NVIDIA Omniverse の新しいコネクターや Omniverse Cloud が発表

CGソフト

2023年3月21日(現地時間) – NVIDIAは、開発者やクリエイターは、メタバースアプリケーションを作成・運用するためのプラットフォームであるNVIDIA Omniverseの新しいOmniverse Connectorsやその他のアップデートを発表しました。

また、Platform-as-a-ServiceであるOmniverse Cloudは、ユーザーに様々なシミュレーションとジェネレーティブAI機能を装備し、産業用メタバースアプリケーションを容易に構築・展開できるようにします。

Omniverseエコシステムの拡大

最新の追加は以下の通りです。

  • 新しいOmniverse Connectors:Siemens Teamcenter、Siemens NX、Siemens Process Simulateを含むSiemens Xceleratorポートフォリオ、Blender、Cesium、Emulate3D by Rockwell Automation、Unity、Vectorworks 用の新しいOmniverse Connectorsは、接続ワークフローを向上させ、USD (Universal Scene Description) frameworkを通じてアプリケーションをより多くリンクすることができるようになりました。Azure Digital Twin、Blackshark.ai、FlexSim、NavVis Omniverse Connectorsは、近日中にリリース予定です。
  • SimReady 3Dアセット:1000 以上の新しい SimReady アセットが追加され、より簡単な AI および産業用 3D ワークフローを可能にします。インテリジェントオートメーションソリューションのリーディングサプライヤーであるKUKAは、NVIDIAと協力し、新しいSimReady仕様の採用を評価し、顧客のシミュレーションをこれまで以上に容易にします。
  • 合成データ生成:Lexset と Siemens SynthAI は、ともに Omniverse Replicator ソフトウェア開発キットを使用して、コンピュータビジョンによる工業検査を可能に、DatagenとSynthesis AIは、SDKを使用して、AIトレーニング用の合成デジタルヒューマンを作成しています。また、Deloitteは、製造業から電気通信まで幅広い分野の顧客に対して、Omniverse Replicatorを使用した合成データ生成サービスを提供しています。
  • Bentley Systemsが開発したLumenRT for NVIDIA Omniverseは、インフラのデジタルツインや、SyncTwinが開発したアプリケーションの可視化ワークフローを自動的に同期して変更できるようになり、現在利用可能です。
  • 建築業者が購入者に写真のようにリアルな3Dバーチャルツアーを提供できる、Web埋め込み可能でクラウドベースの拡張現実デジタルツインプラットフォームであるAirealのOmniStreamも現在提供中です。住宅のインテリアデザインの自動生成を可能にするAirealのビジュアライゼーションツール「Spaces」は、近日公開予定です。
  •  disguiseプラットフォームは、NVIDIA Omniverseに統合され、仮想制作パイプラインを接続して、より簡単で迅速な変更、コンテンツ作成の強化、メディアとエンターテイメントのワークフローの改善を可能にします。

NVIDIAはまた、Omniverseをよりパワフルでアクセスしやすくするシステムやサービスも紹介しました。

  • 新しく発表されたRTX 5000 Ada世代ラップトップGPUは、専門家がオフィスや自宅、外出先でOmniverseや産業用メタバースワークロードにアクセスすることを可能にします。
  • さらに、NVIDIAは、NVIDIA L40 GPUとBluefield-3 DPUを搭載したNVIDIA Omniverse Enterprise内で動作する大規模デジタルツイン用のコンピューティングシステム、OVXの第3世代を発表しました。
  • Omniverse Cloudは、グローバルな自動車関連企業に提供され、スタートからゴールまでの産業ライフサイクルにおけるデジタル化を実現することができます。Microsoft Azureは、このPlatform-as-a-Serviceを展開する最初のグローバルクラウドサービスプロバイダーです。

Omniverse Cloud の詳細はこちらから

Omniverse のコアアップデート予定

Huang氏は、この春にリリースされる次のOmniverseのプレビューを行い、次のような内容を紹介しました。

Omniverseアプリケーションのアップデートにより、開発者や企業は、それぞれのワークフローに合わせた基盤アプリケーションを構築することができます。

  • NVIDIA USD Composer(旧Omniverse Create) – デザイナーやクリエイターがUSDベースの大規模なデータセットを組み立て、産業用仮想世界を構成するためのカスタマイズ可能な基盤アプリケーションです。
  • NVIDIA USD Presenter (旧Omniverse View) – USDプロジェクトをインタラクティブかつ共同作業で展示・レビューするためのカスタマイズ可能な基盤アプリケーション可視化リファレンスアプリです。
  • NVIDIA USD-GDN Publisher – 開発者やサービスプロバイダーが、高度でインタラクティブなUSDベースの3D体験を、場所を問わずほぼすべてのデバイスに簡単に構築、公開、ストリーミングできるようにするクラウドサービス群です。

開発者エクスペリエンスの向上 – 新しいパブリックエクステンションレジストリにより、エクステンションの自動更新を受け取ることができるようになります。新しいコンフィギュレータテンプレートとワークフロー、および Omnigraph 用の NVIDIA Warp Kernel Nodeにより、GPUベースのコーディングのための摩擦のない開発者ワークフローが実現します。

次世代レンダリングとマテリアル – Omniverseは、リアルタイムでレイトレースされるサブサーフェススキャッタリングシェーダーを初めて提供し、デジタルヒューマンの肌の前例のないリアリズムを可能にします。また、Universal Material Mapperの最新アップデートにより、ユーザーはサードパーティアプリケーションからマテリアルライブラリをシームレスに取り込むことができ、マテリアル構造と完全な編集機能を保持することができます。

画期的なパフォーマンス – 大規模なシーンでのパフォーマンスを可能にする大きな開発として、USDのランタイムデータ転送技術は、モジュール間でランタイムデータを保存・移動する効率的な方法を提供します。シーンオプティマイザーにより、ユーザーはUSDレベルで最適化を実行し、大規模なシーンをより軽量な表現に変換し、インタラクションを改善することができます。

AIトレーニング機能 – 自動ドメインランダム化と集団ベースのトレーニングにより、自律型ロボット開発のための複雑なロボットトレーニングが大幅に容易になります。

生成AI – 新しいtext-to-materials拡張機能により、ユーザーはテキストプロンプトのみから高品質のマテリアルを自動的に生成することができるようになります。生成AIの利用を促進するため、Omniverseのアップデートには、text-to-materialsとtext-to-code生成ツールも含まれています。さらに、Audio2Faceアプリのアップデートには、ヘッドレスモード、RESTアプリケーションプログラミングインターフェース、リップシンクの品質向上、北京語を含むより強固な多言語サポートが含まれています。

また、開発者は、ChatGPTで作成されたデータを使ってOmniverseのカメラを生成・カスタマイズするCamera StudioのようなOmniverseの拡張機能に、ChatGPTなどの技術からAIが生成した入力を使ってデータを提供できます。


NVIDIA and Partners Release New Omniverse Connections, Expanding Foundation for Artists and Developers to Advance 3D Workflows | NVIDIA Blog

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました