スポンサー

[6/26更新]Autodesk が Flame 2021 をリリース!新しいデフォーカス効果や機械学習を利用した顔の特徴の抽出機能追加など

CGソフト
6/26更新:Flame 2021.1 がリリースされました。更新部分へ

Flame 2021

Autodeskは、3D コンポジティング、ビジュアル エフェクト、色補正、エディトリアル フィニッシング用のツールが搭載された 3D VFX フィニッシングソフトウェアの最新アップデートである Flame 2021 をリリースしました。このリリースでは、GPUで加速された新しいフィジカルデフォーカス効果機能や、Flame 2021で最初に導入された機械学習機能をベースとした人間の顔の特徴を分離する機能などが追加されています。

新機能ハイライト

●GPUで加速したデフォーカス効果

新しいフィジカルデフォーカス効果により、ショットに被写界深度を簡単に追加することができます。単体の Matchboxノードとしてバッチでの使用や生成されたAOVデプスマップと組み合わせてImage Selectiveで使用することも可能です。

また、フィジカルとアクションカメラのフォーカスモデルを選択したり、属性を調整して独自のカスタムモデルを作成することができます。さらに、レンズアーチファクトと放射状色収差、色収差をカスタマイズすることで、希望のレベルと品質のボケ味を実現したり、デプススライスを増やしてブレンドすることでフォーカスの粒度を上げることや、ボケ属性とレンズノイズモデルを選択してハイライトを開花させることができます。

●機械学習による人間の顔のセグメンテーション

人間の顔の特徴分離のための新しいセマンティックキーヤーに、肌、目、唇、鼻、頬、顎、笑いじわのアルファマットを抽出する機能を追加されました。

合成やカラーグレーディング、化粧品の美容作業の役に立つ「Human Face Part Extraction Keyer(人型顔パーツ抽出キーヤー)」は、手作業でのトラッキングは不要で、AIが代わりに作業をしてくれます。複数の顔を持つショットでは、画面上のウィジェットを使ってAIを誘導することができます。すべてのKeyerは、GMasks in Action、タイムラインレベルのImageノードと組み合わせて洗練されたものにすることができます。

また、ほくろや傷跡の分離などの特殊なタスクには、新しいカスタムレイアウトのワークフローがあります。人の顔のテンプレートを使用して、「unwrapped」でペイントすることができ、カスタム領域を定義して、顔照合アルゴリズムによって位置をずらすことができます。

●エフェクトの強化

Flame 2021では、エクスプローラー、専用の「grade bin」、リファレンス比較エリアにカラーグレーディングやFX作業を素早く保存・呼び出しできる新しい方法が導入されました。イメージノードの選択範囲は、エクスプローラーパネルにドラッグしたり、キーボードショートカットで保存できるようになりました。また、選択したレイヤーを個別に保存して、タイムラインの下の方や別のシーケンス全体で呼び出すこともできます。

「Viewing Area(ビューイングエリア)」と呼ばれる新しいビデオプレビューモードにより、作業を大型SDIまたはHDMIプレビューモニターに簡単に共有することができます。このモードでは、ストーリーボード、マネージャー、回路図を含むすべてのアーティストビューポートが表示され、ブロードキャストモードでビューイングエリアを使用している場合、GMasks は直接操作する他のツールと同時に表示や編集をすることができます。

●Dolby Vision HDRオーサリングとディスプレイ・ワークフロー

FlameからHDRコンテンツを出力する方法は、これまでカラーマネジメントと浮動小数点処理を使用していましたが、今回の最新アップデートでは、Dolby Vision HDRのショットごとのアニメーション可能なメタデータのインポート、オーサリング、表示、エクスポートのためのシームレスなワークフローが追加されました。

Meet Flame 2021

Flame 2021.1

Autodeskは6月25日(現地時間)、Flame 2021.1 をリリースしました。

このリリースには、エクスプローラなどの新しいツールの強化が含まれており、作業の高速化と生産性の向上を可能にします。他にも、比較機能の追加、Sony RawやXOCNのメディア・フォーマットの強化、Avid非圧縮などの新しいサポート・フォーマットなどがアップデートされています。

新機能ハイライト

エクスプローラーの強化 – より多くの環境で表示

エクスプローラパネルは、タイムラインFXを保存して呼び出したり、プロジェクト内の参照スチルを取得したりするための場所で、タイムライン、コンフォームエリア、プレーヤー、拡張デスクトップなど、Flameの多くの場所で見ることができるようになりました。

カラーグレード、サイジング変換、タイムワープ、またはタイムラインFXの組み合わせは、タイムライン環境、コンフォームエリア、またはバッチ、BFXで呼び出すことができ、タイムラインのセグメントに適用したり、より複雑な合成作業の一部として使用するためにバッチのプロシージャルノードに昇格させることができます。

●エフェクトタブのカラーの改善

ドラッグ&ドロップで選択的に

保存した選択範囲を新しいショットにドラッグしたときの動作をコントロールできるようになりました。ドラッグ&ドロップ時に、次のいずれかを選択できます。

  • すべてを置き換える – 既存の選択範囲を、ドロップした選択範囲で上書きします。
  • 置換 – 選択とマッチボックスを選択 – キーシェイプとトラッキングを上書きしながら、すべてのカラーとFXを保持し、その逆も可能です。
  • 選択範囲全体を次の利用可能な ID に追加 – これにより、ショット上の既存の選択範囲はそのままにして、リコールされた作業をトップに追加します。

Multi-add グループ

ショットのグループで作業する場合、既存のグループに複数のショットを追加できるようになりました。

●モードの比較

リファレンスやコンテキストノードと比較する既存の機能をベースに、Flame 2021.1では、比較機能にユーザビリティ、ホットキーの標準化、新しいモードが追加されました。

エフェクトタブ、タイムライン、コンフォーム、バッチに新しいサイドバイサイド比較ビューが追加されました。タイムラインでスタックされた選択されたトラックを比較したり、任意のスチルリファレンスを現在の結果と並べて比較することができるようになりました。

●メディアフォーマットの強化

今回のリリースでは、以下のメディアフォーマットの強化が行われました。

  • Sony GPU Import. Raw & XOCN:今回のリリースでは、GPUアクセラレーションにより、Sony RawやXOCNカメラのオリジナルソースメディアのパフォーマンスを向上させ、リアルタイム性を飛躍的に向上させています。
  • インポート。Avid非圧縮(DNxHR)、エクスポート DNxHR .mxf:Update 1では、ロングフォーム・プロジェクトのための高品質なインターロップとして人気の高いDNxHR MXFフォーマットのAvid非圧縮読み込みにも対応しています。
  • Red SDK 7.3.1:Red SDK 7.3.1は、Flameファミリー製品v2021.1でサポートされています。
  • Pulse Audio サポート:在宅ワークの新しいニーズに対応するため、パルスシステムオーディオはリモート接続のワークフローを強化し、ALSAに代わるものとして機能します。

フレームフィードバックとその他の機能強化

クライアントからのフィードバックに合わせて、このリリースのFlameファミリ製品は、異なるFlame環境間での比較モードの動作のマッチングなど、小さな標準化オプションに焦点を当てています。また、人間工学に基づいた使いやすさを追求したホットキーも追加されています。

What’s New in Flame 2021.1


すでにFlame 2021を購入している方は、Autodesk アカウント から最新リリースをダウンロードできます。

Flame 2021のリリースノート(英語)を見る

Flame 2021の30日間の無料トライアルのダウンロードはこちら

Autodesk Flame 製品ページへ

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました