Substance 3D Sampler 4.0 がリリース!3Dキャプチャー機能が実装

CGソフト

2023年1月31日(現地時間) – Adobe は、マテリアルオーサリングソフトウェアの最新アップデートSubstance 3D Sampler 4.0 をリリースしました。このバージョンのコードネームは ”Banana” となっています。

新機能ハイライト

このリリースでは、実世界の画像を使用して、自動的な被写体マスキング、テクスチャマッピング、ジオメトリデシメーションを行い、3Dオブジェクトを作成することができるようになりました。また、Python API のUXの改善も行われています。

3Dキャプチャー

Substance 3D Sampler 4.0では、画像から3Dオブジェクトを作成することができるようになりました。これは、フォトグラメトリー(photogrammetry という画像から計測を行う技術的なプロセスを使用したもので、スマートフォンやDLSRカメラなど、オブジェクトの可視面を捉えた写真があれば、すぐに作成できます。現在、以下のような機能を備えています。

オートマスキング

3Dキャプチャしたいオブジェクトの背景を削除することができます。マスクタブで画像をインポートした後、オブジェクトの自動生成されたマスクが作成されます。マスクの使用には多くの利点があり、特徴を検出し、マスクされていない領域のみを再構築することができます。

再構築領域を定義

関心領域(Region of interest)を切り替えると、画像の位置合わせの後にバウンディングボックスが表示されます。再構成する正確な領域を設定し、位置調整することができます。

連動したポスト処理

3Dオブジェクトの再構築が完了したら、自動デシメーション、UVアンラップ、ベイク処理で結果を最適化できます。このポストプロセスにより、メッシュやテクスチャをニーズや使用方法に合わせて最適化することが可能です。

ポストプロセッシングステップは、4つのステップを自動的に連鎖させます。

  • デシメーション(Decimation)
  • UV展開(UV unwrap)
  • リプロジェクション(Reprojection)
  • ベイク(Baking)

3Dキャプチャー機能使用方法、システム要件などより詳しい情報はこちらから

また、一連の使用方法を学べるチュートリアル動画が公開されています。

ビューポート

2Dおよび3Dのビューポートは、サイズ変更、入れ替え、垂直方向のスタックが可能になっています。

スクリプティング

エクスポート機能が4つに分割されました。

  • マテリアルのエクスポート:export_material
  • 環境ライトのエクスポート:export_environment_light
  • テクスチャを含む、または含まないメッシュのエクスポート:export_meshまたはexport_3d_object

特定の用途でテクスチャをインポートするための新しい関数が追加:import_textures

Samplerは起動時にスクリプトとプラグインを2つの環境変数で定義されたパスにロードするようになりました。

  • SAMPLER_PLUGIN_PATH
  • SAMPLER_SCRIPT_PATH

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Substance 3D Sampler 4.0は、Windows 10 (64bit, version 1909)以降、Mac OS  11 (Big Sur)、Linux CentOS 7.0、Ubuntu 20.04 LTS (Steam only)で利用できます。

より詳しいシステム要件はこちらから

Substance 3D Sampler は、Adobe Substance 3D アプリのサブスクリプションプランに含まれています。

・Adobe Substance 3D Texturing プランには、Painter、Designer、Samplerアプリと、月に最大30の3​​Dアセット(マテリアルのみ)が含まれ、価格は2,398 /月(税込)です。

・Adobe Substance 3D Collectionプランには、Modeler、Painter、Designer、Sampler、Stagerアプリと、1か月あたり最大50の3Dアセット(マテリアル、モデル、およびライト)が含まれ、6,028円/月(税込)です。

・チーム向けAdobe Substance 3D Collectionプランには、4つのアプリ、100の3Dアセット、1TBのストレージ、と簡単なライセンス管理が含まれ、12,188円/月(税込)となります。

価格ページへ

また、Steam で2023年末まで無料アップデートが可能なModelerPainterDesignerSamplerStagerの永久ライセンスの購入が可能です。(Substance 3D アセットプラットフォーム(以前の Substance Source)へのアクセス権限は含まれていません。)価格はそれぞれ16,500円です。2022の所有者は、期間限定でロイヤルティ割引が受けられます。期限は、Painterが2023年2月7日まで、Designer、Sampler、Stagerは、2023年2月15日までです。


Substance 3D Sampler ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました