AIを使用したテクスチャオーサリングソフトウェア ArmorLab プレビュー

CGソフト

2022年7月13日 – Armory(Lubos Lenco氏) は、AI技術を駆使したテクスチャオーサリングソフトウェアの最初のプレビュー版 ArmorLab 0.1 をリリースしました。

ArmorLabとは

ArmorLabは、AI技術を駆使したテクスチャオーサリングのために設計されたスタンドアローンソフトウェアです。写真をドラッグ&ドロップして、PBRマテリアルを生成することができます。3Dペイントソフトウェア ArmorPaint を開発している Armory(Lubos Lenco氏)によって開発が進められています。

このツールは、まだプレビュー版なので粗削りな部分が多いことに注意してください。現在以下のようなノードが使用できます。

  • Output Node:テクスチャをディスクにエクスポートするときに使用される最終的なノードです。
  • Image Texture Node:ディスクからのテクスチャファイルへの参照。
  • Photo to PBR Node:カラー入力から base color、occlusion、roughness、metallic、normal map、heightを抽出します。カラー入力として、写真画像が想定されています。
  • Tiling Node:カラー入力から、継ぎ目を除去したタイル状のテクスチャを出力します。
  • Inpaint Node:ビューポートにマスクをペイントします。マスク領域が新しいコンテンツで満たされたテクスチャが出力されます。

以下の動画では、Tiling Nodeを使用してみました。

実際には、テクスチャが作成されるまでにかなり時間がかかります。そして場合によっては落ちます。ですが、しっかりシームレスなテクスチャが作成できました。最後はBlenderのEeveeを使用しています。

また、インペイント(inpaint)ノードを使用すると、マスクをペイントして写真から不要な部分を削除したりできるようです。

Windows版ビルドが現在利用可能で、LinuxとmacOSのビルドは近日公開予定です。デスクトップでは、ArmorLabはインストール不要のポータブルアプリケーションで、解凍して実行するだけとなっています。

価格とシステム要件

ArmorLabはGPUで動作し、その性能は主にグラフィックカードに依存します。Intel HD4000 グラフィックカードが最低限必要で、GTX 1060/6GB またはそれ以上が推奨されています。CPUタグが付いた一部のノードでは、マルチスレッド性能の恩恵を受けることができます。

ArmorLab は、現在Armoryが開発する3Dペイントソフトウェア ArmorPaint (19ユーロ)に含まれています。すでに購入している方はこちらからダウンロード可能です。また、単体としても Gumroaditch.io で19ユーロまたは19ドルで購入できます。


ArmorLab ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました