スポンサー

2021年2月のNVIDIA Studio Driverがリリース、V-Ray、Redshift、Autodesk Arnoldのサポート強化など

CGソフト

Nvidiaは、2021年2月25日(現地時間)2月のNVIDIA Studio Driverをリリースしました。今回はいくつかのレンダラー向けのサポート強化が行われています。

2月のNVIDIA Studio Driver アップデート

2月のStudioドライバは、Blender、V-Ray、Redshift、Autodesk Arnoldの4つのトップレンダラの機能強化をサポートしています。NVIDIA DLSSは、より多くの創造的なアプリケーションに対応し、さらに、新しいGeForce RTX 30シリーズStudioノートパソコンと、新しいクリエイター対応のGeForce RTX 3060デスクトップGPUが市場に登場しました。

Blender

Blender 2.92 のCyclesでは、GPUアクセラレーションされたNanoVBDのサポートが新たに追加されています。これにより、Blenderのユーザーは、煙、火、雲、塵などのレンダリングボリュームのより豊かなインタラクティブ性を体験することができるようになりました。

さらに、NVIDIA OptiX はハイブリッドレンダリングをサポートするようになったので、システムで利用可能なすべてのGPUとCPUを使用することができ、システムリソースを最大限に利用できるようになりました。また、OptiXがアクティブなときにベイクが可能になっています。

最後に、NVIDIA GPUは、GPUがタスクを完了すると、CPUがレンダリングしているモデルのセクションのレンダリングに自動的に貢献するようになりました。これはタイルステーリング( tile stealing)と呼ばれるプロセスで、ハイブリッドレンダリングのパフォーマンスをさらに向上させます。

V-Ray

V-Ray では、レンダリング効率を大幅に向上させるライトキャッシュがGPUアクセラレーションされ、ピクセルのレンダリング開始速度が高速化されました。
アウトオブコアレンダリングは、ジオメトリのためにGPUメモリを超えた場合にシステムメモリを使用するため、アーティストはより大きなシーンでの作業を可能にします。この機能は現在、V-RayのすべてのGPU機能をサポートしており、あらゆるシーンで使用できるようになっています。

さらに、アーティストはパーティクルシミュレーションのための人気の高い3ds MaxプラグインであるtyFlowを使用してレンダリングできるようになり、V-Ray GPUのスピードが利用できます。

Redshift

RedshiftのNVIDIA RTXレイトレーシングは、OptiX 7.2で完全にサポートされ、パフォーマンスがさらに向上しました。

OSLシェーダのサポートにより、Redshiftユーザーは、独自のシェーダを書いたり、レンダリングコミュニティのOSLシェーダを利用したりすることができます。

アップグレードされたヘアシェーダは、よりリアルなライティングを生成すると同時に、アーティストに優しいコントロールと、リアルさを高めるクールな組み込みのバリエーション機能を提供します。

また、RedshiftはNVLINKのサポートをしており、非常に大きなモデルを持つプロジェクトでは、複数のGPUのVRAMを共有して大規模なシーンをレンダリングすることができます。

Arnold

Autodesk Arnold ではタイルレンダリングにアクセスできるようになり、GPUメモリが限られているクリエイターでもアセットをより速くレンダリングできるようになりました。

DLSSがリアルタイムコンテンツ制作でフォトリアリスティックなビジュアルを実現

DLSSは、AIを使用して低解像度でレンダリングされた画像を高解像度に変換します。これは、Tensor Coresと呼ばれる専用のAIプロセッサを使用して、RTX GPU上でリアルタイムに動作します。
このツールは、コンテンツ制作者、特にバーチャル制作や建築物のビジュアライゼーションのような計算量の多い複雑な作業においても役に立つもので、現在、アーキテクチャから製品設計、仮想プロダクションまで、十数種類のクリエイティブなアプリケーションに統合されています。以下の動画では、DLSS を活用して、品質を犠牲にすることなく、レンダリングを最大2倍まで高速化することが可能であったということです。

最新の DLSS ブログへ

GTC 2021が間近

NVIDIA GTCは、アイデアに火をつけ、新たなスキルを身につけ、新たなつながりを築きたいと考えている聡明で創造的な頭脳が一堂に会するオールデジタルイベントです。

このオンラインイベントは、2021年4月12日からNVIDIAのCEO兼創業者であるJensen Huang氏の基調講演で幕を開け、同月16日まで開催されます。

登録は無料で、すべてのライブセッション、インタラクティブパネル、デモ、研究ポスターなどにアクセスすることができます。

詳細は www.nvidia.com/gtc.をご覧ください。

ダウンロード

2021年2月のNvidia Studioドライバ(リリース461.72)は GeForce Experienceか、ドライバのダウンロードページからダウンロードすることができます。


February NVIDIA Studio Driver Brings Enhanced Support For Blender, V-Ray, Redshift And Autodesk Arnold

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました