スポンサー

ThinkingParticles Subscription Drop 10 がリリース、finalRenderが無料で付属

プラグイン

1月29日(現地時間)、Cebas Visual Technology Inc.は、3dsMax用シミュレーションプラグインの最新アップデートthinkingParticles Subscription Drop 10(6.10)をリリースしました。

新機能ハイライト

thinkingParticles Subscription Drop 10では、多くのバグ修正、ワークフローの強化、新機能、OpenVDB PointDataGridsのような機能が追加されています。

また、このリリースからthinkingParticles 6.10の各ライセンスに、finalRenderの商用ライセンス(294ドル)が含まれるようになりました。

finalRenderは、ユーザーが3ds MaxでNanoVDB GPUとCPUレンダリングをフルに活用できるようにする初のVFXレンダリング専用ソリューションです。

これにより、ThinkingParticlesはNanoVDBをベースとしたGPUとCPU加速ハードウェアレンダリングを使用して、ほぼ無制限にポイントをレンダリングすることが可能になりました。この新しいGPUとCPUベースのポイントレンダリングモードは非常に効率的で、適切なシャドウキャストとイルミネーションで何億点ものポイントをレンダリングすることができます。

DirectVolumeRendering SDK

thinkingParticlesは、3ds Maxの最大の欠点の1つであるボリュームエフェクトのレンダリングが可能です。Subscription Drop 10 では、独自の高度に最適化された DirectVolumeRendering SDK (DVR SDK) を提供しており、サードパーティのレンダラーが thinkingParticles の高度なビジュアル エフェクト パイプラインに直接接続して、その出力を直接レンダリングすることができます。
この機能は、レンダリングソフトウェア開発者を対象としており、アーティスト向けではありませんが、長期的には、3ds Maxのエコシステム全体とビジュアルエフェクトに恩恵があります。このSDKを使用した最初のレンダリング製品はfinalRenderであり、3ds MaxでOpenVDB Visual Effectsの可能性を最大限に引き出すのに役立ちます。

OpenVDB 7.2

thinkingParticlesのこのリリースでは、OpenVDBがアップデートされました。マルチスレッドは全体的に強化されており、多くのバグフィックスや一般的なワークフローとパフォーマンスの強化も行われています。

OpenVDB ノード

このノードは、thinkingParticlesと3ds Maxの新しい連続ボリュームデータワークフローをサポートするため、機能が強化されました。新しいPointDataGridタイプとfRVolumeVDBマテリアルを追加するオプションが追加され、thinkingParticles内で完全に透過的で連続的なボリュームデータワークフローが可能になっています。

OpenVDB Voxel Boundary(ボクセル境界)

Standard FlowBoundaryで、より強固な衝突境界タイプ Voxel を提供するようになりました。これにより、高速で流れる流体シミュレーションや、流体が移動する容器内にある場合に、よりロバストで安定したソリューションを提供します。

Smoke Solver(スモークソルバー)

スモークソルバーは大幅にオーバーホールされ、一から書き直されました。これにより、より予測可能で安定した方法でヒュームとダストの渦巻きを作成できるようになりました。

CombineVDB

この新しいノードは、オリジナルのUBooleanノードの強化版であり、存在するほぼすべてのOpenVDBグリッドタイプの間で仮想的に結合して操作することを可能にします。

LoadVDB / OpenVDB のインポート

両ノードともに、OpenVDBグリッドをロードする際にボクセルを再サンプルする機能が追加されました。さらに、シーケンスモードでは、Loop(ループ)とPing-Pong(ピンポン)の2つのオプションが追加されました。

Flow SPH VE 6.10

今回のthinkingParticlesのリリースでは、SPHフローソルバーがアップデートされ、リリース6.10となりました。サーフェスと流体粒子の位置決めの品質の向上や、フローシミュレーション内での粒子の配置がより滑らかになり、より良い空間的配置が可能になりました。

OpenVDBビューポートの高速化

大規模なデータセットのボクセルデータを表示するためにShowVDBを使用すると、3ds Maxのビューポートのボクセル表示が高速化します。VDBデータセットのアニメーション、トランスレーションやローテーションは、以前のバージョンのthinkingParticlesよりも大幅に速くなっています。
すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

thinkingParticles 6.10 は 3ds Max 2021, 2020, 2019 で使用できます。

価格は年間660ドルのサブスクリプションライセンスとなっています。Phoenix FDとのバンドルもあります。

価格の確認、購入ページへ

thinkingParticles 無料トライアルをダウンロード

thinkingParticles Subscription Drop 10

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました