スポンサー

Apple、M1チップとLiquid Retina XDRディスプレイを搭載した新しいiPad Proを発表

PC関連

2021年4月20日(現地時間)Appleは、M1チップを搭載した新しいiPad Proを発表しました。11インチと12.9インチがあり、それぞれカラー、ストレージ、ネットワークなどカスタマイズが可能です。

新しいiPad Proでは、Appleが設計したM1チップが搭載されたことで、パフォーマンスが大幅に向上しています。12.9インチに搭載されているLiquid Retina XDRディスプレイは、要求の厳しいHDRワークフローにも対応。新しくなったウルトラワイドフロントカメラでは、ユーザーを自動的に完璧なフレームに保つ新機能Center Stageが利用できるようになりました。さらに、Thunderboltに対応、セルラーモデルでは5Gに対応しています。

Appleのワールドワイド・マーケティング担当上級副社長である Greg Joswiak氏は、は次のように述べています。

「革新的なM1チップはMacにとって画期的なものでしたが、このチップをiPad Proに搭載できることに非常に興奮しています。M1の大幅な性能向上、12.9インチLiquid Retina XDRディスプレイでの画期的なエクストリーム・ダイナミック・レンジ体験、最大2TBの高速ストレージ、Thunderboltによる拡張機能、4つのスピーカーを搭載したオーディオシステム、LiDARスキャナーを搭載したプロ用カメラ、驚異的な速さの5G接続、Center Stageによる素晴らしいビデオ通話体験、そしてiPadOSの先進的な機能とパワフルなプロ用アプリケーションのエコシステムが、ユーザーが片手で持てるデバイスに集約されたiPad Proは、他に類を見ないものです。」

新型iPadの特徴

M1がiPad Proに搭載

iPadに搭載されているM1チップでは8コアのCPUとGPUで構成されています。8コアのCPUは、低消費電力のシリコンの中で最速のCPUコアが使用されており、A12Z Bionicと比較して最大50%のCPUパフォーマンスを実現しています。8コアのGPUは、GPUパフォーマンスを最大40%向上させています。

M1はAシリーズチップと同じ基本アーキテクチャを採用しているため、iPadOSは次のM1のテクノロジーを最大限に活用できるように最適化されています。

  • 次世代の16コアApple Neural Engine、
  • イメージシグナルプロセッサ(ISP)
  • 最大16GBのメモリを搭載した統一された広帯域メモリアーキテクチャ
  • 2倍に高速化された最大2TBストレージ

メモリは、128GB、256GB、512GBストレージ搭載モデルには8GB RAM、1TBまたは2TBストレージ搭載モデルには、16GB RAMとなっています。

また、業界最高レベルの電力効率を誇るM1は、iPad Proの薄くて軽いデザインの中で、これらの驚くべき性能と1日中続くバッテリー駆動時間を実現しています。

12.9インチLiquid Retina XDRディスプレイ

新しいLiquid Retina XDRディスプレイは、ディスプレイの背面全体に1万個以上のLEDを使用した最先端のミニLEDデザインが採用されており、フルスクリーンで最大1000nitsの輝度、ピーク時で1600nitsの輝度、100万:1のコントラスト比を実現しています。

このディスプレイにより写真家、ビデオグラファー、映像制作者などのクリエイティブプロフェッショナルは、どこにでも持ち運べる大画面ディスプレイで、暗い画像の中の明るいハイライトと繊細なディテールを捉えることができるようになります。

また、ProMotion、True Tone、P3ワイドカラーサポートなど、11インチiPad Proにも搭載されている先進的なテクノロジーが採用されており、HDRやDolby Visionコンテンツで最高のモバイルシネマ視聴体験を実現します。

11インチと12.9インチ iPad ディスプレイの違い

11インチと12.9インチ iPadは異なるようです。次のような2つのディスプレイには以下のような違いがあります。

■11インチのLiquid Retinaディスプレイ

  • 2,388 x 1,668ピクセル解像度、398万ピクセル
  • P3の広色域
  • あらゆるものが見やすいTrue Tone
  • ProMotionのアダプティブリフレッシュレート
  • 反射防止コーティング
  • 最大輝度600nit

■12.9インチのLiquid Retina XDRディスプレイ

  • 2,732 x 2,048ピクセル解像度、560万ピクセル
  • P3の広色域
  • あらゆるものが見やすいTrue Tone
  • ProMotionのアダプティブリフレッシュレート
  • 反射防止コーティング
  • 1,600nitのピーク輝度(HDR)
  • 1,000,000:1コントラスト比

Thunderboltが搭載

ThunderboltとUSB 4に対応したことで、iPad ProのUSB-Cポートは、iPad史上最速かつ最も汎用性の高いポートとなり、有線接続の帯域幅は従来のiPad Proの4倍、最大40Gbpsに達します。

Thunderboltは10Gbps Ethernetをサポートし、より高速な外付けストレージや、フル6K解像度のPro Display XDRを含む高解像度の外付けディスプレイなどのアクセサリーは、高性能ケーブルとドックを使用して接続できます。

これまで以上に多くの周辺機器をサポートすることで、iPad Proはクリエイティブなワークフローにさらにシームレスにフィットするようになりました。

Center Stage

iPad ProのTrueDepthカメラシステムには、iPad専用に設計された全く新しい12MPと122度の視野角を持つ新しい超広角カメラが搭載されており、ビデオ通話の新しい体験であるCenter Stageを実現します。

Center Stageは、新しいフロントカメラのはるかに広い視野とM1の機械学習機能を利用して、ユーザーを認識し、フレーム内の中央に配置します。ユーザーが動き回ると、Center Stageは自動的にパンしてユーザーを画面内に収めます。また、他の人が参加すると、カメラがその人を検知し、スムーズにズームアウトして全員を画面に収め、会話に参加していることを確認します。同僚とのホワイトボード会議でも、バーチャルな家族の集まりでも、人と人とのつながりをこれまで以上に魅力的なものにすることができます。

iPad Proのその他の新機能

  • M1のISPとニューラルエンジンは、プロ用カメラシステムの能力をさらに引き出し、iPad Proで初めてSmart HDR 3をサポートしました。また、暗い場所では、ISPとLiDARスキャナーが画像やビデオをすばやく正確にフォーカスし、ほとんど光がない状態でも詳細に撮影することができます。
  • 来週からiPadユーザーに提供されるiPadOS 14.5には、「Scribble」や「Smart Selection」などのApple Pencilの機能のサポート言語の拡大、新しい絵文字、最新のゲーミングコントローラーのサポート、Apple Musicで歌詞を共有したり、世界の都市のトップソングを見ることができる機能など、新しい機能が追加されています。

新しいiPad Proのスペック詳細はこちらから

価格と発売時期

新しいiPad Proは、4月30日(金)からapple.comで注文受け付けが開始、5月後半に発売される予定です。

価格は11インチiPadが94800円(税込み)から、12.9インチiPadが129800円(税込み)からとなっています。


Apple ウェブサイトへ

Apple introduces new iPad Pro featuring breakthrough M1 chip, ultra-fast 5G, and stunning 12.9-inch Liquid Retina XDR display

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました