スポンサー

Adobe、動画制作のためのレビュー・コラボレーションプラットフォーム Frame.io を買収

ニュース

2021年8月19日(現地時間)Adobeは、クラウドビデオコラボレーションプラットフォーム業界リードするFrame.io買収する正式契約締結したことを発表しました。

Frame.ioとは

2015年3月にEmery Wells氏とJohn Traver氏によってニューヨークにあるポストプロダクション会社の中で立ち上げられたFrame.ioは、現在、メディア&エンターテインメント企業、広告代理店、グローバル企業を含む100万人以上のユーザーを擁しています。

Frame.ioは、映像アップロード、アクセス、関係者間のリアルタイムコラボレーション安全かつアクセスしやすい環境でおこなうことを可能にし、これまでの映像コラボレーションワークフロー非効率性解消します。

動画のプロデューサーやエディターは、Webベースのプラットフォームを介して、世界のどこにいても、チーム全体でメディアを非公開でアップロード、レビュー、共有、リアルタイムでクリップにコメントしたり、クリップの異なるバージョンや編集を比較したりすることができます。

AdobeがFrame.ioを買収

この買収は、一般的取得価格調整を勘案して12億7,500万ドル評価され、許認可取得一般的締結条件充足前提としてアドビ2021会計年度第4四半期完了する予定です。買収完了まで両社引き続き独立して事業運営するとのことです。

買収完了後、Frame.io共同創業者CEOのEmery Wells氏共同創業者John Traver氏Adobe入社し、Emery Wells氏は、Adobe Creative Cloudのチーフプロダクトオフィサー (CPO) 兼エグゼクティブバイスプレジデントであるScott Belsky氏直属の上司として引き続きFrame.ioチーム率います。

Scott Belsky氏は、今回の買収について次のように述べています。

「私たちは、緊密なコラボレーション実現”による『つながる』クリエイティビティ新時代迎えています。そこで私たち想定しているのは、誰もがクリエイティブプロセス参加できる世界です。今回買収よって、ユーザー第一に考える素晴らしいチームが仲間に加わったことを嬉しく思います。Frame.ioクラウドネイティブワークフロー機能が加わることで、私たちクリエイティブプロセスより協調的、生産的、効率的にし、すべて人の創造性さらに引き出すことができるしょう」

この買収によって、現時点でFrame.io製品に変化はありませんが、Adobeによると次のような計画があるようです。

  • Adobe Creative Cloudライブラリ、クラウドドキュメント、Adobe XD構築したデザインシステム、Adobe Stock、Adobe Fontsなどに代表されるクリエイティブコラボレーションためのイノベーティブ最新技術拡張し、これらAdobe Creative Cloud共同編集機能ビデオにも適用
  • Frame.ioアドビ連携により、ビデオ編集者、プロデューサー、マーケターなどAdobe Creative Cloudユーザーは、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe PhotoshopなどのAdobe Creative Cloudアプリケーションネイティブ組み込まれたFrame.ioワークフロー機能を活用して、ビデオプロジェクト制作おけるシームレスコラボレーション可能

また、Final Cut Pro、DaVinci Resolve、AVID Media Composerなど、サードパーティアプリケーションサポートは引き続き継続されるとのことです。


アドビ、Frame.ioを買収

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました