Adobe Firefly のベータ版に新しくベクターリカラーツールが追加

CGソフト

2023年4月20日(現地時間) – Adobe は、先月発表した Adobe Firefly ベータ版に追加した新しいベクターリカラーツールを発表しました。

ベクターリカラー(Vector recoloring)

Vector recoloringは、ベクターベースの描画ツール Illustrator の新しい生成AIツールで、以下のことが可能です。

  • 詳細なテキストを入力すると、数秒で色とカラーパレットのバリエーションが生成されます。
  • ドロップダウンメニューを使って、クリエイティブなニーズに合ったさまざまなベクタースタイルを生成できます
  • ビジョンを実現するカラーオプションを瞬時に生成することで、クリエイティブな支援とインスピレーションを得ることができます。

ピクセルアートに代わる線ベースのベクターアートは、異なる解像度に対応するウェブサイトデザイン、ビルボードや車両ラッピングなど印刷ページより大きなレイアウトに適したアートワーク、SVGアセットアニメーションを簡単に利用できるモーショングラフィックスなど、さまざまな用途に使用することができます。

Fireflyの新しいベクターツールは、クリエイティブな機能を拡張し、時間のかかる作業をスピードアップさせます。異なるフォーマットのカラーバリエーションを素早く生成したり、UIインターフェースのダークモードとライトモード用のベクターバリエーションを作成したりすることが可能です。

また、クライアントや顧客からのフィードバックに基づくアートワークの再カラーリング、ブランド要件の遵守、ソーシャルメディアグラフィックの作成、企業ロゴの開発、ポスターデザインの作成、Adobe Photoshopでの合成なども、これらのツールを使って素早く行うことができます。これらの作業は数分から数秒しかかからず、時間とコストを大幅に削減することができるとのことです。

ベータ版への参加

ベータ版への参加はこちらから

生成AIベクター機能は、Adobe Illustratorに統合されて使用できるようになる予定です。


Introducing Vector Recoloring with Adobe Firefly

Adobe Illustrator ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました