複数のLDRイメージからHDRIを作成することができるGPUに対応したOpenFXプラグイン「MakeHDR」

フリーコンテンツ

MakeHDRの機能

「MakeHDR」はGPUで高速化され、複数のLDR(低ダイナミックレンジ)イメージから1つのHDRIに合成することができます。

  • 8、10、12ビットの深さ処理(depth processing)で最大16入力をマージ
  • Nvidia CUDAソルバーによるGPUアクセラレーション
  • ツール内のユーザーフレンドリーな対数トーンマッピングコントロール
  • サンプリングレートやスムースネスなどの高度なコントロール
  • Linux、MacOS、Windowsのクロスプラットフォームで利用可能

Fusion、Natron、Nuke などのOpenFXに対応したコンポジットアプリケーションで動作します。

インストール方法

MakeHDR.ofx.bundle / MakeHDR_Pro.ofx.bundle をシステムのデフォルトの OFX_PLUGIN_PATH または環境変数が設定されている場所に展開します。
Linux:/usr/FX/プラグイン
MacOS:/ライブラリ/FX/プラグイン
Windows:C:IllustratorProgram FilesCommon FilesOFX\Plugins

使用手順

  1. DCCアプリ内にMakeHDRノードを作成します。
  2. 複数のシャッタースピードで撮影した画像を接続します。
  3. 露光時間の詳細を秒単位で入力します。

システム要件

GCC 4.8.5でコンパイルされたCentOS 7、MacOS 10.13、Windows 10でテスト済みです。
GPUアクセラレーションにはNvidia GPUとCUDA 11以降のランタイムが必要で、MacOSでは利用できませんが、Nvidiaカード以外のCPUソルバーをサポートしています。

価格

無料版と有料のプロ版があります。

無料版は解像度が2Kまでに制限されています。プロ版は制限がなく、価格は20ドル+です。


無料版のダウンロードまたは、購入はこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました