スポンサー

[12月11日更新]Mocha Pro 2021 がリリース、新機能PowerMeshの追加など

CGソフト
Mocha Pro 2021.01 version 8.01がリリースされました。更新部分へ

Boris FXは11月11日(現地時間)、VFX、ポストプロダクション向けの平面トラッキングツールの最新アップデートMocha Pro 2021をリリースしました。

このリリースでは、サブプレーナートラッキングを可能にする新機能 PowerMesh の追加などがされています。

Mocha Pro 2021 新機能

PowerMesh

PowerMeshは、VFX、ROTO、スタビライゼーションのための強力な新しいサブプレーナートラッキングを可能にします。

Mochaの直観的なレイヤーベースのインターフェースを使用して、オクルージョンやブラーを介して複雑な有機的なサーフェスをトラッキングします。使いやすく、ほとんどのオプティカルフローベースのテクニックよりも高速です。

AdjustTrack 2.0

AdjustTrackモジュールが多くの改良を加えてアップデートされました。これまで以上に簡単にスリップしたトラックエラーを修正することができます。ダイナミックオフセット調整を使用して、最も難しいトラッキングショットでも完璧な結果を得ることができます。

Alembicエクスポート

合成用にワープ安定化されたビューをレンダリングしたり、アルファでソースにワープを適用したり、新しいAlebmicエクスポート機能を使って、好きな合成や3Dアプリケーションで作業することができます。

Pythonスクリプトエディタ

PythonスクリプトエディタがMocha Proプラグインで利用できるようになりました。(これまではスタンドアロンアプリケーションでのみ利用可能でした)。
Mocha ProのPythonスクリプトエディタを使って、カスタムツールを作成したり、バッチプロセスレイヤーを作成したり、資産管理ツールと統合したりすることができます。

Mocha Pro 2021.01 version 8.01

BorisFXは、12月10日(現地時間)Mocha Pro 2021.01をリリースしました。これは、いくつかの新機能、パフォーマンスの改善、不具合の修正を含むメンテナンスリリースです。

このリリースは、Mocha Pro 2021ライセンス所有者とサブスクライバーを対象とした無料アップデートです。

新機能

■After EffectsからMocha Proとして起動:After Effectsアニメーションメニューから「Track in Boris FX Mocha」を選択すると、Mocha AEの代わりにMocha Pro 2021を起動できるようになりました。環境設定で設定します。

■プロジェクト ファイルの最適化:Dense PowerMesh プロジェクトの読み込みと保存が高速になりました。

■モジュールの挿入:挿入モジュールに新しいチェック ボックスが追加されました。これにより、挿入クリップのアルファ値をPre-multiplyするかどうかを指定して、挿入レンダリングでのフリンジを減らすことができます。

■PowerMesh メッシュ再生の警告:メッシュの再生が既存のメッシュトラッキングキーを破壊する場合、Mocha は警告メッセージボックスを表示するようになりました。

■ウェルカムスクリーンのデイリーTips:デイリー ヒントに URL が含まれている場合、クリック可能なリンクが表示されるようになりました。

■Silhouetteプロジェクトのインポート:混乱を避けるため、シルエットプロジェクトのインポートメニューのインポートシェイプオプションの名前を “Import SFX Shapes “に変更。

Mocha Pro 2021 v8.0.1 リリースノートの確認はこちらから

価格とシステム要件

Mocha Pro 2021は、Windows: Windows 7 64bit 以降、macOS: X 10.12以降、CentOS7などで利用できます。

スタンドアロンアプリケーションとマルチホスト、個別のプラグイン(Adobe、Avid、OFX)をサポートしています。

システム要件、対応ソフトウェアの詳しい情報はこちらから

価格は、スタンドアロンアプリケーションが595ドル/間、マルチホストが395ドル/年間、個別のプラグイン(Adobe、Avid、OFX)295ドル/年間です。

より詳しい価格情報はこちらから


New! Mocha Pro 2021 Now Available with PowerMesh Tracking

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました