スポンサー

iClone 7.7 と Character Creator 3.2がリリース!Digital Human Shader追加など

CGソフト

Reallusionは、リアルタイムキャラクターアニメーションソフトウェア「iClone 7.7」と3Dキャラクター作成ツール「Character Creator 3.2」をリリースしました。

iClone 7.7は、フィードバックトラッカーおよびフォーラムへ寄せられたバグ修正に加えて、リアルタイムレンダリングのためのSSS(サブサーフェススキャタリング)、マイクロノーマルテクニックに加えて、新しいデジタルヒューマンシェーダーを含む多くの重要な機能強化があります。その他にもタイムライン、カメラ、ライト、およびUIを使用するための追加機能が新しく追加されています。

デジタルヒューマンシェーダーとは

Siggraph 2019で初めて発表された新しいシェーダーで、よりリアルな人間の肌、目、歯、舌、歯茎、髪のシェーダーとSSSと微小表面の詳細をサポートします。

●肌シェーダー

・SSS(表面下散乱)

現実の世界では、多くのマテリアルはわずかに半透明であり、人間の皮膚は特に直接反射は少なくなりますが、サブサーフェススキャタリングによる反射は大きくなります。

・マイクロノーマル

マイクロ法線は、近くで見ると皮膚の小さなシャープなディテールを表し、遠くから見るとディテールが少なくなります。
マイクロ法線は、繰り返しパターンでセカンダリ(256×256)法線マップを既存の法線マップにオーバーラップすることにより、スキン上の絶妙な細線を描写します。

●目のシェーダー

アイシェーダーは、瞳孔、虹彩、角膜輪部、強膜の画像マスクとパラメトリックスライダーを使用して、考えられるすべての人間の目のバリエーションを調整します。SSSを使用すると、水分と眼球を通る光の透過効果を調整できます。

●歯、ゴム、舌シェーダー

全体の設定または特定の領域ごとに、明るさ、彩度、粗さ、鏡面反射を完全に制御します。
調節可能なAOマスキングにより、過度に照らされた内歯と舌を隠します。
Micro Normalを適用し、強度とタイルを調整できます。
SSSを使用して、光の透過効果を調整できます。

●ヘアシェーダー

ヘアシェーダーは、異方性の鏡面反射で髪からの光の反射をシミュレートします。また、光の屈折と髪の毛の間の光の散乱も計算します。
ユーザーは、髪の流れの方向を定義し、ベースカラーの強度、透過値、鏡面反射強度、および二次鏡面反射強度を設定できるようになりました。

iClone 7.7 の新機能

●デジタルヒューマンシェーダー、SSS、マイクロノーマルおよび新しく追加されたデジタルヒューマンコンテンツ

●アニメーション/タイムラインの機能強化

・検索フィールドを備えたUI(アタッチ/ルック/リンク/モーションレイヤーキー):以前のバージョンのiCloneでは操作が困難であったツリーリストがあります。 したがって、特定のオブジェクトを簡単に見つけるために使用できる検索機能が用意されました。

・モーションレイヤーキーの配置:iCloneの以前のバージョンでは、モーションレイヤーキーはクリップごとにのみ調整できました。 タイムラインに2つのクリップがあると仮定すると、最初のクリップレイヤーキーは2番目のクリップに到達できません。 新しいモーションレイヤーオフセット機能を使用して、現在のクリップのレイヤーキーを前のクリップに合わせることができます。

・クリップサンプルの最適化オプション:通常、iCloneモーションクリップはサンプリングの最適化を受け、処理中に一部のキーが削除される可能性があります。 新しいSample Optimizeオプションを使用して、サンプリングプロセス中にクリップキーが最適化されるかどうかを決定できます。

・クリップのサイズ変更:クリップの速度を変更するか、元のキーデータを変更しないと、クリップを拡張できません。 これにより、ユーザーは、モーションレイヤーの編集を使用して、移動または拡大縮小されたレイヤーキーに収まるように新しいキーを作成する必要がなくなります。

・HIKローカル軸ギズモ変換:ローカルおよびワールドRTS(回転、変換、スケール)変換は、多くの場合3D空間で操作されます。 iCloneの以前のバージョンのIKは、ワールド空間での変換のみをサポートします。 バージョン7.7では、ローカル空間でIK要素を操作できます。

・Visemeキーの柔軟性:バージョン7.7より前のVisemeアニメーションには、オーディオなしでリップキーを作成できないなどの重大な制限がありました。 現在、バージョン7.7以降では、唇エディタを使用して唇クリップキーを追加できます。

・カスタムプレビュー範囲:元々、再生範囲はエクスポート範囲によって決定されます。 バージョン7.7以降では、モーションの異なるセクションをプレビューするために、プレビュー範囲をエクスポート範囲と区別できます。

・タイムラインスナップ(インジケーター/クリップ):クリップは、周りをドラッグすると自動的に前のクリップにスナップします。

・キーとクリップスケール:新しいタイムラインキースケーリングにより、キーを比例的にスケーリングするのに便利です。

カメラ

・直交カメラ:プレビューカメラで直交カメラがサポートされており、効果的に遠近法を平坦化しているため、シーンのレイアウトに最適です。

・カメラごとのステレオ設定:個々のカメラにはそれぞれ個別に調整できる独自のステレオ効果があります。

ライト
・ライトごとのシャドウマップの解像度:すべてのライトに個別のシャドウマップ設定があります。


・ライトシェイプ:TubeやRectangleなどのデフォルトのライトシェイプを使用して、スポットライトとポイントライトを使用したり、好みのシェイプのカスタムパターンをインポートしたりできます。
より自然に見える目のために目/虹彩の反射を改善しました。ライトとシャドウを柔らかくして、よりリアルなシーンを実現しました。

・デジタルヒューマン用の新しいライトライブラリ:デジタルヒューマン品質のキャラクターを最もよく表現するために、5つのDH(デジタルヒューマン)ライトが追加されました。

UIと一般的な使用法

・環境設定のカスタム設定


・ヘルプメニューのショートカットテーブルリンク

試用コンテンツを保存およびレンダリングする機能
新しく追加および更新されたコンテンツ

Character Creator 3.2 の新機能

このバージョンではCC3キャラクターの表情データが強化されています。すべてのCC3.2埋め込み文字は、新しい式セットで更新されています。アニメーション化またはモーションキャプチャを行うときに既存のCC3キャラクターに自然な表情を与えたい場合は、新しい表情セットを適用するだけで機能します。

デジタルヒューマンシェーダー/埋め込みコンテンツの更新

リアルなデジタルヒューマンのための洗練された表情:このバージョンでは、現実的なデジタル人間の自然な表情を実行するために、CC3キャラクター表現データが強化されました。

正しい瞬き:キャラクターの目がベースキャラクターよりも大きいまたは小さい場合、瞬きの問題をすばやく修正します。

頭と体のモーフスライダーの作成:ユーザーが現在のキャラクターの頭と体のモーフスライダーをすばやく生成できるようにします。

メッシュの編集-ミラーコピー:メッシュの編集では、非対称の問題をすばやく修正するために、キャラクターのメッシュのミラーリングがサポートされるようになりました。

ニュートラルベースに戻る:ワンクリックでニュートラルキャラクターをロードします。これにより、ユーザーは新しいキャラクターを効率的な方法で開始できます。

試用コンテンツを保存およびレンダリングする機能(ウォーターマーク付き):試用コンテンツの使いやすさとプロジェクト共有の機能を強化し、異なるアカウントを持つ2者間のコラボレーションを可能にします。


iClone 7.7は、64ビットWindows 7以降で使用できます。このアップデートはiClone 7.xユーザーには無料です。新しいライセンスは199ドルです。

Character Creator 3.2は、64ビットWindows 7以降で使用できます。基本エディションは、iClone 7の登録ユーザーには無料です。完全なPipelineエディションの価格は199ドルです。


iClone 7.7の新機能の詳細はこちらから

Character Creator 3.2の新機能の詳細はこちらから

Digital Human Shader についてはこちらから

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました