  ” 「Darker Colors」の視覚効果の作成 ” Seth Worley
  4. 4月24日(金)
    1. ” スタイルフレームから納品までのショットの作成 ” Nidia Dias
    2. ” C4D:ほぼすべてのアニメーションスタイルに対応する完璧なツール ” Kelcey Steele
    3.  ” Cinema 4Dに登場する新機能のハイライト” EJ Hassenfratz
    4.  ” 家に一人でいるときにマトリックスをはぎ取る方法 ” Stu Maschwitz
    5.  ” Cinema 4DとRedshiftを使った高度なテクスチャリングテクニック ” Joey Camacho
    6. ” Everydays LIVE! ” Mike “Beeple” Winkelmann

4月21日(火)

 ” Maxon のニュースとお知らせ ” David McGavran

David McGavran氏は、2018年7月にマクソンに入社しました。メディア、エンターテインメント業界における広範な専門知識と大規模なネットワークを持ち、アドビで20年間さまざまな役割を果たしてきました。アドビシステムズでの最後の役職は、エンジニアリングディレクター、プロフェッショナルオーディオ、ビデオでした。また、David氏は、世界中の放送局、ポストプロダクション会社、映画編集者との共同作業に関する多くの経験を持っています。

 ” ダイナミックなディテール! C4DとAEでダイナミックなディテールを追加してシーンに命を吹き込む ” Andrew Kramer

Andrew Kramer氏は、映画やテレビでのデザインワークで知られるクリエイティブディレクターであり、革新的なチュートリアルやクリエイティブなプラグインを通じてデザインコミュニティに貢献しています。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Angie氏がプレゼンでワークフローを説明します – FUI for Villains” Angie Feret

Angie Feretはモーショングラフィックスデザイナーで、現在はバンクーバーBC州のScarabでFUIデザイナーとして働いています。最近では、バットウーマン、スーパーガール、フラッシュなどのCW番組のDCユニバースや、最近リリースされたソニック・ザ・ヘッジホッグのスクリーングラフィックを担当しています。また、バンクーバー・フィルム・スクールで3Dの基礎とC4Dを使ったMoGraphを教えています。

アーティストのウェブサイトを見る

” 素早く簡単なCGIキャラクター ” Daniel Hashimoto

Daniel “Hashi” Hashimoto氏は、DreamWorks Animationで10年間、ビジュアル開発チームに所属していました。2014年以来、HASHIはそのVFXスキルを活かして、幼い息子のJamesが遊ぶ姿を、ソーシャルメディア上で100万人以上のフォロワーを持つバイラルなウェブシリーズ「アクション・ムービー・キッド」に仕立て上げてきました。ディズニー、ルーカスフィルム、ワーナー・ブラザーズ、ターゲット、トイザらスと商業キャンペーンで提携し、現在はRed Giantのシニア・コンテンツ・クリエーターとして「Cheap Tricks」シリーズを制作しています。また、アニメーションスタジオのために、今後の長編映画プロジェクトのコンサルティングも行っており、執筆パートナーと一緒に新しい楽しいアイデアを開発しています。

アーティストのウェブサイトを見る

” C4DでのRedshift照明、レンダリング、および変位マップ ” Bryan Coleman

Bryan氏は、10年以上の経験を持つクリエイティブディレクター、モーションデザイナー、スタイルフレームアーティストです。彼の放送やコマーシャル作品の制作はCinema4Dをベースとして作成されています。Bryan氏はは、MPC、Framestore、The Mill、Toros Kose、Blacksmith、WeAreRoyale、HPE、Sarovsky、Man Vs Machineなど、幅広いクライアントと仕事をしてきました。現在はロサンゼルスとニューヨークを拠点に活動しています。

アーティストのウェブサイトを見る

4月22日(水)

 ” 映画、テレビ、ゲームの境界線を曖昧にする ” Andy Blondin

Andy Blondin氏は、Epic Gamesのテクニカルプロダクトマネージャーであり、リアルタイム3Dグラフィックスを専門とする受賞歴のあるアーティストです。彼はデザイン、アニメーション、モーショングラフィックスを愛しており、常に境界線を押し広げ、自分のできる限りの美しいアートを作ることに努力しています。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Cinema 4Dによる細胞および分子の可視化 ” Veronica Falconieri Hays

Veronica氏は、認定医療イラストレーターであり、科学・医療イラストレーション、アニメーションスタジオであるファルコニエリ・ビジュアルズのプリンシパルでもあります。彼女は、研究、バイオテクノロジー、製薬のクライアントのために、ミクロとナノスケールのストーリーを視覚化するためにCinema 4Dを使用しています。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Cinema 4Dでアンリアルを手に入れる ” Jonathan Winbush

Jonathan Winbush氏は、06年からハリウッドで映画やテレビ番組のモーショングラフィックスの仕事をしています。Marvel、Warner Bros、Hasbro、Discovery Channel、Mix Master Mike、Mark Christopher Lawrence、Candy Crush & The Special Olympicsなどのバーチャルリアリティプロジェクトに携わってきました。彼の作品は国際的にいくつかの賞を受賞しており、最近では自身のyoutubeチャンネルを立ち上げ、チュートリアルやヒントを自由に共有しています。

アーティストのウェブサイトを見る

” Embracing Code and Cinema 4D ” Andy Needham

Andy Needham氏は、デザイン、アニメーション、コンポジットを専門とするシニア・モーション・デザイナーで、15年以上の経験を持っています。長年にわたり、Andy氏は、技術的にも芸術的にも技術を発展させ続けており、特にCinema 4DとAfter Effectsに重点を置いた様々なソフトウェアに精通しています。Andy氏は、LinkedIn LearningやGreyscalegorilla Plusで愛用しているソフトウェアを教えているなど、eラーニング業界で働いてきた実績もあります。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” シュールな肖像画『谷の女』の制作 ” Sasha Vinogradova

Sasha Vinogradovaはデザイナーであり、イラストレーターです。現在はロサンゼルスのThe Millでアートディレクターを務めています。

アーティストのウェブサイトを見る

4月23日(木)

 ” Remoting Workstations – ハイエンドアプリケーションを使って自宅で生産性を高める方法 ” Gary Radburn

Gary Radburn氏は、Dell Inc.のグローバルなVR/ARおよび仮想化担当ディレクターです。その役割の一環として、VR/AR技術の開発と提供を担当するチームを管理し、Dellの顧客と協力してVR/ARの導入を行い、企業や消費者が実際の世界でVRを体験して学ぶことができるように、DellのVRセンター・オブ・エクセレンスを世界中に設立しました。エンジニアリングからセールス、マーケティングまで、テクノロジー業界で29年以上の経験を持つGary氏は、成功する製品やソリューションの設計と市場投入のあらゆる側面で経験を積んできました。Digital Equipment、3Com、Dell(過去16年間)などの企業で働いた経験があります。英国でEMEAのOptiPlexクライアントビジネスを管理した後、米国のワークステーションソリューションチームを率いて、エンジニアリングアプリケーションのためのグラフィックス仮想化を推進しました。現在は他の分野にも進出し、仮想化だけでなく VR や AR ソリューションの急速な普及に伴い、Gary氏はこれらのエキサイティングな新分野のビジネスを推進するための舵取りをしています。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” FUIマイクロアニメーションテクニック ” Lukasz Wieczorek

Lukasz Wieczorek 氏はLAを拠点に、UIとSCIFIを中心に活動するクリエイティブディレクターです。過去のプロジェクトには、Star Trek、The Walking Dead、Google、Apple、Corvette、GM、Buick、Mazda、Steelcaseなどがあります。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Birds of Prey MOE – C4Dでスケッチを作成する方法 ” Penelope Nederlander

Penelope Nederlander氏は、エミー賞に2度ノミネートされているアートディレクター、モーショングラフィックスアニメーター、デジタルアーティストです。17年以上の経験を持ち、「Pitch Perfect」、「Temple Grandin」、「Kung Fu Panda」のタイトルシーケンス、「Aviator」、「Iron Man」、「Superman」のVFX、「Dolly Parton」、「Sean Lennon」、「The Killers」のミュージックビデオのVFX監修、最新の高解像度立体視バージョンのMGMライオンロゴの制作などを手がけています。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Cinema 4D のラグドールキャラクターと動的群衆シミュレーション ” Chris Schmidt

Chris Schmidt氏は、3Dアーティスト、教育者、ソフトウェア開発者であり、現在はRocket Lassoの創設者です。2000年以来、Cinema 4Dに深く根ざし、何百時間ものオンラインチュートリアルとライブストリームを提供しています。キャラクターのリギングから高度なパーティクルの設定、Sketch & Toon、技術的なモーショングラフィックスのテクニックまで、初心者からプロまで、幅広いトピックをカバーしています。シカゴを拠点とするChris氏は、毎年開催されるHalf Rez Motion Design ConferenceとChicago C4Dユーザーグループの共同設立者でもあります。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” 「Darker Colors」の視覚効果の作成 ” Seth Worley

Seth氏は、Red Giant のシニア・クリエイティブ・コンテンツ・マネージャーで、映画、広告、チュートリアルを制作しています。また、Bad Robot、Sandwich Videoなどのコマーシャルやブランドコンテンツのディレクションも担当しています。

アーティストのウェブサイトを見る

4月24日(金)

” スタイルフレームから納品までのショットの作成 ” Nidia Dias

Nidia Diasは、モーショングラフィックスのスタイルフレームとアートディレクションに数年の経験を持つ、情熱的なフリーランスのアートディレクター兼デザイナーです。現在はポルトガルのポルトに住んでおり、Tendril、Blur、FutureDeluxe、ManVsMachineなど、世界中の様々なスタジオとリモートで仕事をしています。彼女は、ピッチや受賞作品のスタイルフレームの作成、アートディレクション、デジタルアート、コミッション作品の制作をしています。

アーティストのウェブサイトを見る

” C4D:ほぼすべてのアニメーションスタイルに対応する完璧なツール ” Kelcey Steele

Kelcey氏はテキサス出身で、現在はジョージア州アトランタのPrimal Screenでモーションデザイナーをしています。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Cinema 4Dに登場する新機能のハイライト” EJ Hassenfratz

EJはフリーランスの3Dアーティストであり、自身のブログEyedesyn.comで150以上のチュートリアルを主催し、School of Motionでシネマ4Dの10週間コースを作成した教育者でもあります。彼はクラフトビールオタクで、多くの人が一生のうちに飲むビールよりも多くの種類のビールを1年間で飲んでいるということです。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” 家に一人でいるときにマトリックスをはぎ取る方法 ” Stu Maschwitz

Stu Maschwitz氏は、監督、写真家、作家、視覚効果アーティスト、映画製作ソフトウェアのデザイナーです。カリフォルニア芸術大学を卒業後、インダストリアル・ライト&マジック社に4年間勤務した後、1999年に伝説のビジュアルエフェクト会社「The Orphanage」を共同設立しました。また、「DV Rebel’s Guide」、『DV Rebel’s Guide: An All-Digital Approach to Making Killer Action Movies on the cheap』を執筆や、脚本フォーマット「Fountain」と脚本アプリ「Slugline」の共同開発、prolost.comで映画製作と写真撮影のブログを運営もしています。現在はRed Giant社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務め、映画制作者やモーションデザイナーのためのパワフルで直感的なツールを開発している。

アーティストのウェブサイトを見る

 ” Cinema 4DとRedshiftを使った高度なテクスチャリングテクニック ” Joey Camacho

Raw & RenderedのJoey Camacho氏は、カナダ出身のグラフィックデザイナーで、世界中のブランドのために思慮深く、コンセプチュアルなデザインやアニメーションを制作しています。

アーティストのウェブサイトを見る

” Everydays LIVE! ” Mike “Beeple” Winkelmann

BeepleのMike Winkelmann氏は、アメリカ・チャールストン出身のグラフィックデザイナーであり、ショートフィルム、クリエイティブ・コモンズのVJループ、エブリデイ、VR/AR作品など、様々なデジタルアートワークを手がけています。 彼は、広く使われているクリエイティブ・コモンズのVJループのセットをリリースした後、Justin Bieber、One Direction、Katy Perry、Nicki Minaj、Eminem、Zedd、deadmau5などのコンサートビジュアルを手がけてきました。

アーティストのウェブサイトを見る


NAB Show 2020 のページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました