AOUSD、USDのコア仕様とエコシステム連携のロードマップを発表

ニュース

2023年12月13日(現地時間)- OpenUSD (Universal Scene Description)の標準化、開発、進化、成長を促進するための組織であるAlliance for OpenUSD (AOUSD)は、標準化に向けたロードマップを発表しました。

Pixarによって開発されたOpenUSDは、高性能な3Dシーン記述技術であり、ツール、データ、ワークフロー間の強固な相互運用性を提供します。8月に発足したAOUSDは、国際的かつ業界横断の標準としてOpenUSDを確立し、新しいロードマップの一環として、より高い互換性と幅広い採用、統合、実装を可能にする仕様書を策定しています。

Pixar、Adobe、Apple、Autodesk、NVIDIAがUSDの標準化を促進する Alliance for OpenUSD (AOUSD) を発表
Pixar、Adobe、Apple、Autodesk、NVIDIA は、Linux Foundation の関連団体である Joint Development ...

コア仕様ロードマップを発表

アライアンスの2年間のロードマップは、3Dシーンや環境を記述するためのさまざまなデータタイプの相互運用性を実現するための国際的な業界横断の標準になるための道筋を示しています。

AOUSDのコア仕様(Core Specification)ワーキンググループは、まずOpenUSDの基盤を定め、低レベルのデータがどのように構造化され、どのように解釈されるかを規定し、ソフトウェアプラットフォームやデバイス間での移植性と相互運用性を確保します。基盤を確立することは、OpenUSDをサポートするツールやプラットフォームの開発者やユーザが、OpenUSDのデータに簡単にアクセスし、一貫して予測可能な形で作業できるようになることを意味します。

Pixarの最高技術責任者(CTO)であり、AOUSDの議長を務めるSteve May氏は次のように述べています。

「AOUSDの使命は、3Dツールとデータの相互運用性の向上を促進することであり、開発者やコンテンツ制作者(私たちPixarの全員を含む)が大規模なプロジェクトを記述、合成、シミュレーションし、3D対応の製品やサービスをこれまで以上に幅広く構築できるようにすることです。本日発表された新しいロードマップは、アライアンスの進捗状況を示すものであり、相互運用性とコラボレーションを確実にするためのマイルストーンと、今後1年間に予定されている拡張を示すものです。」

AOUSDは、コア仕様作業グループによって築かれた基礎の上にさらに反復を重ね、3Dメッシュやマテリアルのような、より高度なデータタイプのルールやガイドラインを構築することができます。アライアンスは、2025年末にコア仕様を最終承認することを目指しています。

技術的な詳細は上記の動画、またはこちらの公式のブログをご覧ください

新メンバーと協力体制を発表

AOUSDは、Cesium、Chaos、Epic Games、Foundry、Hexagon、IKEA、Lowe’s、Meta、OTOY、SideFX、Spatial、Unity の12社の新しい一般会員を迎え入れました。

また、Khronos Groupとの新たな提携関係も発表しており、アイデアやサポートの共有を通じて、コミュニティ内でのより良いサポートを促進していくとしています。

Khronos GroupとAOUSDは、高度な3Dシーンの合成とオーサリングのためのOpenUSDと、Webを含む多様なプラットフォーム上で3Dシーンの効率的な配信とロードのために広く採用されている3DアセットオープンスタンダードであるKhronosのglTFの間の整合性と相互運用性を最大化するために協力することになりました。このコラボレーションは、OpenUSDとglTFのロードマップを調整し、不必要な非互換性を回避し、2つの技術間の相互運用を可能にすることで、幅広いプラットフォームやエンジンで体験できる洗練された3Dコンテンツを生成する強固なツールパイプラインを促進します。

新メンバーのコメント

「異なるアプリケーション間のデータ移動と一般的なシーン構築の両方において、USDがVFXとアニメーションのユーザーにとってどれほど強力なものになるかは、すでに見てきました。また、それだけにとどまる必要はありません。デザインのユーザーも同じように恩恵を受けることができます。より多くの人々が日々のワークフローやプロジェクトにUSDを適用できるように、私たちは専門知識を提供し、同業者とともにこの標準の策定に貢献できることをうれしく思います。」

– Vladimir Koylazov, Head of Innovation at Chaos

「Alliance for OpenUSDへの参加は、Loweが世界クラスのオムニチャネル小売企業になるための旅において、エキサイティングな瞬間です。私たちのチームは、3Dを使った革新的なホームセンター体験を構築してきた長い歴史があり、相互運用可能な標準が未来のオープンソース3Dウェブを形作ることができると信じています。」

– Mason Sheffield, Senior Director, creative technology at Lowe’s Innovation Labs

「メタバースの主要な相互運用性を構築するには、業界全体で共通の標準、フォーマット、プロトコルに焦点を当てる必要があります。Alliance for OpenUSD (AOUSD)は、これを可能にするために必要なコラボレーションの推進を支援することができ、Metaはこの仕事に専念しています。クリエイター、開発者、企業は、3Dコンテンツのオープンスタンダードによって実現される技術や体験から恩恵を受けるでしょう。」

– Amir Frenkel, VP XR Tech at Meta

「OTOYでは、オープンスタンダードは、アーティストが複数のDCCツールやプラットフォームでワークフローを合理化するための高度なコラボレーション環境を促進すると強く信じています。OpenUSDは、業界の相互運用性を拡大するものであり、我々は、国際的に認知された標準として、その強化に貢献できることを楽しみにしています。」

– Jules Urbach, CEO, OTOY, Inc.

「OTOYでは、オープンスタンダードは、アーティストが複数のDCCツールやプラットフォームでワークフローを合理化するための高度なコラボレーション環境を促進すると強く信じています。OpenUSDは、業界の相互運用性を拡大するものであり、我々は、国際的に認知された標準として、その強化に貢献できることを楽しみにしています。」

– Calin Pacurariu, Spatial Co-Founder & CEO


Alliance for OpenUSD Unveils Roadmap for Core USD Specification and Ecosystem Collaboration

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました