スポンサー

Substance Source に100種類のスタイライズドマテリアルが追加!無料マテリアルにも追加!

ニュース

AdobeのSubstance Sourceチームは、Substance Source に100種類のスタイライズドマテリアルを追加しました。

このリリースは、特にモバイルゲームで人気があるスタイライズドマテリアルを使用したプロジェクトを対象としたものであるということです。

これらのアセットは高度にカスタマイズ可能で、モジュール式に設計されています。すべての材料はパラメトリックであり、通常どおりSBSおよびSBSAR形式で利用できます。

Substance Sourceチームは目標を

生産性を向上させ、モバイルデバイス用のテクスチャリングゲーム専用の素材でアーティストに創造的な自由を提供すること。

としています。

いくつか特徴が説明されているのでまとめました。

ランダムシード機能により、個々のアセットが様式化されたマテリアルのミニライブラリに。

マテリアルであろうとアトラスであろうと、すべてのスタイライズドアセットはサブスタンスマテリアルのままです。損傷のレベルや時期などの要因に応じて、同じ材料の数十のバージョンを手動で作成する必要がなくなりました。SBSARファイルが1つあれば、問題ありません。

必要なパラメータが見つからない場合は、自分でグラフに直接挿入できます。ライブラリ内のほとんどのアセットと同様に、各アイテムは.sbs形式で使用でき、ノードグラフ全体にアクセスできます。ですので、材料の作成プロセスをゼロから始める必要はありません。

モバイルデバイス用のゲームの作成にも最適化

256〜8Kの最適な視覚的結果を提供するように最適化され、Substance Sourceで利用可能なスタイライズドPBRマテリアルのコレクションは、リソースを最大限に活用するようにモデル化されています。

満足のいく写実的な結果を達成するために複数のマップが必要なとき、カラーマップで追加の表面情報を組み合わせました。

この色ベースのアプローチは、法線マップと高さマップからの詳細を含むはるかに詳細なカラーPBRマップを提供し、特定のスタイル効果を実現するために必要なマップの数を減らすことも可能です。

ライト情報を直接テクスチャに組み込む機能を追加

各マテリアルには、ライト情報をテクスチャにベイクするための専用のパラメータセットがあります。これにより、方向とライトがマテリアルに作用する方法を制御でき、必要に応じてランタイムコンピューティングを排除することにより、パフォーマンスをさらに最適化できます。

Substance Sourceチームは最終的に目標を次のように述べています、

私たちの目標は、迅速なテストとレタッチを可能にし、クリエイティブなプロジェクトをより迅速に反復できるようにすることです。また、さまざまなツール間での高速なプロセスのやり取りを可能にすることにより、これらのツールを既存のアーティストパイプラインにスムーズに挿入することです。

無料のSubstance Sourceのダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました