スポンサー

AMD、Blender 用 USD Hydra アドオンをリリース

フリーコンテンツ

2021年8月19日(現地時間)AMDは、Blender 用 無料 USD Hydra アドオンをリリースしました。

Blender USD Hydra Addon

このアドオンはUSDとUSD HydraレンダリングシステムのファーストクラスのサポートをBlenderに追加することを目的としています。Blenderには初歩的なUSDエクスポーターがあり、3.0ではインポートツールも搭載される予定ですが、既存のUSDデータをBlender内でレンダリングしたり、USDファイルをBlenderのシーンに参照する方法はありません。

このアドオンでは次のことが可能になります。

  • USD Hydra Frameworkを介したBlenderでのレンダリング
  • USDファイルを “references “としてBlenderにインポートできます。つまり、USDファイルはシーングラフの一部としてインポートされますが、Blenderのメモリにはロードされません。
  • BlenderのデータとUSDのデータを組み合わせて、複雑なシーンを形成することができます。
  • 組み立てられたUSDステージを他のアプリケーションで使用するためにエクスポートする。

■Hydraレンダリングシステムをサポート

AMDは、Hydra™というレンダリングシステムをBlender内で直接使えるようにしました。

1つの共通のインターフェイスで複数のレンダラーを使用できることからHydraと名付けられました。ヒュドラー – Wikipedia

HydraをBlenderのレンダリングアドオンとして採用することで、Hydraをサポートしているレンダラーであれば、Hydraアドオンにプラグインすることで簡単にBlenderに接続することができます。

【既知のHydraレンダーデリゲートサポート】

  • AMD’s Radeon ProRender (included)
  • Hydra’s default Storm delegate (included)
  • Intel Embree (cpu) delegate
  • Pixar RenderMan delegate.
  • Autodesk Arnold
  • Otoy Octane
  • Redshift
  • Cycles
  • Intel Ospray

さらに、Hydraシステムはシーンアップデートの送信やレンダリングが高速であるため、Blenderに一般的なレンダリングアドオンを使用するよりもレンダラーのパフォーマンスが向上します。

現在、このアドオンにはHydra OpenGL®レンダラーとAMD Radeon™ ProRender for Hydraプラグインが含まれていますが、他のHydraレンダーデリゲートも動作するはずです。

■USD シーン合成

もう一つの重要な要素は、BlenderでUSDによるシーン合成を可能にすることです。これはカスタム・ノード・グラフで実現しており、ユーザは外部データを引き込んでBlenderのデータと混ぜ合わせたり、USDデータをフィルタリング、操作、エクスポートしたりすることができます。

これにより、データのプルーニング、Blenderのメモリにロードすることなくデータを参照すること、複数のアーティスト間のインタラクション、オフラインレンダリング用に合成されたシーンをエクスポートするなどのツールが可能になります。

■MaterialXのサポート

また、USDジオメトリと同様に、オープンソースのMaterialXオープンスタンダードを使用してマテリアルを扱っています。MaterialXは、Lucasfilm Ltd.のIndustrial Light and Magic™がレンダラー間でマテリアル・グラフを共有するために作成したもので、急速に標準的なマテリアル・フォーマットになりつつあります。これにより、Adobe® Substance 3D Painter™や様々なオートデスクのアプリケーションからマテリアルノードグラフを追加したり、エクスポートしたりすることができます。

MaterialXは、アプリケーション間で採用が進んでいる成長中の規格であり、AMDは、採用を促進するために、GPUOpen.comでMaterialXマテリアルを共有するための無料のマテリアル・ライブラリーを立ち上げる予定とのことです。ユーザーはこのライブラリを利用してマテリアルをダウンロードし、Blender Hydraプラグインに直接インポートすることができます。

以下の動画では、Blender®用のUSD Hydraプラグインの使用している様子を確認することができます。

システム要件

現在 Blender USD Hydra Addon は、Blender 2.90+とWindowsで動作します。

ダウンロードやより詳しい情報はこちらから


Use the power of Open Standards to reference and assemble USD™, and use MaterialX with Blender®

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました