スポンサー

ftrackがショットレビューツールCineSyncでアカデミー/エミー賞を受賞したCospectiveを買収

ニュース

11月6日(現地時間)クラウドベースのプロジェクト管理システム会社
ftrackは、ショットレビューツールcineSyncとFrankieの開発者であるCospectiveを買収しました。

cineSyncは、映画、テレビ、視覚効果のための安全で同期されたメディアレビュープラットフォームです。アカデミー賞とプロダクションテクノロジーの功績によりエミー賞を受賞したcineSyncは、ゲームオブスローンズからアベンジャーズまであらゆるもので使用されている、世界で最も信頼されているレビューおよび承認システムです。

ftrackは2015年からCospectiveと協力関係にあり、cineSyncとftrack Studioを統合作業をしている間に、Cospectiveチームとの良好な関係を築いたとしており、今回の買収は自然な流れだったということです。

ftrackによると

この買収により、ftrackとCospectiveは、より良く、より速く、よりシンプルな創造的なワークフローを追求して、より緊密に連携できるようになります。共に、新しいテクノロジーとイノベーションを市場に投入し、ftrackエコシステムのレビュー機能を強化し、Cospectiveが過去14年間に構築した業界をリードするテクノロジーを活用します。
私たちの主な目的は、アーティスト、監督、プロデューサー、および創造的なプロジェクトを構築する他のすべての人の間の対話性を高める機能を追加することです。これは、将来取り組むすべての開発に対する当社のアプローチになります。私たちはいくつかの非常にクールなものに取り組んでいるので安心してください、そしてあなたはそれらについてすぐに聞くことができるはずです。
短期的には、この買収によりCospectiveは、サポートネットワークを介して24時間体制で24時間サポートを提供し、グローバルftrack組織のリソースを増やすことができます。長期的には、買収はCospectiveに追加のリソースを提供し、メディアレビューと承認の専門知識に明確に焦点を当てた機能とワークフローソリューションをさらに開発します。

この買収により、ftrack、cineSync、Frankieは引き続き利用可能であり、ftrackソフトウェアにバンドルとしてまとめることはないようです。また、 Cospectiveが他のプラットフォーマーと構築した統合は、引き続きサポートされ、強化されます。

Cospectiveについて

Cospectiveは、ディズニー、ワーナーブラザーズ、パラマウント、20世紀フォックス、ソニー、テクニカラー、デラックス、Netflix、HBO、MPC、フレームストアなど、映画スタジオ、テレビネットワーク、VFXハウスに欠かせない同期メディアレビューソリューションとしての地位を確立。 ILM、およびダブルネガティブ。 cineSyncのメディアレビュープラットフォームは、Game of Thrones、Inception、Interstellar、Ready Player One、The Walking Dead、Justice League、Jurassic World、Fast and Furiousフィルム、複数のBondフィルム、Marvel Cinematic Universeへのあらゆるエントリなどの注目すべきプロジェクトで使用され、重要であることが実証されています。


ftrack acquires Cospective, developer of the Academy Award-winning cineSync(ftrack.com)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました