KeyShot 2023.2 がリリース、Web Viewerに360ビューを導入、3Dペイントとアニメーションの強化など

CGソフト

2023年7月27日(現地時間)- Luxion は、3Dレンダリングとアニメーションソフトウェアの最新アップデート KeyShot 2023 をリリースしました。

新機能ハイライト

KeyShot Web Viewerに360ビューが導入

KeyShot Webでは、フィードバックのために誰にでも(KeyShotユーザーでなくても)リンクを送ることができます。オプションのパスワード保護機能により、作成中の作品を覗き見される心配もありません。

このリリースでは、KeyShotXRからインタラクティブな360度画像を取り出し、Web Viewerで共有できるようになりました。この機能はKeyShot Webでのみ提供されています。

3Dペイント

3D Paintが筆圧感知に対応し、タブレットの表面でペンがどれだけ強く押されているかを認識できるようになりました。デザイン上の線やテクスチャを、より自然に細くしたり、薄くしたりできます。

筆圧感知は、3D Paintの設定で、サイズ、不透明度、フローの次に有効にできます。(注意: 筆圧感知は、筆圧感知タブレットでのみ使用できます)

アニメーション

新しいモーションブラーが追加されました。新しいシャッタースピードのスライダを使って、アニメーションに完璧なぼかしを加えることができます。

また、KeyShot 2023.2では、よりスムーズなカメラキーフレームソリューションが提供され、より予測しやすく、使いやすくなりました。新しいキーフレームアニメーションの仕組みについては、こちらをご覧ください。

その他

  • CMF出力: 用紙サイズ、フォントの一貫性、テーブルレイアウトオプションの改善など、CMF出力のカスタマイズオプションが増えました。
  • アセットリストの整理: 複雑なシーンの場合、アセットをより簡単にナビゲートして見つけることができるようになりました。リスト内で必要な数のアイテムを選択し、ドラッグ&ドロップで順序を変更できます。 アセットリストは、カメラ、環境、イメージスタイル、レンダーレイヤー、スタジオ、サブマテリアルで使用できます。
  • GPUとCPUのパリティ: どのようなレンダリング手法を使用しても、マテリアルは常に同じように表示さ れるようになりました。KeyShot 2023.2の改善により、CPUとGPU間、プロダクトモードとインテリアモード間の視覚的な差異が可能な限り小さくなります。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

KeyShot 2023は、Windows10または11、Windows Server 2019以降、macOS 11.7 Big Sur 以降で利用できます。より詳しいシステム要件はこちらから

現時点での価格は、KeyShotProサブスクリプションが168,8764.00円/年 (1,188ドル/年)となっています。その他すべてライセンスオプションの最新価格の確認はこちらから

KeyShot Proの試用版のダウンロードはこちらから

KeyShot ウェブサイトへ


YOUR UPGRADE IS READY: CHECK OUT THE NEWEST KEYSHOT IMPROVEMENTS AND FEATURE UPDATES

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました