スポンサー

2021年6月の NVIDIA Studio Driver がリリース

CGソフト

2021年6月23日(現地時間)NvidiaはNVIDIA Studio Driverの最新アップデートをリリースしました。

NVIDIA Studioドライバは、アーティスト、クリエイター、3D開発者がクリエイティブなアプリケーションを使用する際の高いパフォーマンスと信頼性を提供しています。

6月のNVIDIA Studio Driver アップデート

6月のNVIDIA Studio Driverは、Adobe Substance 3Dアプリ、NVIDIA Omniverse、NVIDIA Canvasベータ版、Adobe Premiere Pro、Adobe Lightroom、NDI 5、Pixotope 1.5、Red Giant Universeなど、10個の最新のクリエイティブ・アプリケーションに最適化されています。また、いくつかの重要な機能の初期サポートが含まれています。

Adobe Substance 3Dアプリ

Substanceアプリケーションは、レイトレーシングとAIアルゴリズムを活用して、3Dコンテンツの制作を高速化します。コレクションは、新しいアプリケーションとより緊密な統合によって拡張され、一貫したエコシステムを形成することよって、初心者から上級者まで、3Dデザインを素早く簡単に行うことができます。

Adobe、3D/ARアプリをまとめたSubstance 3D Collectionを発表
2021年6月24日 Adobe は、Substance 3D Collectionを発表しました。個々のアプリのアップデートもされていますが、それはまた別の記...

NVIDIA RTX GPUを使用すると、Adobe Substance 3Dアプリワークフロー全体で高いパフォーマンスを得ることができます。

Substance 3D Stager

Substance 3D Stagerは、フォトリアリスティックなシーンの組み立て、ライティング、レンダリングを行うための新しいアプリです。アーティストは、リアルタイムでオブジェクトを配置、調整することができます。

Adobe、シーンデザインとレンダリングのためのステージングツール Substance 3D Stager を発表
2021年6月23日(現地時間)Adobeは、Substance 3D Collectionに含まれる新しい3Dツール Substance 3D Stager ...

Substance 3D Stagerは、RTX GPUは、専用のインタラクティブレイトレーシング機能により、シーンの作業中に正確な照明と影をレンダリングし、最終的なフレームをレンダリングする際にも大幅なスピードアップを実現します。

また、Substance 3D Stagerと近日公開予定の「Substance 3D Modeler」(プライベートベータ版)は、どちらもクロスプラットフォームのVulkan APIを使用して、RTX GPUのパワーを利用しています。

Substance 3D Designer&Painter

Substance 3D Designerは、事前に用意されたリソースを使用したり、非破壊環境でゼロからマテリアルを作成したりして、マテリアルやモデルを生成します。

Substance 3D Designer 11.2 がリリース、プロシージャル3Dモデリングが可能に!
2021年6月23日(現地時間)Adobeは、マテリアルと3Dモデルのオーサリングソフトウェアの最新アップデート Substance 3D Designer 1...

Substance Painterは、3Dモデルに直接カラーやマテリアルをカスタムで適用することに特化しています。

Substance 3D Painter 7.2 がリリース、新しいアセットパネルやパフォーマンスの向上など
2021年6月23日(現地時間)Adobeは、3Dメッシュのテクスチャやレンダリングを可能にする3Dペイントソフトウェアの最新アップデート Substance ...

どちらのアプリにも、スムーズなリアルタイム編集を可能にするNVIDIA Irayのライブビューポートと、優れたレンダリング速度を実現するためのRTXで加速されたレイトレースベイキングが搭載されています。

Substance 3D Sampler(旧Alchemist)

Substance 3D Sampler(旧Alchemist)は、物理的なサンプルや写真を高品質ですぐに使える3Dマテリアルに変換することができるので、マテリアルを一から作る必要がなくなり、貴重な時間を節約できます。

Substance 3D Sampler 3.0 がリリース、照明環境の作成が可能に
2021年6月23日(現地時間)Adobeは、既存のマテリアルを調整・混合したり、スキャンから新しいマテリアルを作成するたあめのソフトウェアの最新アップデート ...

Samplerでは、RTX専用のインタラクティブ・レイトレーシングにより、CPUだけでは不可能なリアルな磨耗などの効果をリアルタイムにマテリアルに適用することができます。また、Samplerには、NVIDIA RTX GPUによって強化されている Image to MaterialとDelighterというAI機能が搭載されています。

NVIDIA Canvas app

NVIDIA Canvasアプリ(ベータ)は、、RTXで加速されたAIを使ってブラシストロークを生き生きとした画像に変えることができます。このアプリについては以下をご覧ください。

AIを使用してスケッチを風景に変えることができる NVIDIA Canvas オープンベータ
NVIDIA Canvas アプリ が無料のベータ版として利用可能になりました。NVIDIA RTX GPUを使用していれば、誰でも利用することができます。 ...

Canvasのベータ版をテストしたRTXユーザーは、こちらからフィードバックを提供することができます。

NDI 5

キャプチャーカードを使用せずにゲームやビデオのコンテンツを人気のライブストリーミングサービスにキャプチャーし、放送できるアプリ「NDI 5」には、NVIDIA Decodeのサポートが追加され、最大4K 120 FPSのコンテンツをシームレスに放送や録画できるようになります。

新機能

NVIDIAの6月のアップデートは、下記の重要な機能の初期のサポートが追加されています。

  • Resizable BAR :Resizable BARは、CPUがグラフィックメモリにより効率的にアクセスできるようにすることで、GeForce RTX 30シリーズGPUのパフォーマンスを向上させます。
  • Dynamic Boost 2.0 (AIを使用して、NVIDIA Ampereアーキテクチャを搭載したラップトップのCPU、GPU、GPUメモリ間のパワーバランスをとる機能)は、クリエイティブなアプリに最適化されました。
  • Support for virtualization :GeForce GPUの仮想化をサポートすることで、LinuxホストPCのユーザーが、Windowsの仮想ゲストOS上でGPUパススルーを有効にすることができます。

Studio Driverは、一般的な3Dレンダラーのパフォーマンスを向上させ、特にBlenderではモーションブラーのレンダリングが最大41%高速化しています。

ダウンロード

2021年6月のNvidia Studioドライバ(リリース471.11)は GeForce Experienceか、ドライバのダウンロードページからダウンロードすることができます。


NVIDIA Studio Goes 3D: Real-Time Ray Tracing and AI Accelerate Adobe’s New Substance 3D Collection of Design Applications

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました