スポンサー

HTC、2つの新しいVRヘッドセットVIVE Pro 2、VIVE Focus 3を発表

PC関連

2021年5月11日(現地時間)HTC VIVEは、HTCのグローバルVRカンファレンスであるVIVECON 2021で2つの新しいVRヘッドセットVIVE Pro 2とVIVE Focus 3を発表しました。また同時に、あらゆる規模の企業がVRを最大限に活用できるようにサポートする包括的なツール群「VIVE Business」が発表されています。

HTCの会長兼CEOであるCher Wang氏は今回の発表について次のように述べています。

「本日の発表は、最高の没入型体験を創造するという私たちの戦略の大きな節目となります。私たちは、有名なグローバル企業から中小企業やプロのユーザーまで、お客様の声に耳を傾け、お客様が直面する課題に対応するために、このプレミアムヘッドセットをゼロから設計し、導入を可能な限りスムーズかつ効果的にするために、専門的なソフトウェア、プラットフォーム、サービスを追加。私たちのミッションに沿って、最新のテクノロジーとお客様のニーズや願望を組み合わせ、お客様が想像力を発揮して人々の生活を改善し、ビジネスや社会の問題を解決できるようにしました。」

「さらに、初のグローバルイベントであるVIVECONでこの朗報を伝えられることを嬉しく思います。この1年でバーチャルワールドが主流になり、世界中の人々が家にいながらにして参加できるようになったことを明確に示しています。この新しい常識の中で、VIVEは人々の距離を縮め、より持続可能な世界を作るために、より大きな役割を果たしています」

VIVE Pro 2

VIVE Pro 2は、PC VRの限界を押し広げ、素晴らしいゲーム、創作、体験を実現します。VIVE Pro 2には、以下の特徴があります。

VIVE Pro 2 の特徴

■片目で2.5Kの解像度を実現するディスプレイ

VIVE Pro 2 に搭載されている5K解像度のディスプレイは、片目で2.5Kの解像度を実現し、美しく滑らかな120Hzのリフレッシュレート、本物のRGBサブピクセルを使用した高速スイッチングパネルと相まって、クリスタルクリアで非常に滑らかなアニメーションを実現します。さらに、独自のデュアルスタックレンズデザインにより、視野角が120度に拡大しています。

これらの進歩により、動きのブレが最小限に抑えられ、「スクリーンドア効果」がほとんどなくなり、より自然で没入感のある体験ができるようになっています。

■Display Stream Compressionを採用

また、HTC VIVEは、NVIDIAとAMDとの緊密な連携により、VRヘッドセットとしては初めて「Display Stream Compression」を採用しました。ディスプレイ・ストリーム・コンプレッション」は、最高の映像品質を保証するとともに、DisplayPort 1.2との下位互換性を備えているため、「VIVE Pro」をサポートしていたグラフィックカードでも「VIVE Pro 2」ではその恩恵を受けることができます。

■その他の特徴

  • VIVE Pro 2は、微調整可能な瞳孔間距離(IPD)、均等に配置された重量バランス、調整可能なヘッドストラップ、そして素早く調整可能なサイズ調整ダイヤルを備えています。
  • ハイレゾ音源認定ヘッドフォンで3Dの空間音響を実現し、サードパーティ製のヘッドフォンにも対応しています。
  • あらゆる世代のVIVEトラッカー、新しいVIVEフェイシャルトラッカーなど、VIVE SteamVRエコシステムのすべてのアクセサリーは、VIVE Pro 2で動作します。VIVE Pro 2は、ベースステーション1.0やベースステーション2.0、VIVEワイヤレスアダプター、VIVEコントローラー、Valve社のIndex社の「knuckle」コントローラーのようなコントローラーやグローブなど、既存のSteamVRのセットアップに組み込むことができます。

価格と発売日

既存のシステムからのアップグレード用VIVE Pro 2 HMD単体のみの予約注文は)VIVEオフィシャルECサイトでは日本時間5月12日の午前10時から、VIVE正規販売店では、5/19(水)からです。VIVE Pro 2 HMD単体の販売は6月下旬、Base Station 2.0とVIVEコントローラーを含むVIVE Pro 2 フルセットは8月頃の予定です。

VIVE Pro 2 HMD単体の希望小売価格は、103,400円(税込)、VIVE Pro 2フルセットは178,990円(税込)となります。

ちなみに、VIVE Pro 2ヘッドセットの海外価格は659ポンド/749ドル/739ユーロ。ベースステーション2.0とVIVEコントローラーがセットになったフルキットのVIVE Pro 2は、8月より1299ポンド/1399ドル/1399ユーロで発売されます。

VIVE Pro 2 と VIVE Proの比較

 VIVE Pro2VIVE Pro
スクリーンデュアル RGB 低残光性 LCDデュアルAMOLED 3.5インチ
(対角)
解像度片眼 2448 × 2448 ピクセル
(両眼 4896 x 2448 ピクセル)
片目1440 x 1600ピクセル
(両眼2880 x 1600ピクセル)
リフレッシュレート90/120 Hz90 Hz
視野角最高 120°110°
オーディオHi-Res 認証済みヘッドセット
(USB-C アナログシグナル)

Hi-Res 認証済みヘッドセット
(取り外し可能)

高インピーダンスヘッドフォン
(USB-C アナログシグナル)
Hi-Resヘッドセット
Hi-Resヘッドフォン
(取り外し可能)
高インピーダンスヘッドフォン
入力内蔵デュアルマイク内蔵マイク
接続Bluetooth
周辺機器用USB-Cポート
Bluetooth
周辺機器用USB-Cポート
センサーSteamVRトラッキング
G-sensor
ジャイロスコープ
近接センサー
IPDセンサー
SteamVRトラッキング
G-sensor
ジャイロスコープ
近接センサー
IPDセンサー
人間工学レンズ距離調整付きアイレリーフ
調整可能なIPD
調整可能なヘッドフォン
調整可能なヘッドストラップ
レンズ距離調整による瞳距離調整
瞳孔間調整(IPD)
調整可能なヘッドフォン
調整可能なヘッドストラップ

VIVE Pro 2の詳細はこちらから

VIVE Focus 3

新しいオールインワンタイプのVIVE Focus 3は、優れたビジュアルと、よりスマートな人間工学に基づいたデザイン、優れたオーディオ、次のレベルのインサイドアウトトラッキングとコントローラーを搭載したビジネスVRの究極のソリューションです。

VIVE Focus 3 には以下の特徴があります。

VIVE Focus 3の特徴

■パフォーマンスの向上

VIVE Focus 3は、プレミアム品質のQualcomm® Snapdragon™ XR2プラットフォームを搭載しており、Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile XR Platformを搭載したオリジナルモデルVIVE Focusと比較して、CPUとGPUのパフォーマンスが2倍、AI処理が11倍と驚異的なパフォーマンスの向上を実現しています。

■5K解像度ディスプレイ

デュアル2.5K解像度を備えた5K解像度ディスプレイ、スムーズな90Hzのリフレッシュレート、120°の超広視野角を備えており、卓越した没入感を実現します。ファストスイッチングディスプレイパネルは、リアルRGBサブピクセルを使用し、スクリーンドアの影響を実質的に排除します。新しいビジュアルは、テキスト文字や全体的な忠実度など、細部が劇的に明細になり、ソフトウェアの設計とユーザーの操作がより自然に表現できます。

■新しいオープンバックスピーカー

VIVE Focus 3には、デュアルドライバーをペアで備えた新しいオープンバックスピーカーが搭載されており、没入型でリアルなオーディオを提供します。接触がないため、ユーザーはVRに没頭しながらも、まわりの音や声に注意を払うことができます。 VR会議などでは、安心のために特別なオーディオプライバシー設定により、近くの人が鳴っている音を聞くリスクが大幅に軽減されるようになっています。

■AIを利用したトラッキング

VIVE Focus 3は、AIを利用したインサイドアウト方式のトラッキングアルゴリズムを使用して正確なトラッキングを行います。すべてのトラッキングデータが暗号化された形式でヘッドセットに保存されるため、プライバシーの観点にも注力してます。

■その他の特徴

  • 新しいストラップデザイン、バランスの取れた重量配分、および交換可能なインテリジェントに設計されたカーブバッテリーパックにより、優れた快適性を提供。
  • バッテリーパックは数秒で交換できるため、ノンストップでプレイし続けることができます。急速充電では、わずか30分の充電で50%のバッテリー充電を可能にし、LEDインジケーターで残りの電力量を確認できます。
  • 耐久性と軽量性を備えたVIVE Focus 3のマグネシウム合金フレームは、従来のプラスチックよりも20%軽量で、500%強力です。
  • 広範囲で微調整可能な瞳孔間距離 (IPD) 範囲に加えて、クイックリリースボタンや、簡単に取り外し可能なマグネティックなフロント及びリアガスケットを備えているため、特にさまざまな多くのユーザーにご利用して頂くようなシーンでは、交換や清掃がすばやく簡単に行え、非常に清潔で便利です。
  • 再設計されたコントローラーは、簡単で直感的に使用できます。市場で最も軽量な6DoFコントローラーの1つで、1回の充電で15時間持続します。ハンドトラッキングのサポートは、将来リリースされる予定です。
  • VIVE Focus 3は、特別に最適化されたQualcomm Snapdragon XR2プラットフォームで動作しており、銅製のヒートパイプと冷却ファンを組み合わせているため、長時間使用しているような状態でも冷却することによりパフォーマンスを維持します。

価格と発売日

VIVE Reality System 2.0を搭載した、VIVE Focus 3は、2021年6月下旬に発売予定。VIVE Focus 3の希望小売価格は、130,900円(税込)となります。予約販売は6月11日(金)VIVEオフィシャルECサイト及びVIVE正規販売店で開始されます。

海外価格は、1060ポンド/1300ドル/1180ユーロです。(24か月間のVIVEビジネス保証とサービスを含む、付加価値税別)

VIVE Focus 3 の詳細はこちらから

VIVE Business

VIVE Businessは、ソフトウェアとサービスのパーフェクトソリューションであり、XRを最大限に活用しようとしている企業のニーズをサポートします。組織の規模に関係なく、VIVE Businessはスケーラブルで安全であるため、導入、メンテナンス、リモートサポート、トレーニングなどのニーズに応えます。

VIVE Businessデバイスマネジメントシステム

VIVE Business Device Management Systemは、シンプルで直感的なMDMであり、ISO認証を取得しているため、IT部門はネットワーク上の各VIVE Focus 3の状態を迅速かつ容易に把握し、新しいビジネスアプリのリモートインストールやソフトウェアのアップデートなどを行うことができます。

VIVE Focus 3は、Android Enterprise MDMと連動するように設計されているので、すでに稼働している既存のMDMソリューションに組み込むことも可能です。

VIVE Business AppStore

VIVE Business AppStoreは、消費者向けのVIVEPORTストアの成功を受けて、トレーニング、コミュニケーション、ビジュアライゼーションなどの多様な分野をカバーするアプリやツールを厳選して提供しています。このストアには、トレーニング、コミュニケーション、ビジュアライゼーションなど、さまざまな分野のアプリやツールが集められています。アプリの選択は簡単で、特定のニーズに合わせて制作者と連絡を取ることもできます。

VIVE Businessトレーニング

VIVE Business Trainingは、あらゆる規模のトレーニングセッションをサポートするのに最適です。研修リーダーは、Androidデバイスを介して各研修生の進捗状況を確認し、次に必要なステップを強調して、数百人規模のクラスでも、研修生に語りかけることができます。

VIVE Businessストリーミング

VIVE Business Streamingは、VIVE Focus 3とPCをケーブルで接続して使用しますが、将来的には完全なワイヤレスストリーミングにも対応する予定です。

VIVE Businessは、今後も新しいツールや機能が追加され、継続的にアップデートされる強力なビジネスソリューション群とのことです。


HTC VIVE ウェブサイトへ

HTC VIVE TAKES BUSINESS TO THE NEXT LEVEL WITH TWO NEW VR HEADSETS AND A DEDICATED SUITE OF PROFESSIONAL TOOLS

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました