スポンサー

Adobeが買収して以来初のアップデート、VRクリエイティブツール Adobe Medium 2.4 がリリース

CGソフト

8月27日(現地時間)Adobeは、VRクリエイティブツールの最新アップデート Medium 2.4 をリリースしました。

Adobe Medium について

Mediumは、昨年Facebookから買収したVRクリエイティブツールです。

Adobe がVRでペイントやモデリングができるツール「 Oculus Medium 」を買収!
Adobeは、Oculusの親会社であるFacebookからOculusのVRモデリングツールであるMediumを買収しました。 Oculus Mediumと...

このツールを使用すると、没入型デジタル環境でスカルプト、モデリング、ペイントをすることができます。有機的なモデリングはもちろん、300以上のスタンプ、スナップツールとコンストレイントツールを備えているので、ハードサーフェスモデルのkitbashにも対応しています。

作成したアセットは OBJ または FBX としてエクスポート可能で、3Dプリントしたり、お気に入りのゲームエンジンで使用したり、他のプログラムに持ち込んでレンダリング、合成、テクスチャリング作業を行うことができます。

 Medium 2.4

7月の終わりごろに行われたライブストリーム配信で予告されていたバージョン2.4のリリースが予定通り行われました。これはAdobeが買収してから初のアップデートであり、より複雑なスカルプト可能になっています。

Adobe Substance & 3D ニュース情報!Designer の次リリースやAdobeの研究開発情報など
7月30日(現地時間)Youtube で行われたライブストリーム配信「Substance & 3D News」で公開された Substance と Ad...

新機能ハイライト

  • レイヤーをフリーズ/メッシュにベイク:レイヤーをロックまたはアンロックすると、レンダリングメッシュを変更することなく、ボクセルデータがメモリから削除/復元されるようになりました。これにより、CPUとGPUの両方のRAMが解放され、次のようなアートを作成するのに役立ちます。
  • ポリメッシュをスカルプトにエクスポート:メッシュがスカルプトと指定されたピボットでエクスポートされるようになりました。頂点位置、法線、頂点カラー、単一のUVセット、レイヤーのピボットがエクスポートされます。テクスチャ、マテリアル、その他のアトリビュートはまだサポートされていませんが開発中です。
  • スカルプトを他のスカルプトにインポート:現在のスカルプトセッションにスカルプトファイルをインポートできるようになりました。スカルプトファイルをインポートすると、レイヤー、メッシュ、イメージ、ライト、トランスフォームノードが引き継がれます。
  • シーンオブジェクトとしてのカメラ:Worldspaceキャプチャーカメラがシーンに追加されました。アトリビュートとトランスフォームはシーンと一緒に保存されます。
  • Adobeのブランド変更とライセンス作業

このリリースでは、他にも優先度の高いいくつかのバグ修正と、安定性や最適化の改善が行われています。

価格とシステム要件

Medium 2.4 はOculus Storeから無料で入手できます。ソフトウェアの使用にはOculus RiftまたはRift SとTouchコントローラーが必要です。

Adobeは、使用に少なくともIntel Core i5-7400 CPU、Nvidia GeForce GTX 1060またはAMD Radeon RX 490 GPU、および16GB RAMを搭載したワークステーションを推奨しています。

Medium 2.4 のダウンロード、すべてのアップデート内容の確認はこちらから

If you have an Oculus VR Headset, Medium is for you

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました