iPad版 SketchUp v6.2 がリリース!M2 iPad Pro のホバー機能をサポート、モデリングツールの追加など

CGソフト

2023年2月16日(現地時間) – Trimbleは、3Dモデリングツールの最新アップデート SketchUp desktop 2023 と iPad版 SketchUp v6.2 をリリースしました。ここでは、iPad版 SketchUp v6.2 の新機能について紹介したいと思います。

デスクトップ版については以下の記事をご覧ください。

SketchUp 2023 がリリース!新しい反転ツール、Revitインポーター、大規模モデルの保存効率向上など
2023年2月16日(現地時間) – Trimbleは、3Dモデリングツールの最新アップデート SketchUp desktop 2023 と iPad版 Sk...

新機能ハイライト

このリリースでは、グループとコンポーネントのコントロール、インポートとエクスポートのオプション、インターフェイスとツールバーのカスタマイズ方法、そしてモデリングワークフローを効率化するツールが追加されました。

アプリ間でのDWG & DXFのインポートとエクスポート

DWGとDXFのインポートとエクスポートを サポートするようになりました。これによって、デスクトップ、ウェブ、iPadアプリケーションの間を行き来して、 CADファイルをあなたのiPadに取り込む必要がなくなります。CADから2Dのコンセプトを直接iPadに取り込み、3Dで素早く反復し、すべてのディテールを具体化することが可能となります。

M2 iPad Pro のホバー機能をサポート

新しいM2 iPad Pro のApple Pencil のホバー機能で、SketchUpの完全な推論機能を利用することができ、より速く、より正確にモデリングすることができるようになりました。

例えば、ホバー機能を利用すると、正確な中間点や終点を見つけることができ、追加のガイドや一時的なジオメトリを作成することなく、一度で正確に描画することができます。また、カーソルを合わせることで、SketchUpの事前推論機能が有効になり、描画を開始する前にオブジェクトを正確に配置することができます。このようにiPadでは、Apple Pencilを使用して、より速く、より正確にモデリングすることができます。

お気に入りのツールに簡単にアクセス

SketchUp for iPadは、カスタマイズ可能な2つのショートカットツールバーを備えており、それぞれ最大8つのツールや設定を使用することができます。以下は設定すると便利なツールの例となります。

  • X線モードのオン/オフを切り替えて、画像の上をトレース。
  • 平行投影と透視投影を切り替えて、モデルを2Dで表示し、寸法や注釈を追加。
  • ジオメトリを表示または非表示にすることで、必要なものだけを表示、編集。
  • グループやコンポーネントを編集する際にモデルの他の部分を隠すことで、パフォーマンスを向上させ、特定のタスクに集中することができます。

これらは、考えられるツールバー ショートカットの一部です。どのように調整しても、お気に入りのツールと設定をいつでもすぐに利用できるため、作業の中断が少なくなります。

オブジェクトの制御が向上し、ワークフローがより速く

iPadのコンテキストメニューツールバーとアウトライナーで、グループとコンポーネントを保存と再読み込みでコントロールできるようになりました。

接続とコラボレーション

複雑なプロジェクトに取り組む大規模なチームは、コンポーネントを使用して、同じモデルの異なるセクションで反復作業を行うことができます。コンテキストメニューのツールバーから「Save As > To Trimble Connect」を選択して、個々のコンポーネントをTrimble Connectのチーム共有プロジェクトに保存するだけです。チームメンバーは、誰かがプライマリモデルを更新している間、別のコンポーネントで作業することができます。編集の準備ができたら、最新のコンポーネントをメインファイルに再ロードすれば完了です。

インテリジェントな反復作業

モデル内の特定の製品またはコンポーネントの代替案をテストして提示する必要がある場合、リロードを使えば、それが簡単にできるようになりました。3D Warehouseからコンポーネントをリロードすることで、デザインで複数のオプションをテストできます。ベースモデルを1つ作成し、Reloadを使用してコンポーネントのすべてのインスタンスを代替品に置き換えるだけです。

キュレーションされたコンポーネント

SketchUpのすべてのバージョンにおいて、あらゆるデバイスで独自のコンポーネントライブラリーを保存、管理、アクセスすることができます。保存は、” Save As > To 3D Warehouse “を選択することで可能です。コンポーネントを非公開にするか、公開にしてSketchUpのグローバル・ミュニティとコンポーネントライブラリを共有するか、どちらかのオプションがあります。

使いやすいタグフォルダ

タグフォルダはシンプルで、iPadアプリで長いタグのリストを効率的に作成し、整理することができます。タグとタグフォルダは、デスクトップおよびWebアプリケーションからiPadへ、またはiPadからデスクトップおよびWebアプリケーションへシームレスに移行し、モデリングやプレゼンテーションの際に一貫した整理が可能です。タグフォルダを使用することで、複数のタグをワンクリックでオン・オフでき、さまざまなデザインコンセプトの表示・非表示を簡単に切り替えることができます。

フリップツール

新しく生まれ変わったFlipツールで、反転を正しく行うことができるようになりました。フリップをアクティブにすると、ミラーリングできる平面がはっきりと表示されます。平面のどれかをタップすると、その平面に対して選択範囲を反転させ、平面をドラッグすると、変形する場所を自由に設定できます。

ソリッドツール

複雑なジオメトリのモデリングを容易にする Solid Tools が、SketchUp for iPadに搭載されました。接合部のような精密なオブジェクトのモデリングや、2つ以上のソリッドの組み合わせから複雑な形状を作成する必要がある場合に便利です。

  • Trim は、トリムでは、オブジェクトAを使用してオブジェクトBをカットしますが、両方のオブジェクトはモデル内に残るため、同じカットオブジェクトを使用して複数のオブジェクトをトリムすることができます。
  • Intersect は、 2つのソリッドをカットし、重なったジオメトリのみを残します。オブジェクトAとBを交差させ、まったく新しいジオメトリ、オブジェクトCを作成します。たとえば、建物モデルと敷地内の地形を交差させることで、建物の基礎に掘削する土の量を解析できます。
  • Split breaks は、交差するソリッドが重なり合う部分を削除することなく分割します。重なり合った形状を分割し、残す部分と削除する部分を選択することで、マス目やボイドのスタディを素早く行うことができます。
  • Subtract は、ソリッドAを使用してBから切り離し、ソリッドAと2つのソリッド間の重なり合ったジオメトリを削除します。面の交差を使用するよりもはるかに速く曲面上の開口部をカットすることができます。
  • Union は、2つのソリッド(または必要な数だけ)を1つのフォームに結合し、重なり合う内部のジオメトリのみを削除します。ジオメトリの修復や 消去の必要がなく、Unionはソリッドの結合を簡単にします。
  • Outer Shell は、Unionと似ていますが、内部のジオメトリをすべて削除し、ソリッドの一番外側の面のみからソリッドを作成する点が異なります。たとえば複数の屋根のセクションを1つのソリッドに結合することができます。

ダークモード

iPadのための新しいビジュアルエクスペリエンス、ダークモードが利用可能となりました。昼でも夜でも、目の疲れを軽減し、創作活動を続けるために明るさを下げることができます。設定からライトとダークのテーマを切り替えられるので、環境やモデルの気分に合わせて使い分けることが可能です。

価格とシステム要件

iPad版のSketchUpは、iPadOS15以降で利用できます。

iPad版のSketchUpはすべて有料サブスクリプションに含まれており、こちらからダウンロードして利用可能です。

価格は SketchUp FREE( Web のみ )が無料、SketchUp Go( Web, iPad )が119ドル/年、SketchUp Pro( Desktop, Web, iPad )が299ドル/年、SketchUp Studio( Desktop, Web, iPad )が699ドル/年です。

詳しい価格と機能比較表はこちらから確認できます。


SketchUp ウェブサイトへ

More control, more options, more tools on iPad

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました