3Dファッションデザインソフトウェア CLO 7.1 がリリース、シームレステクスチャジェネレーター、自動3D配置機能の追加など

CGソフト

2022年12月15日(現地時間)-  CLO Virtual Fashion は、3Dファッションデザインソフトウェアの最新アップデート CLO 7.1 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、リアルタイムで結果を確認できるシームレステクスチャジェネレーターや、3D ウィンドウでパターンを自動的に配置する自動3D配置機能、リアルなジッパーの細部まで表現可能となるなどの新機能があります。

シームレスなテクスチャ画像の作成

スキャンまたはキャプチャした画像を使用してシームレスなテクスチャマップを生成し、3Dウィンドウ内で適用結果をリアルタイムで確認できるようになりました。

マニュアルを見る

3D自動配置

3Dウィンドウでアバターの周囲にパターンを自動的に配置可能となりました。

マニュアルを見る

リアルなファスナー表現

OBJ形式の務歯を使用し、リアルなファスナーを表現可能になりました。※ジッパーの噛みあわせている金具部分「務歯」と書いて「ムシ」と読む。

マニュアルを見る

ロールアップ

袖口、裾など衣装を簡単にロールアップし、様々なスタイルを表現することができるようになりました。

マニュアルを見る

アバターモーション自動変換

外部プラットフォームの様々なモーションファイルをCLOアバターのモーションに変換できます。変換されたモーションはすべてのCLOアバターと互換性があります。

マニュアルを見る

アバター編集の機能向上

アバターサイズを体重入力だけで素早く簡単に調節できるようになりました。

マニュアルを見る

トリム:スタイル追加

オブジェクト ブラウザでトリムをスタイルとして管理できるようになりました。

マニュアルを見る

グレーディング: レビューエディタウィンドウ

モードを切り替えることなく、グレーディングレビューを簡単に確認できます。

マニュアルを見る

その他

  • パラメトリックパターンの機能向上
    • パラメトリックパターン生成時に自動的に配置および縫製されます。
    • スタイル線を数値で正確に変更します。
  • スタイル線:寸法入力

    スタイル線を数値で正確に変更します。

  • 3D縫い代表現

    ノーマルマップを使用して簡易的に3D縫い代を表現します。

  • 縫い合せ張力

    縫い合せ張力のプリセット(伸ばし縫い、いせ込み)が追加されます。

  • 生地: グループ設定

    生地の種類ごとにグループ設定を使用して、生地を簡単に管理できます。

  • ファスナー: スライダー、プーラーに複数の材質を設定

    スライダー、プーラーに複数の材質を設定します。

  • トップステッチ

    カスタムOBJをトップステッチとして追加し、様々な表現を可能にします。

  • アバター: 新しいアクセサリータイプ手のポーズ

    アバター用の新しいアクセサリータイプ(メガネ、イヤリング)と、手のみのポーズファイルフォーマットが追加されます。

  • レンダリング

    様々な照明プリセットが追加され、プレビュー画面で即座に確認できます。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

また、日本語のCLO7.1新機能ウェビナーが開催されており、以下の動画で、新機能の基本的な操作方法を確認できます。

価格とシステム要件

CLO 7.0 は、Windows 10 64ビット(1903以降)、Mac OS Catalina 10.15以降で利用可能です。

より詳しいシステム要件はこちらから

自営業、フリーランスなどの個人での利用は50ドル/月、450ドル/年です。企業向けプランはお問い合わせが必要となっています。また学生向けのプランもあり、個人プランの半額となっています。

詳しい価格情報こちらから


CLOウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました