スポンサー

Forest Pack 7 がリリース、ライトのスキャッタリング、リアルタイムエンジンへのエクスポート機能の追加など

プラグイン

2021年3月8日(現地時間)iToo softwareは、3dsMax用のスキャッタープラグインの最新アップデート Forest Pack 7 がリリース をリリースしました。

Forest Pack 7 新機能

今回のリリースでは、Forest Pack 7の汎用性を大幅に向上させることに注力されており、ライトを散乱できるようになったことで、ほぼすべてのタイプのオブジェクトをスキャッタリングできるようになっています。

また、Unity用の新しいベータ エクスポータでリアルタイム サポートが追加されたほか、Datasmithを介してChaos VantageとUnreal Engineのサポートも提供され、Corona のユーザーは、Forest Pack の貴重なアニメーション モードを利用できるようになりました。

ライブラブラウザは完全に書き換えられ、新しいワンクリックオブジェクト追加オプションなどがされています。さらにこれらの新機能に加え新しいコンテンツも追加されています。

 

ライトをスキャッタリング

ここ数年で最も人気のある要望のひとつであるライトを散らす機能が実装されました。Coronaでは、Forest Colourを使ってライトの色合いや強度をランダムにしたり、Light Listerを使ってリミックスしたりすることもできます。シーンに何百、何千ものライトが必要な場合、Forest Pack 7 はその作業に最適なツールです。

これにより、Forest Pack 7では、ヘルパーオブジェクト、VDBボリューム(Coronaでは)、スプラインなど、幾何学的ではないほぼすべてのオブジェクトを散布することができます。

色補正可能なスキャッタでルックデブを高速化

市販のライブラリ、ビルトインコレクション、独自のモデルなど、さまざまなソースからのアセットを使用すると、色の組み合わせがうまくいかない場合があり、複雑なマテリアルを編集するのは大変な作業になります。

これを解決するために、Forest Pack 7では、マテリアルのロールアウトに一連のカラー補正ツールが追加されており、スキャッタ内のすべてのオブジェクトの色相、彩度、値を調整することができます。
例えば、散布物の一部だけを調整して葉を微調整したいが、木の幹や枝は調整したくない場合は、色相の範囲に基づいてどの色を補正するかを分離できます。

Coronaでのアニメーションのランダム化

このリリースでは、Coronaはアニメーションオブジェクトを散在させたり、コントロールしたりできるようになりました。4つのアニメーションモードがすべてサポートされているので、ユーザーはアニメーションの開始点をランダムにしたり、マップを使ってオフセットしたり、テクスチャを使って絶対フレームをコントロールしたり、Forest Effectsを使って再生を操作したりすることができます。

リアルタイムエンジンへのエクスポート

リアルタイムゲームエンジンがユーザーの日々のワークフローの重要な一部になりつつあることを無視することはできないものとなっており、他のプラットフォームへのエクスポートを簡単に行える新機能が追加されました。

今回のリリースでは、Forest Toolsの早期リリースの新機能を使用してスキャッターをエクスポートし、UnityにインポートしてUnityのハイブリッドレンダリング技術を利用して効率的なリアルタイムインスタンスを作成することができるようになりました。

これに加えて、Chaos Vantage と Unreal による Forest Pack と RailClone のサポート (強力な Datasmith プラグインと関連するモディファイアを使用) が追加されました。

シングルクリックでライブラリブラウザに追加

Forest Pack 7には新しいライブラリ管理ツールが搭載されており、ワンクリックで選択したオブジェクトをライブラリに追加したり、必要なアセットを収集したり、マテリアルライブラリを作成したり、サムネイルを生成したりすることができます。ライブラリをネットワーク上の場所に保存しておけば、チームの他のメンバーがすぐに利用できるようになります。
ライブラリブラウザは、今後のアップデートのため、ゼロから全面的に書き直されています。それに伴い、選択したものに関するより多くの情報を表示するための新しい検査ペイン、選択技術の改善、新しい検索ツール、無料ライブラリの保存場所のコントロール機能など、多くの新しいユーザビリティの改善が加えられています。

新しいTree Stumpsライブラリ

現実の世界では、森林は慎重に管理されており、木は定期的に伐採されたり挿し木されたりしていますが、よりリアルな森のエリアを作るために、40本の高品質なフォトスキャンされた木の切り株が追加されました。広いエリアを数回のクリックで作成できるように、最適化されたプリセットも用意されています。

新しいヘッジライブラリ

89種類のカットヘッジプリセットのライブラリが追加されました。0.5mから2.5mまでの5つの高さに10種が含まれており、スプラインを使って簡単にレイアウトすることができます。より不規則な形状のために、各種には「topiary」プリセットがあり、表面に散りばめてあらゆる形状の生垣を作成することができます。また、いくつかの混合「topiary」プリセットも含まれているので、複数種の生け垣を見栄えよく仕上げることができます。さらにThe3DGardenの無料サンプルも追加されています。

改良されたリファレンスモード

今回のリリースでは、リファレンスモードがより便利になりました。以前のバージョンでは、参照モードでは参照三角形の中心に1つのアイテムを配置することができました。新バージョンでは、位置をランダムにすることができ、三角形ごとに追加するアイテムの数を指定することができます。マテリアルIDでフィルタリングすることもできます。

アイテムの選択がより簡単に

新しい作成モードを導入して、アセットの選択と散布がこれまで以上に簡単になりました。まず、散布したいオブジェクトを選択し、次に作成パネルからフォレストパックを選択し、最後にスプラインまたはサーフェスエリアを選択します。最後にスプラインまたはサーフェスエリアを選択します。
アイテムリストにアセットを追加する新しい方法もあり、最後に新しいアイテムを追加すると自動的にオブジェクトピッカーが起動するので、シーンからスキャッタリングしたいものをすぐに選択できます。

その他多くの機能強化とユーザビリティの向上

  • V-Ray用のGBufferをサポート。
  • インターフェースの新しいSpotlightモードでは、一度に1つのロールアウトだけを開いたままにしておくことができます。
  • インスタンス化されたアイテムで機能するForest Colour。
  • 無料のライブラリをどこに保存するかを指定する機能です。
  • 非画像ベースの分布モードのための改良されたランダム性。
  • V-Rayは各カスタムオブジェクトに割り当てられたマテリアルを使用するようになりました。
  • インタラクティブなレンダリングのための最適化。
  • 散らばったアイテムは、個々のスプライン領域のZ位置を尊重するようになりました。

価格とシステム要件

Forest Pack 7は、3ds Max 2012以降で利用できます。対応レンダラーなど詳しいシステム要件の確認はこちらから可能です。
価格は1年間のメンテナンスが含まれるライセンスが1シート220ユーロ(約28500円)となっています。価格の確認はこちらから

メンテナンス所有者は、Forest Pack 7をユーザーパネルからすぐにダウンロードできます。ダウンロードするには、こちらから[My Products ]セクションにアクセスしてください。

商用でも無料で使用できるLiteバージョンが利用できます。

無料Liteバージョンのダウンロードはこちらから(アカウントが必要)


Forest Pack ウェブページへ

Forest Pack 7: See the light!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました