スポンサー

270を超えるエフェクトと3000以上のプリセットコレクションプラグイン「 Sapphire 2020.5 」がリリース

プラグイン

Boris FXは5月27日(現地時間)、270を超えるエフェクトと3000以上のプリセットコレクションプラグインの最新版である「 Sapphire 2020.5 」をリリースしました。

このリリースでは、ハリウッドで人気のライティング&レンズフレアエフェクト、トレンディなトランジション、新しいOFXホストのサポート、レンダリングの高速化などのアップデートがされています。

新機能

改良されたレンズフレア

新しいレンズシェーディング機能と、プロがデザインした 12 個の新しいフレアが追加されています。べてのフレアエレメントはレンズシャドウの影響を受けることができ、高温の光源が物理的なレンズの周りで影になって反射するという現実を反映することで、よりフォトリアリスティックなフレアを実現します。

新しいトランジション

2つの新しいトランジション「S_HyperPull」と「S_HyperPush」が追加されました。これは、クリップ間でシームレスに移動したりワープしたりすることができます。それぞれのトランジションには、ごちゃごちゃしたキーフレームを気にすることなく、膨大な量のコントロールとバラエティが含まれています。

Fusion に対応

Sapphire 2020.5では、Blackmagic DesignのスタンドアロンアプリケーションFusion StudioとBlackmagic Design Resolve内の統合されたFusionをフルサポートしました。Sapphire Preset Browser、LensFlare Designer、統合されたMochaトラッキングとマスキングのサポートにより、レンダリング時間の短縮、安定したコンプ、機能性の向上が図られています。*(スタンドアロンのFusion Studioのみ – Resolve内の統合されたFusionではMochaトラッキングはまだサポートされていません)。Windows、macOS、Linuxオペレーティングシステムをサポートしています。

Builder の新しいホスト

Sapphire Builderは新たに2つのOFXホスト、Nuke by the FoundryとVEGAS Proをサポートしました。Sapphire Builderでは、複数のSapphireフィルターを1つのカスタムエフェクトに組み合わせることができます。アーティストはホストや部門間で作品をデザイン、保存、共有することができるため、オフラインからオンラインまでのワークフローに最適です。Sapphire 2020.5には、プロがデザインした新しいビルダープリセットも含まれています。

モカトラッキングの改善

Sapphire 2020.5の統合されたMochaトラッキングとマスキングは、エリアブラシツールとエッジスナップ技術のアップデートにより大幅に改善されました。また、Mochaのコアとなる平面トラッキングは、カメラの周りや後ろでオブジェクトが動く複雑なトラックで、より正確な結果を提供するようになり、エフェクトが適用される場所を完璧にパラメータ化してトラックや制限します。

多くのエフェクトのレンダリング時間を短縮

2020.5リリースでは、CPUとGPUのレンダリング時間が大幅に高速化され、S_Glow、S_LensFlare、S_EdgeRays、S_Rays、S_Clouds、S_Zapを含む、大気中のノイズを特徴とするすべてのライティングエフェクトのインタラクティブ性が向上しています。

価格とシステム要件

Sapphire 2020.5は、Adobe After Effects & Premiere Pro、Avid Media Composer、Autodesk Flame、Blackmagic Design Resolve、Blackmagic Design Fusion Studio(およびResolve内に統合されたFusion)、Foundry Nuke、VEGAS Proのホストをサポートしています。

Sapphireの年間サブスクリプションは495ドル、永久ライセンスは1,695ドルとなっています。その他バンドル製品などの価格の確認はこちらから

現在の年間サブスクリプション、または有効なアップグレード&サポートプランの所有者は、無料でアップデートを受けることができます。

アップデートのダウンロードはこちら

Now Available: Sapphire 2020.5

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました