スポンサー

Phoenix FD 4 ベータ版リリース!いち早く新機能を体験!

プラグイン

このバージョンには、エキサイティングな新機能が満載されており、流体力学効果をより細かく制御し、さらにクリエイティブなオプションを提供します。

ベータ版に参加して、最新情報をいち早く入手し、 フォーラムでフィードバックを共有して 、さらに素晴らしいものにすることができます。

参加する Phoenix FD 4, beta for Maya

参加する Phoenix FD 4, beta for 3ds Max

Phoenix FD 4のハイライト:

新しいボクセルとパーティクルチューナー — シミュレーション中に各ボクセルとパーティクルのプロパティを変更し、カスタマイズ可能な条件を使用してパーティクルを作成または削除します。

アクティブボディ— ェニックスの液体の基本的な剛体シミュレーションを使用して、オブジェクトをプールに浮かべたり、洪水で洗い流したりします。

Tex UVW — シミュレーション中に流体に沿ってテクスチャ座標を転送し、高度なレンダリング時間効果に使用します。

Standalone Cache Preview tool — AUR、VDB、F3Dキャッシュファイルをロードし、プレビューして画像シーケンスを保存します。

thinkingParticles integration* — thinkingParticlesにPhoenixオペレータを追加しました。これで、thinkingParticlesジオメトリからPhoenixソースを介して流体を放出できます。

さらに! 多くの機能が近日公開予定です。詳細については、 Phoenix FD for 3ds Max および Phoenix FD for Maya のリリースノートを参照してください。

リンク:https://www.chaosgroup.com/news/test-drive-the-phoenix-fd-4-beta-right-now

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました