Unity が Weta Digital を買収!

ニュース

11月10日(現地時間)Unity は、Weta Digital の買収が最終合意に達したことを発表しました。

Unity が Weta Digital を買収

買収には、アカデミー賞を受賞したWeta Digital社のアーティストツール、コアパイプライン、知的財産、そしてエンジニアリング人材が含まれています。

Weta DigitalのVFXサービスチームは、WetaFXとして独立した事業体として存続することとなり、Unity のメディア・エンタテインメント分野における最大の顧客となるとのことです。

また、UnityはWetaの業界をリードするVFXツールと技術的才能、そしてUnityの深い開発力とリアルタイムの知識を組み合わせることで、メタバースの可能性を最大限に引き出すツールを提供することを目指しています。

ツールスニークピーク

買収発表のブログでは、Weta Digitalの研究開発から生まれたツールがいくつか紹介されています。

Wetaのツールは個々に素晴らしい結果を出すことができますが、その真の力は統一されたパイプラインの一部として発揮されます。あるツールを使って行われた変更が即座に別のツールに反映され、アーティストグループがビジョンの追求のために協力することが可能となります。

これらのツールは「アバター」、「ブラック・ウィドウ」、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「猿の惑星」、「ワンダーウーマン」、「スーサイド・スクワッド」など、数々の賞を受賞したテレビや映画でも使用されているとのことです。

  • Manuka:Manuka は、最終フレームの生成に使用される主要なパストレーシングレンダラーで、特定のスペクトル照明プロファイルに基づいて物理的に正確な結果を生成することができます。
  • Gazebo:Gazebo は、パイプラインに接続されたアプリケーションの中で、視覚的に忠実にシーンをリアルタイムで見るために使用される、中核となるインタラクティブ・レンダラーです。Gazeboの3Dビューポートのリアルタイムレンダリングは、マヌカと同じ結果に近づくため、アーティストはどのアプリケーションを使用しているかに関わらず、最終フレームのコンテキストで繰り返し作業を行うことができます。Gazeboは、プリビジュアライゼーションやバーチャルプロダクションのワークフローにおけるプロダクションパイプラインの中核でもあります。
  • Loki:Loki iは、水、火、煙、髪の毛、布、筋肉、植物などのビジュアル・エフェクトの物理ベースのシミュレーションを提供します。複雑なシミュレーションのための物理的な精度は、クロスドメインカップリングと高精度の数値ソルバーの使用によって提供されます。
  • Physically-based workflows: PhysLight、PhysCam、HDRConvertなどのツールは、ライティングおよびカラーワークフローの基盤となります。これらのツールを使用することで、アーティストはスペクトルベースのライティングを作成したり、様々なレンズやセンサー、パイプラインの他の部分の効果を正確に再現したりすることができ、その結果、GazeboとManukaの両方で物理的に正確なレンダリングワークフローを実現しています。
  • Koru: は、スピードとマルチキャラクター・パフォーマンスのために最適化された、高度なパペット・リギング・システムです。テクニカルディレクターや開発者は、Koruを使用することで、コンストレイント、リグ、デフォーマ、パペットを作成し、高性能なアニメーションやクロスシミュレーションなどをサポートすることができます。
  • Facial Tech:Facial Tech は、高度なフェイシャル・キャプチャーとマニピュレーションのワークフローを提供します。機械学習を利用して、顔の筋肉の直接操作をサポートし、アクターのフェイス・キャプチャーをターゲット(パペット)モデルに転送します。
  • Barbershop:Barbershop は、ヘアとファーのためのツール群で、成長からグルーミングまでのワークフロー全体をサポートします。アーティストは、プロシージャルツールとアーティストガイドツールを組み合わせて、ヘアやファーの成長、成長パターンの調整、最終モデルのグルーミングを行うことができます。高度なプロシージャルツールは、編み込みヘアなどのコンセプトをサポートし、出来上がったモデルは、動きや風によるリアルなダイナミクスを実現するシミュレーションに対応しています。
  • Tissue:Tissue は、アーティストやアニメーターが、筋肉や皮膚の動きを正確に表現した生物学的に正確な解剖学的キャラクターモデルを作成し、そのキャラクターをシミュレーションツールに転送することを可能にします。
  • Apteryx:Apteryx は、羽毛のプロシージャルな生成に始まり、ハンドスカルプト、グルーミングなど、羽毛を持つクリーチャーやコスチュームのアニメーションを実現するための完全なワークフローをアーティストに提供します。
  • World Building:Scenic DesignerとCitybuilderは、惑星スケールから小規模なシーンまで、ワールドビルディング、レイアウト、セットドレッシングをサポートするツールです。これらのツールでは、ノードグラフを使ってシーンをプロシージャルに作成したり、プログラムでコンテンツを配置したり、手動で配置を調整したりすることができます。
  • Lumberjack:Lumberjack は、モデリング、編集、変形ツールを含む、植生のためのコアツールセットです。アニメーション化されたジオメトリを含む植物のトポロジーをオーサリングおよび編集し、個々のアセットの詳細レベル、インスタンス化、可変性を管理することができます。
  • Totara:植生やバイオマスのためのプロシージャルな成長・シミュレーションシステムで、Lumberjackと統合して大規模で複雑なシーンをプロシージャルに作成します。アーティストはTotaraを使用することで、個々の木や森林バイオマス全体の成長、つる植物などの他の植生の成長、成長パラメータの調整やバイオメカニクスの制御、積雪の追加、シーンの複雑さやサイズの縮小などを行うことができます。
  • Eddy: Eddy は、ボリューム感のあるエフェクトを洗練させるための、高度な液体、煙、炎の合成プラグインです。Eddyを使用すると、アーティストは新しい高品質の流体シミュレーションを生成し、コンポジット環境内で直接レンダリングすることができます。
  • Production Review: HiDefとShotSubはプロダクションレビューの基盤です。HiDefはプロダクションレビューの中核となるツールで、メモを取る、バージョンを参照するなどの機能を持ち、色精度の高いブラウザと再生エンジンが統合されています。ShotSubは、プロダクションレビューの中核となるツールで、アーティストの作品を適切なカラースペース、フレームレンジ、フレームレートや解像度の設定でレビュー用に準備するツールです。
  • Live Viewing: Live viewing tools は、オンセットのカメラ映像にCGコンテンツをリアルタイムにミックスすることをサポートします。オンセットビューイング用のライブミキシング、クロマキーや他のCGエレメントへのCGエレメントのライブコンポジット、デプスベースのライブコンポジット、モーションキャプチャーパペットへのフェイスキャプチャーの投影などが可能です。
  • Projector:Projector は、スケジューリング、リソーシング、予測をサポートするプロダクションツールで、データへのアクセスやアナリティクスのコントロールにより、プロダクションの意思決定を改善します。

また、Unityは今回の買収のもう一つの楽しみ(Another exciting element)としてアセットライブラリを挙げています。

ライブラリには、都市環境、自然環境、動植物、人間、人工物、マテリアル、テクスチャーなどが含まれており、WetaFXチームは、主要な映画やテレビ作品のために、今後も業界をリードするVFX作品を提供し続け、このアセットライブラリーに反映させていくようです。

今後の展開

これらのツールの可能性を最大限に発揮するために、Unityは、このパイプラインを統一し、映画のようなリアリズムからモバイル機器でのリアルタイムXRまで、あらゆる分野のコンテンツを提供できるようにしていくとのことです。

これには、すでに買収をしているVFXからリアルタイムにベジテーションを拡張するツールとして実績のあるSpeedTreeや、大規模で複雑なモデルを管理する高度なサービスを提供するPixyzなど、他のコンテンツツールやサービスとの連携も含まれます。

Unity、SpeedTreeを開発するInteractive Data Visualization, Inc.(IDV)を買収
2021年7月22日(現地時間)Unityは、建築、ゲーム、ビジュアルエフェクト、リアルタイムシミュレーション向けの植生モデリングおよび環境作成製品であるSpe...

Unityの目的は、これらのツールをクラウド化し、MayaやHoudiniなどのデジタルコンテンツ制作(DCC)ツールで直接利用したり、コンテンツをUnityエンジンなどに移動して操作したり、アーティストが既に使用しているワークフローと容易に統合できるようにすることとしています。このビジョンを完全に実現するには時間がかかり、これは最初のステップとなります。


Welcome Weta Digital!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました