スポンサー

Maya、Arnold用プロシージャルマテリアルライブラリ「ShadeIt 2.0」がリリース

プラグイン

9月2日(現地時間)Romain Chauliac 氏によって開発されているMayaスクリプトの最新アップデート「 ShadeIt 2.0 」がリリースされました。

以前も紹介しましたが、ShadeItを使用するとUVを必要とせず、数回のクリックのみでアセットのlookdevをすばやく作成することが可能になります。

アセットのルックデブをすばやくするMayaのArnold用プロシージャルマテリアルライブラリ「ShadeIt 1.1」
CGアーティスト Romain Chauliac によって開発されているMayaスクリプト「 ShadeIt 」の紹介です。先日、最新バージョンである「 Sha...

ShadeIt 2.0の新機能

ShadeIt 2.0の正式なリリースドキュメントは見当たりませんが、リリース動画からまとめると以下のような特徴があります。

  • UVなしで動作。
  • シェーダライブラリ。
  • きれいな状態から摩耗までマテリアルをコントロール 。
  • より多くのスクラッチコントロール。
  • UnderMetalのパラメータを制御可能に。
  • 新しいペイントマスクツール。
  • 汚れ、サビ、ダストレイヤーを追加。
  • UVなしの新デカールシステム。
  • 正確なレイヤー化。
  • シェーダーの反復。

ペイントマスクツールやデカールシステムなど便利そうな機能が追加されているようです。以下の動画で新機能を確認することができます。

インストール方法

ShadeIt 2.0 基礎チュートリアル

価格とシステム要件

価格は50ドルから、ShadeItは、Windows、MacO、Linux向けのMaya 2018からMaya 2020で動作し、少なくともArnold Mtoa 3.2が必要です。

商品ページへ(Gumroad)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました