スポンサー

Red Giant Magic Bullet Suite 14 & Trapcode Suite 16 がリリース

プラグイン

Red Giant Teamは11月17日(現地時間)、色補正、仕上げ、フィルムルックのための7つのツールの最新アップデートである Magic Bullet Suite 14 と、モーショングラフィックスやVFX用のパーティクルシミュレーションと3Dエフェクトのための11のツールセットである Trapcode Suite 16 をリリースしました。

Magic Bullet Suite 14

このリリースには、Magic Bullet LooksとMagic Bullet Coloristaへのアップグレードが含まれています。新しいカラーワークフロー、新しいLUTワークフローと能力、多くの新しい強力なツール、そしてたくさんの新しいプリセットがあります。

Magic Bullet Looks 5

Magic Bullet Looksは、映画のようなルックとカラーコレクションのためのツールです。ビデオを美しく見せるための簡単で強力な方法です。300以上の完全にカスタマイズ可能なプリセット、独自のカラーグレードを作成するための直感的なツールセット、入力と出力の両方のカラー処理機能を備えています。

主な新機能

■Presets

Magic Bullet Looksプラグインでは、お気に入りの映画やテレビ番組にマッチするようにデザインされた100種類以上のルックプリセットから選ぶことができます。プリセットは映像を最も早く、最もシンプルにグレードアップする方法であり、300以上のプリセットはすべて完全にカスタマイズ可能で、プロのツールと強力なテクニックを使用して、映像を素晴らしいものにします。

■Color Handling

Looks 5 には、色補正や成果物の作成時に一貫性、品質、柔軟性を確保するための幅広い新しい色の入力と出力の変換が含まれています。

ルックツールチェーンの最初と最後の両方にカラーハンドリング機能があるので、Magic Bulletルックはどんなカラーワークフローにも対応できます。

■Huenityは、さまざまな色相をカスタマイズすることで、カラーパレットを簡単に簡素化できる強力なツールです。洗練された直感的なUIで、影響を与えたい領域を簡単に定義できるHuenityを使えば、様々な色を簡単にまとめることができます。

■Color Remapは、どんな色でも他の色に簡単にマッピングできるカラーコレクタです。クライアントのカラーパレットに完全にマッチさせたり、カラーチャートを使ってショットを適合させたり、無限のクリエイティブなオプションを探索することができます。色をリマップすると、結果が3Dカラーキューブに表示されます。変更したくない色を簡単に絞り込むことができるので、カラーリマップは、これまでに作ったツールの中で最もパワフルなカラーツールです。

■Channel Mixerは、色やイメージに大きな影響を与えることができる強力なツールです。このツールを使うと、あるカラーチャンネルの情報を別のカラーチャンネルの出力に簡単に送り込むことができ、高品質な白黒変換の作成、カラーキャストの補正、映像の色合いやスタイリングなどに使えます。

■LUT Browser

真新しいLUT Browserは、いくつものルックアップテーブルをインポートし、映像のサムネイル上でプレビューし、簡単に適用できる洗練されたワークフローを提供します。ルックのライブラリを無期限に拡張。LUTパッケージ、デイリーLUT、またはColorista(Colorista Vの新機能)で作成したLUTをインポートして、毎日のカラーワークフローにすることが可能です。

■Looks Preset Search

新しいプリセット検索では、クリエイティブな言語とコンテキストを使用して、必要なLooksプリセットを簡単かつ直感的に見つけることができます。映画のタイトル、カラー、ムードなどのキーワードを使ってプリセットを検索できます。クライアントのリクエストに素早く対応し、さまざまなカラーパレットを見つけ、インスピレーションを得て、プロジェクトに最適なルックを作成できます。

■Tangent Support

Colorista、4-Way Color、その他のルックツール用のTangentコントロールサーフェスをサポートすることで、ワークステーションをプロフェッショナルなグレーディングスイートに変えることができます。

Magic Bullet Colorista V

Magic Bullet Colorista Vを使えば、編集のタイムラインに直接アクセスして、効率化されたプロ仕様のカラー補正を行うことができます。 Colorista V では、ガイド付きのカラーコレクション、統合されたAdobe Panel、まったく新しい強力なLUTワークフローなどショットの色を補正して洗練させるためのツールに簡単にアクセスできます。

主な新機能

■LUT Browser

映像のサムネイル上でLUTをインポートしてプレビューし、LUTのライブラリを無期限に拡張できます。Coloristaの新しいLUT生成ツールで作成したLUTパッケージ、デイリーLUT、またはLUTをインポートして、日常のプロのカラーワークフローの一部にすることが可能です。

■Generate LUTs

気に入ったカラーグレードを作成したら、Coloristaの新しいLUT生成ツールを使ってLUTとして保存し、タイムラインや施設、さらには世界中で共有することができます。作成したLUTは、Colorista、ルック、セット、カメラ、その他LUTを使用するあらゆる場所で使用できます。

■HDR用に作られた新しいカラーエンジン

レンダリングエンジンが一新され、新しいハイライトとシャドウリージョンのコントロール、改良された3ウェイ補正、まったく新しいクラリティコントロールが追加されました。新しいハイライトブーストコントロールでは、あらゆる映像を簡単にHDRにアップグレードでき、新しいSaturation EQ(下記参照)では、少ないクリック数でカラーカーブをコントロールできます。

■Preset Browser

Coloristaのプリセットブラウザを使えば、プリセットをすばやくプレビューして適用したり、カスタムプリセットのライブラリを作成したりできます。タイムライン上で似たようなショットを何枚もカラー補正する必要がある場合は、新しいプリセット・ブラウザを使えば、より迅速、効率的、一貫性のある作業ができるだけでなく、ルックをすばやく見つけて、ショットのカラーをクリエイティブに仕上げることができます。

■Saturation EQ

画像の彩度をこれまでにないほどコントロールできます。Coloristaの新しい強力な彩度EQツールを使えば、映像内の明度や彩度の異なる「バンド(bands)」全体の彩度をコントロールすることができます。Saturation EQを使えば、ハイライトやシャドウだけを脱彩したり、彩度の低い部分に色を注入したり、強すぎると感じる色から彩度を除去したりすることができます。

注意:FINAL CUT PRO ユーザー

AppleによるMacOS Big SurとFinal Cut Proの変更が理由で、Magic Bullet SuiteはFinal Cut Proをサポートしていないため、初期リリースにはFCPXインストーラが含まれていません。Appleと協力してこの問題の解決に取り組んでいます。

Magic Bullet Suiteをサポートしている他のアプリケーションにインストールしても問題ありません。古いバージョンのMagic BulletプラグインがFCPXにインストールされていても、影響はありません。

Trapcode Suite 16

このリリースでは、Trapcode Particularへのメジャーアップグレードがされており、新しい物理モデル、新しいビヘイビア、エミッターの新しい種類、新しいプリセットが含まれています。また、Trapcode FormとTrapcode Mirのためのアップデートがもされています。

Trapcode Particular 5

Trapcode Particularは、After Effectsで有機的な3Dパーティクルエフェクトと複雑なモーショングラフィックス要素を作成するためのツールです。パーティクルエフェクトを素早く作成したり、同じ3D空間で複数のシステムを使って作業したり、流体力学のような物理シミュレーションを実行したりすることができます。Particularでは、自然なエフェクトや3Dオブジェクトベースのエミッターを簡単に追加することができます。

主な新機能

■Emit from Parent

Particularの新しい「Emit From Parent System」は、完全なエミッターを放出するエミッターを持つことを可能にします。エミッターチェーンを簡単に設定したり、1つのソースから複数のシステムにエミッターを持たせることができます。

プリセットを組み合わせて、炎の粒子からエンバーやスモークを作成することができ、花火は、まったく新しい爆発的な深みに達します。

■さらに多くのパーティクルシステム

同じ3D空間で最大16個のパーティクルシステム(従来は8個)を使用することが可能になりました。なるシステムの相互作用により、複雑なエフェクトを生み出すことができます。マルチシステム設定のエミッターは、乱流や重力などのパラメータ設定を共有でき、1つのプリセットとして保存できます。

■Physics: Air & Bounce Together 

Particularで初めてAirとBounceの物理学を組み合わせて、これまでにないリアルで複雑なエフェクトを実現しました。バウンスのコントロールとインタラクションは、最大3つのバウンスレイヤーを選択できます。

■Physics: Environment

環境カテゴリには、重力、空気の乱れ、新しい風の効果などの外力が含まれています。粒子の位置と方向/スピンに影響を与えるために、システムの周りの空気の乱流のさまざまな側面を定義します。

■Physics: Particle Properties

パーティクルの質量と空気抵抗をパーティクル自体のプロパティにすることで、パーティクルが環境にどのように反応するかをより直感的にコントロールできるようになりました。

■Fast Physics

新しい高速物理(Fast Physics)セクションには、乱流場や球状場など、レンダリング時間に大きな影響を与えずに物理に素早く影響を与えるツールが含まれています。

新しいドリフトコントロール (Drift controls) は、実世界の物理が必要ない場合にパーティクルを直接プッシュし、Turbulence Fieldでは、新たに不透明度に影響を与えるオプションが利用可能になりました。

■Behaviors: Flocking/Swarming

Particularの強力な新しい群れシミュレーションツールには、パーティクルアニメーションを新たなレベルに引き上げる自動ビヘイビアが含まれています。アトラクト(Attract)ツールとセパレート(Separate)ツールを使って、パーティクルがどれだけ近くにいたいかを定義します。アライメント(Align)ツールでは、パーティクルが同じ方向にどれだけ群がるかをコントロールできます。

■Behaviors: Predator/Prey

パーティクルシステム間のPredator/Prey関係を設定します。システムがPreyとして設定されている場合、Evadeパラメータを使用してPredatorをどれだけ避けるかを制御することができます。システムがPredatorとして設定されている場合、Pursueコントロールで空腹の度合いを決定します。

■Behaviors: Meander

新しいMeanderビヘイビアでは、個々のパーティクルがショッピングモールの人々のようにうろうろしたり、トラフィックの異なるレーンを走る車のように速度に変化を持たせることができます。Meanderのアニメーションへの影響はパーティクルの質量に影響され、各パーティクルに個性的な動きを加えることができます。Meanderは、Flockingのような他の機能やビヘイビアと組み合わせることで、複雑なグループモーションを作成するのにも使用できます。

■Velocity Over Life

Velocity Over Life曲線を使用して、シミュレーション中にパーティクルの速度を数回変化させることができるようになりました。パーティクルを低速でスタートさせて、スピードを上げる前に放出ポイントに固執するようにしたり、パーティクルを高速でスタートさせて、ライフタイムの間に減速して再びスピードを上げたりすることができます。テキストや3Dオブジェクトベースのエミッターに最適です。

■新しいプリセット

流体力学やビヘイビアなどの機能の75以上の新しいプリセットが追加されています。これにより、ライブラリには、流体、テキスト、火、宇宙飛行、花火、マズルフラッシュ、爆発、煙などを作るためデザインされた430以上のプリセットのエフェクトが含まれています。

■Cinema 4Dファイルのインポート

Cinewareのおかげで、.c4dファイルの3Dジオメトリをエミッターとして使用できます。サポートされているジオメトリのプロパティには、アニメーションとトランスフォーム(回転、位置/変換、スケーリング)が含まれています。

TRAPCODE FORMとMIR

Cinewareのおかげで、Trapcode FormとMirの両方にCinema 4D inputが含まれるようになりましたが、これは各プラグインが異なる機能を持っているため、異なる方法で動作します。

■FormでのCinema 4Dファイルのインポート

パーティクルオブジェクトとして.c4dファイルの3Dジオメトリを使用します。サポートされているジオメトリのプロパティには、アニメーション、法線、変換(回転、位置/変換、スケーリング)などがあります。

■MirでのCinema 4Dファイルのインポート

Mir 3D オブジェクトとして .c4d ファイルの 3D ジオメトリを使用します。サポートされているジオメトリのプロパティには、アニメーション、法線、テクスチャ座標、トランスフォーム(回転、位置/変換、スケーリング)が含まれます。詳細については、Red Giant Completeのページをご覧ください。

価格とシステム要件

Magic Bullet Suite 14

Magic Bullet Suite  はいくつかのツールで構成されており、それぞれのツールには互換性情報があります。すべてのツールはMacとWindowsで動作し、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Apple Final Cut Pro Xと互換性があります。

Magic Bullet Suite は、単体ソフトウェアの永久ライセンスまたは、サブスクリプションライセンスのRed Giant Complete、Maxon Oneの一部として利用できます。

Magic Bullet Suite 14 の永久ライセンス価格は132248円です。

その他の価格の確認はこちらから

Trapcode Suite 16

Trapcode Suiteは、それぞれが独自の互換性情報を持っているいくつかの異なるツールで構成されています。すべてのツールは、MacとWindows上で実行され、Adobe After Effectsと互換性がありますが、ツールの一部はまた、追加のホストアプリケーションで動作します。

互換性の確認はこちらから

Trapcode Suiteは、単体ソフトウェアの永久ライセンスまたは、サブスクリプションライセンスのRed Giant Complete、Maxon Oneの一部として利用できます。

Trapcode Suite 16 との永久ライセンス価格は132248円です。

その他の価格の確認はこちらから


REDGIANT ウェブサイトへ

NEW: Magic Bullet Suite 14

NEW: Trapcode Suite 16

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました