AMD FidelityFX SDK 1.0 が GPUOpen で利用可能に

ニュース

2023年7月12日(現地時間)- AMDは、AMD FidelityFX ソフトウェア開発キット (SDK) がダウンロード可能になったことを発表しました。FidelityFX SDKは、今年のGDCの開発者向けセッションで紹介されていました。

AMD、FSR 3とAMD FidelityFX SDKを開発者向けに紹介
AMDは、今年のGDCにてAMD FidelityFX™の最新アップデート、AMD FSR3、AMD Radeon™ Developer Tool Suiteの...

AMD FidelityFX SDKについて

AMD FidelityFX SDKは、AMD FidelityFXテクノロジーをゲームに組み込むことを検討している開発者向けに、複雑な移植手順を必要とせず、簡単に統合できる新しいソリューションです。一言で言えば、AMD FidelityFX graphics middlewareです。

AMD FidelityFXテクノロジーのリリース以来、業界で信頼されるテクノロジーとなり、現在250を超えるゲームに搭載されています。

AMDは、AMD FidelityFXテクノロジーが成長し、より広く使用されるようになるにつれ、これらを統合しようとしている開発者のエクスペリエンスを向上させる方法が数多くあることを認識し、AMD FidelityFX SDKは、AMD FidelityFXテクノロジーにシンプルさ、構造、一貫性をもたらすことを目指した結果であるとしてます。

SDKの特徴

  • よりユーザーフレンドリーな一貫した標準とスタイル。
  • アプリケーションの起動が容易になり、定型的なセットアップコードではなく、コアアルゴリズムの詳細に集中できるようになりました。
  • 再構築されたグラフィカル フレームワークは、より堅牢で準備が整っているだけでなく、API に依存しないため、意図したターゲット全体で同時にエフェクトを開発することができます。
    • これは、開発者自身のマルチプラットフォームエンジン用にカスタムバックエンド実装を作成するための優れたハウツーとしても役立ちます。
  • 豊富なドキュメント
  • そして最後に、すべてのエフェクトに対して完全な事前構築済み(pre-built)のソリューションを提供することで、実装手順から多くの推測を排除しました。そのほとんどは 20 行未満のコードでサポートできます。
    • とはいえ、公開されたコードを利用して手動で統合するのが好きな人であれば、それを自由に行うことができます。AMDが行ったことは、ディスク上のより一貫した構造に内容を移動し、スタイルの一貫性を高めるためにコードをクリーンアップしたことだけです。

3つの新しいAMD FidelityFXテクノロジーの導入

以下の3つのエフェクトが追加されました

AMD FidelityFX Blur 1.0

AMD FidelityFX Blurは、HLSLで実装された、計算ベースの高度に最適化されたガウスブラー技術です。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX Depth of Field 1.0

AMD FidelityFX Depth of Field (DoF)は、カメラレンズが作り出すボケの被写界深度効果を再現することを目的としたテクニックです。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX Lens 1.0

AMD FidelityFX Lensは、レンズとフィルムのエフェクトを備えた軽量シェーダーです。現在、Lens には 3 種類のエフェクトが含まれています。

・色収差
・ビネット
・フィルムグレイン

詳細はこちらから

Hybrid Ray-Tracing サンプルが AMD FidelityFX ファミリーに追加

FidelityFX SDKに加わったハイブリッドレイトレーシングサンプルは、従来のラスタライズ技術とレイトレーシングを組み合わせて、高速で高品質な結果を生成する方法をデモンストレーションするのに非常に便利です。

■AMD FidelityFX Hybrid Reflections 1.1

AMD FidelityFX Hybrid Reflectionsサンプルは、AMD FidelityFX Stochastic Screen Space Reflections(SSSR)とレイトレーシングを組み合わせて、高品質の反射を作成する方法を示しています。

v1.1では、Vulkanをサポートしています。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX Hybrid Shadows 1.1

AMD FidelityFX Hybrid Shadowsサンプルは、従来のラスタライズされたシャドウとレイトレーシングを組み合わせて、高速で高品質なソフトシャドウを作成する方法を示しています。

v1.1では、Vulkanをサポートしています。

詳細はこちらから

既存のAMD FidelityFXテクノロジー

AMD FidelityFX SDKの一部となるよう、既存のAMD FidelityFXテクノロジーもすべて更新されています。

■AMD FidelityFX CACAO (別名AMD FidelityFX Ambient Occlusion) 1.3

AMD FidelityFX Combined Adaptive Compute Ambient Occlusion (CACAO)は、高度に最適化されたアンビエントオクルージョンの実装で、インテリジェントかつ適応的なサンプリング技術を使用し、高いパフォーマンスで優れた品質のアンビエントオクルージョンを生成します。

v1.3では、Pure AOとLit AOの結果を表示する機能が導入されました。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX CAS 1.1

AMD FidelityFX Contrast Adaptive Sharpening (CAS)は、オプションのアップサンプリングを備えた低オーバーヘッドのアダプティブシャープニングアルゴリズムで、アーティファクトのない自然なシャープネスを提供するために作成されました。

v1.1では、アップサンプリングオプションを公開するオプションが導入されています。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX Super Resolution (FSR)

AMD FidelityFX Super Resolution(FSR 1および2)テクノロジーは、低解像度の入力から鮮明で高解像度の画像を生成できるアップスケーリングソリューションです。

FSR 1.1およびFSR 2.2.1のサンプルは、AMD FidelityFX SDK用の1つのサンプルに統合され、更新されました。

詳細はこちらから(  FSR 1  / FSR 2 )

■AMD FidelityFX LPM (別名AMD FidelityFX HDR Mapper) 1.3

AMD FidelityFX Luminance Preserving Mapper (LPM)は、HDRおよび広色域コンテンツ向けのトーンマッピングおよび色域マッピングソリューションです。

v1.3では、Vulkan®におけるHDR処理の改善、VulkanおよびDirectX®のさまざまなOSおよびスワップチェーンの修正が行われています。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX Parallel Sort 1.2

AMD FidelityFX Parallel Sortは、高度に最適化された計算ベースのRadixソートの、統合が容易なオープンソースのヘッダー実装を提供します。パーティクルやその他のデータセットのソートに便利です。

v1.2には様々な修正が加えられています。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX SPD (別名AMD FidelityFX Downsampler) 2.1

AMD FidelityFX Single Pass Downsampler (SPD)は、AMD RDNA™アーキテクチャに最適化されたソリューションで、複数の中間ステップを必要とせずに、テクスチャの最大12 MIPレベルを生成します。

v2.1では、フィルターカーネルを選択できるようになりました。これまでは平均値のみでしたが、最小値と最大値も使用できるようになりました。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX SSSR(別名AMD FidelityFX Screen Space Reflections)1.4およびAMD FidelityFX Denoiser 1.2

AMD FidelityFX Stochastic Screen Space Reflections (SSSR)は、リフレクション用に高度に最適化された階層型スクリーン空間トラバーサル・カーネルです。これにより、コストをかけずに、シーンに忠実度の高い反射を作成できます。

AMD FidelityFX Denoiserは、反射と影のレンダリングからアーティファクトを除去する一連のノイズ除去コンピュート・シェーダーを提供します。レイトレースまたはラスタライズされたコンテンツの両方に便利です。DenoiserのサンプルはSSSRの一部です。

v1.4(SSSR)とv1.2(Denoiser)には、過去の統合に基づくさまざまなバグ修正が適用されています。

詳細はこちらから

■AMD FidelityFX Variable Shading 1.1

AMD FidelityFX Variable Shading (VS)は、Variable Rate Shadingをゲームに簡単に統合するためのオープンソースのヘッダー実装を提供します。

v1.1では、様々な修正も適用されました。

詳細はこちらから

ダウンロード

完全なソースコードとバイナリは、MITライセンスの下、GitHubで公開されています。

GPUOpenの新しいAMD FidelityFX SDKホームページも公開されています。

AMD FidelityFX SDK の使用方法は以下のページで確認できます。


The AMD FidelityFX™ SDK 1.0 is now available on GPUOpen

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました