スポンサー

画像から3D頭部モデルを生成するAIベースの3Dヘッドジェネレーター「Headshot」がリリース

プラグイン

Reallusionは、単一のソース写真からPBRテクスチャを備えた3Dヘッドを生成するツールHeadshot 1.0をリリースしました。

「Headshot」は、Character Creatorの新しいプラグインで、Character Creator 3.2の最新アップデートと同時にリリースされました。

iClone 7.7 と Character Creator 3.2がリリース!Digital Human Shader追加など
Reallusionは、リアルタイムキャラクターアニメーションソフトウェア「iClone 7.7」と3Dキャラクター作成ツール「Character Creato...

このツールは、インテリジェントテクスチャブレンディングとヘッドメッシュ作成のほかに、生成されたデジタルダブルは音声リップシンク、表情、全身アニメーション用に完全に装備されています。また、自動モードとプロモードの2つのAIモードが搭載されており、自動モードは、完全自動プロセスで追加の3Dヘアを使用して低解像度の仮想ヘッドを作成します。プロモードは、プロダクションレベルの高解像度テクスチャ処理とハイクオリティのヘッドを作成するために設計されています。

自動モード(Auto Mode)

自動モードは、画像から完全な3Dヘッドを生成します。ヘアメッシュを分離し、リアルタイムの3Dヘッドモデルを設計します。このプロセスは、画像から自動的に髪を取り除き、適切な顔の影や自然な側面の質感を提供します。この自動モードは、映画用の中解像度の群集、または3DゲームのNPCキャラクターを作成するのに適しています。

ヘアモデルの特徴
  • 画像入力に基づいて3Dヘアメッシュを生成する。
  • エッジラインを柔らかくするためのアルファマスク付きの追加のメッシュレイヤー。
  • さまざまな頭の形に適合。
  • ヘアライブラリに保存。
  • GoZを使用して、簡単にZbrushのテクスチャとシェイプを調整できます。

プロモード(Pro Mode)

プロモードは、最大4096のテクスチャ解像度で3Dヘッドを生成し、テクスチャブレンドオプションを管理して写真に合わせたメッシュ調整とテクスチャの再投影を行います。クローズアップビューを必要とする3D仮想人間に必要な高いスキャン品質の出力が得られます。

高解像度のテクスチャとシェイプオプション

高解像度のソース画像とHeadshotの1000以上のモーフを使用することで、4Kテクスチャの詳細でスキャン品質の人間の顔を取得できます。追加のテクスチャには、法線、AO、粗さ、メタリック、SSS、およびよりリアルなデジタルヒューマンレンダリング用のマイクロ法線が含まれます。

画像マッチング

高度な頭の形の改良のための参照面として画像マッチングレイヤーをオンにします。
写真から分析されたカメラレンズに基づいて、3Dモデルを画像レイヤーに自動的にロックします。
これにより、シーンカメラを写真の向きに簡単に合わせることができます。

画面上のスカルプトモーフまたはヘッドショットモーフスライダー>リンクを使用して、3Dヘッドメッシュを調整します。
レイヤーの不透明度を変更して、フォトメッシュの配置を確認します。

リプロジェクション

テクスチャの生成、レンズの修正、または顔のモーフの変更に起因するテクスチャとメッシュのアライメントの不一致を修正します。
UV再投影を適用して、新しく写真に合わせたヘッドメッシュにテクスチャを焼き付けます。
頭、耳、目、鼻、唇のプログレッシブ写真再投影ワークフローを繰り返して、完璧な画像マッチング結果を取得します。

マスキング

顔やまぶたのマスクオプションは、髪が部分的に覆われている画像や不要な影に対処するために提供されており、閉じたまぶたのテクスチャの問題を修正するのにも役立ちます。マスクをカスタムペイントして元の写真を最大限に活用したり、不足しているテクスチャを手動で埋めることができます。

モーフシステム(Morph System)

オンスクリーンスカルプトモーフデザイン

特定のモーフスライダーを検索せずに、頭の形を直接操作できます。Headshotはキャラクターの顔の輪郭と細かいディテールを簡単に調整する方法を提供し、望む外観を素早く達成できるようにします。

  • 直感的な3Dスカルプトデザインにより、コントロールエリアにカーソルを合わせ、マウスの方向をドラッグして、対応するメッシュ形状を調整できます。
  • Headshot Morph 1000+に基づくリアルな人間のモーフ範囲は、選択したパーツをスカルプト編集している間、対応するモーフスライダー名を表示します。
  • キャラクターの視点に基づいて、フロントモーフとサイドモーフを自動的に切り替えます。何よりも、正面向きの平面モーフは側面向きのモーフの深さの値に影響を与えず、その逆も同様です。

モーフ詳細の6つのレベル

頭と顔の完全な彫刻から、頭の輪郭、顔、目、鼻、口、耳などの個々の機能まで。簡単にホットキーでエリアを切り替えて、ターゲットを絞ったスピーディな絞り込みを実現します。

その他の機能

  • 対称的:ほとんどの人は非対称の顔を持っています。詳細な調整のために対称オプションを切り替えます。
  • コントロールエリアを表示:経験豊富なユーザーは、直接図形を編集するために、コントロールエリアの強調表示をオフにすることができます。
  • フォーカスエリアにズーム:スカルプトレベルを切り替えると、カメラは自動的にターゲット編集領域に焦点を合わせます。

Headshot 1.0はCharacter Creator 3.2で使用できます。 価格は199ドルですが、現在50ドル割引され 149ドルとなっています。

Headshot の詳細はこちら

体験版のダウンロードはこちらから

購入ページはこちら

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました