スポンサー

[12月8日更新]写真測量ソフトウェア RealityCapture 1.1 がリリース

CGソフト
12月8日更新:RealityCapture 1.1.1 Blazeがリリースされました。更新箇所へ

Capturing Realityは8月7日(現地時間)、写真や継ぎ目なしのレーザースキャンから3Dモデルを作成できる写真測量ソフトウェアの最新アップデート RealityCapture 1.1 Blaze をリリースしました。このバージョンで作成したり保存したりしたプロジェクトは、以前のバージョンのRealityCaptureでは開くことができないので注意が必要です。

RealityCapture

RealityCaptureは、写真測量ソフトウェアソリューションです。画像やレーザースキャンから完全に自動的に、仮想現実シーン、テクスチャ3Dメッシュ、正投影、地理参照マップなどを作成することができ、幅広い業界に対応しています。

バージョン 1.1 Blaze 新機能ハイライト

●PPK/RTKフライトログから個々のカメラ位置、カメラの向き、その他のパラメータの精度を考慮するようになりました。また、ユーザーは自分のPPK/RTK UAVからフライトログを読み込むための簡単なxmlファイルを編集することで、インポーターを簡単にカスタマイズすることができます。

これにより、ユーザーが直接現場で行う作業やRealityCaptureでの後処理時間が大幅に短縮されます。PPKデータは、精度を維持しつつ、1つのデータセットに必要なGCPの量を減らしながら、速度を大幅に向上させることができます。また、ユーザーは、アライメントやカメラ位置などの精度を素早く確認できるレポートを作成することができます。

●新しいAI分類ツールにより、地表を他のオブジェクトから区別し、デジタル地形モデルを生成できます。 自動AI分類に加えて、ユーザーは手動でクラスを割り当てることにより分類を編集するオプションがあります。

●新しいLODエクスポートと Cesium ionへのアップロード機能により、ユーザーは大規模なデータセットをシームレスに処理したり、URLリンクを介して直接クライアントに作品を共有することができます。

詳しい情報はこちらから

●レーザースキャナーを使用している方のために、RealityCaptureはZ+Fレーザースキャンを.e57やptxに変換することなく直接インポートできるようになりました。これにより、時間とHWの消費を大幅に削減することができます。

詳しい情報はこちらから

●Leica BLK3Dイメージグループファイルの直接読み込みにも対応しました。Leica BLK3Dは、10Mpxのカメラを2台搭載したスマートフォンサイズのシンプルなハンドヘルドデバイスです。この2台のカメラは同期して画像を撮影しているので、基本的には20Mpxの画像を撮影していることになります。連続して画像をキャプチャしているので、ファイルをビデオとしてRealityCaptureにインポートする必要があります。大きな利点は、2つのカメラ間の距離がわかると、RealityCaptureがこの情報を使って自動的にシーンを拡大縮小することです。

詳しい情報はこちらから

この他にも多くの新機能や修正があります。

すべてのアップデートの確認はこちらから

RealityCapture プロダクトページへ

RealityCapture 1.1 Blaze

RealityCapture バージョン 1.1.1 Blaze(12月8日更新)

Capturing Realityは、最新の RealityCapture バージョン1.1.1 Blazeをリリースしました。

重要:このバージョンで作成したり保存したりしたプロジェクトは、以前のバージョンのRealityCaptureでは開くことができません。

新機能ハイライト

●異なるコンピュータで同じPPIシーンを開いて作業ができるようになりました。

この新機能により、ロックされたPPIプロジェクトを別のパソコンとRCアカウントで開いて編集できるようになりました。最大8台のコンピュータで開くことができます。ただし、同時にPPIプロジェクトを使用しているのは1台のコンピュータのみであることを確認してください。

●自動保存モード

自動保存機能が導入されました。プロジェクトに変更が加えられた場合、30秒後に元のプロジェクト(または一時フォルダ)の横に.autosaveファイルを作成します。使用には、アプリケーションの設定で自動保存モードの「YES」を選択してください。

●予期せぬアプリの終了後にモデルの再構築を再開する

モデルを計算していて、途中で予測できないことが起きてしまったときに、プロジェクトを再開して、最後の変更点を回復して、モデルの再構築で継続することができるようになりました。これは、新しいオートセーブの強化機能ですです。

● Headless modeCLI

“headless “コマンドを使用することで、メインユーザーインターフェースなしでアプリケーションを実行することが可能になりました。

●RealityCaptureワークスペースのズーム機能

大きなアイコンとテキストでRealityCaptureのUIをよりよく見ることができます。この機能は、高解像度のディスプレイを使用している方には特に便利で、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、読みやすさを向上させます。

●ローカルネットワーク処理が可能なスマートデバイス上でのリアルタイムアライメントアシスタント(CLIユーザー)

  • RealityCaptureアシスタントかセカンドスクリーンを使用すると、スマートフォンでデータセットをスキャンして、モデルがリアルタイムで調整されているRealityCaptureに直接データを送信することができます。
  • スマートフォンの画面では、カメラの位置を見ることができるので、キャプチャした写真に十分なオーバーラップとカバレッジがあるかどうかを確認することができます。
  • RealityCaptureで1つのプロジェクトに複数の携帯電話を接続して、データを並行してキャプチャすることができます。
この新機能にアクセスするには、アプリケーションリボンのワークフローセクションの Real-time assistance(リアルタイムアシスタント)をクリックします。表示されたQRコードをスキャンすると、RealityCaptureとペアリングされ、携帯電話でスキャンできるようになります。この機能は現在、ローカルネットワークに限定されています。つまり、お使いの携帯電話とコンピュータの両方が同じwifiに接続されている必要があります。この機能は、ENTERPRISEライセンスと永久ENTERPRISEライセンス(アクティブメンテナンス中)でのみご利用いただけます。
リリースノートの確認はこちらから

RealityCapture 1.1.1 Blaze 


Capturing Reality ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました