[〆切2022年12月14日] CGBoost 3D Art Challenge:Science Lab

チャレンジ

CGBoost 3D Art Challenge:Science Lab の 紹介です。

チャレンジ概要

“Science Lab” 3Dアートチャレンジへようこそ!

このチャレンジは、自分のスキルを向上させたい、楽しみたい、そして素晴らしい賞品を獲得するチャンスを得たい、すべての3Dアーティストのためのものです。

3Dアート初心者のための「Training Arena」か、競い合う「Pro Arena」に参加することができます。

Good luck everyone!

スケジュール

応募期間は2022年12月14日 16:00 CEST までです。

日本時間では2022年12月14日 23:00 JST までとなります。

優勝者は1週間後の11月21日に発表される予定です。

部門について

チャレンジには、次の2つの部門からひとつを選んで参加してください。

初心者
Training Arena

トレーニングアリーナは、すべてのビギナー3Dアーティストのためのものです。これは、プレッシャーなしにあなたの3Dスキルを練習し、我々のコミュニティで貴重なフィードバックを得ることができる保存場所です。

また、勝者ページでハイライトされ、チャレンジくじで賞品を獲得するチャンスもあります。

中級者
Pro Arena

プロアリーナは、互いに競争したいすべての上級3Dアーティストのためのものです。ここでは、3Dスキルをテストし、向上させ、あなたが得たものを世界に示すことができます。

チャンピオンになると、素晴らしい賞品を獲得し、殿堂入りを果たすことができます。

説明

Science Lab – 知は力なりというが本当なら、権力の真の本拠地は宮殿ではなく、科学実験室かもしれません。ここからどんな偉大な技術革新が生まれたことでしょう。医学の進歩、新しい合成物質の開発など、すべての人のためになるものが生まれていますが、そこには負の側面もあります。マッドサイエンティストは、間違いなく彼の研究室では良くないものを作っています。さて、あなたは研究室で何を見つけるのでしょうか?人類救済の鍵か?それとも、人類を破滅に導く道具か?

ルール

応募される方は、以下のルールをよくお読みになり、遵守してください。

Training Arena

  • 応募作品はテーマに沿っている必要があります。
  • 応募は1作品に限らせていただきます。
  • 新規かつオリジナルの作品であること
  • 一人で制作された作品であること(グループでの応募は不可)
  • 3Dレンダリング画像であること(アニメーションは不可)
  • トレーニング分野では、基本的な3Dツール(Blender、Cinema4D、3ds Maxなど)+画像エディタ(Photoshop、Gimp、Affinity Photoなど)+無料のアドオンのみを使用することができ、その他の有料ツールやアドオンの使用は認められません。
  • このカテゴリの主な目的は、3Dのスキルを練習することなので、サードパーティのアセットを最小限に使用することが推奨されます。
  • テクスチャやマテリアルライブラリは無制限に使用できます。
  • 他のアーティストの既存のコンセプトアートをベースにしている場合は、そのアーティストの許可を得て、作品を提出する際にその旨を明記する必要があります。
  • ポスト処理でレンダリングを拡張することは可能ですが、ペイントオーバーやフォトバッシングを行うことだけは禁止です。
  • 憎悪、人種差別、性差別、その他の差別的な要因のイメージや描写は、さらにその文脈や視覚的な物語に基づいて判断されます。明らかに有害な議題を促進または理想化している場合、その作品は失格となります。

Pro Arena

  • 応募作品はテーマに沿っている必要があります。
  • 提出できる作品は1つだけです
  • 新規かつオリジナルの作品であること
  • 3Dレンダリング画像であること(アニメーションは不可)
  • 有料ツール、アドオン、アセットなどの使用に制限はありません(手元にある最高の武器を選択してください)
  • 他のアーティストの既存のコンセプトアートをベースにしている場合は、そのアーティストの許可を得て、作品を提出する際にその旨を明記する必要があります。
  • ポスト処理でレンダリングを拡張することは可能ですが、ペイントオーバーやフォトバッシングを行うことだけは禁止です。
  • 憎悪、人種差別、性差別、その他の差別的な要因のイメージや描写は、さらにその文脈や視覚的な物語に基づいて判断されます。明らかに有害な議題を促進または理想化している場合、その作品は失格となります。

提出物

エントリを送信する前に、次のすべての成果物を満たしていることを確認してください。

  • レンダリングは、少なくとも最長辺が1920ピクセルである必要があります。
  • 画像サイズは5MB以下で、*.jpg形式であること。
  • 必要に応じて、小さな透かしを追加できます(小さく、グレースケールで、わずかに透明で、画像の左下または右下に配置する必要があります。)
  • 3Dシーンのクレイレンダリングまたはスクリーンショットを、最終レンダリング画像と一緒に提出してください。

審査基準

エントリーは次の3つの基準に従って審査されます。

  • ビジュアル的なアピール
  • ストーリーテリング
  • 技術

Training Arenaでは、勝者を選びませんが、最も気に入った提出物をいくつか選びます。これらは勝者のページでハイライト表示されます。

上記の3つの審査基準をすべて満たす必要はありません。優れたビジュアルと技術力を持ちながら、優れたストーリーがない場合もありますし、優れたストーリーテリングを持ちながら、ビジュアルが不足している場合もあります。しかし、すべての審査基準を満たせば満たすほど、注目されるチャンスは大きくなります。

ハイライト、受賞者は、すべての審査員との個人的な話し合いで選ばれます。

賞品

Training Arena

トレーニングアリーナでは、教育用品の賞品プールを用意し、このカテゴリーの参加者全員の中から抽選でプレゼントします。抽選は一人一回となります。

賞品を詳しく見る

Pro Arena

プロアリーナでは、3Dアセットと無料レンダリングクレジットが賞品として用意されており、以下のようにすべての受賞者と佳作に分配されます。

  • 1位は、Pro Arena賞のうち3つを選択することができます。
  • 2位は、残りのPro Arena賞のうち3つを選択できます。
  • 3位の方は、残りのPro Arena賞の中から2つを選択できます。

賞品を詳しく見る


チャレンジウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました