スポンサー

Cinema4Dから3DモデルをIllustratorにインポートして使用できる無料プラグイン「Cineware」がCC2020に対応

フリーコンテンツ

Maxonは、Cineware for Illustrator プラグインの最新アップデート版をリリースしたことを発表しました。

このリリースでは、ベクターグラフィックスアプリケーションAdobe Illustrator CC 2020に対応しました。新機能はないようですが、初めての掲載なので機能を紹介したいと思います。

Cineware for Illustrator

Cineware for Illustratorは、Cinema 4Dと共通の3Dエンジンが使われています。Adobe Illustarator 上でCinema 4Dファイルを開いて、3Dコンテンツを視点、ライト、テクスチャを変更して使用することができます。これにより、デザイナーは製品ラベルのデザインを視覚化、3DコンテンツをIllustratorで合成、ベクターアートを作成時に下絵や遠近法のガイドの作成が簡単にできるようになります。

【機能ハイライト】

・3D オブジェクト: Cinema 4Dシーンにある3Dオブジェクトに対して、角度、位置、表示/非表示の変更がIllustrator CC内で行えます。

・マテリアル: カラー、反射、発光、透過、バンプの調整をIllustrator CC内で行なえます。また、3Dモデルのサーフェイスに対してベクターアートを適用することもできます。

シンプルにドラッグ&ドロップするだけで、Illustratorアートワークを3Dオブジェクトに適用することができます。コンテンツにあわせて、アートワークやカメラアングル、マテリアル、オブジェクトを調整できます。

・カメラ: 設定済みのカメラの切替、シンプルなナビゲーションツールで好みのアングルに変えられます。

・ライト: ライトのオンオフやカラーの変更により、ムードを作ったり、形状を強調できます。

・統合性: ワークフローとして、自動作成されたアルファマップを選択することで背景を簡単に切り抜きできるため、3D素材を既存のベクターアートワークに合成できます。

リソース

MAXONと3Dモデルを提供しているオンラインサイトであるTurbsquidが提携し、3Dで作られたパッケージのコレクションが用意されています。フリーモデルもあるので興味のある人は確認してみてください。

TURBOSQUIDへ

Cineware for Illustratorは、macOSおよびWindows向けが用意されています。価格は無料です。

ダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました