スポンサー

Adobeが待望のiPad版 Photoshop をリリース!フル機能搭載は今後のリリース

CGソフト

Adobe が iPad版 Photoshop をリリースしました。

まだフル機能とはいかないようで、今回リリースされた最初のバージョンでは、Apple Pencil やタッチでの作業に最適化した合成ツールとレタッチツールが揃えられています。

今後のリリースでは、ブラシ、マスキング、境界線の調整、被写体の選択など、Photoshopの高度なツールが用意され、Creatice Cloudのブラシやフォントも簡単に利用できるようになる予定となっています。

主な機能

PSD機能をそのままに制作

レタッチ合成、スポット修復、描画モードなど、使い慣れたPhotoshopの機能をiPadでも使って制作できます。パソコンで保存したレイヤー構造も、解像度もすべて同じ。iPadでもデスクトップと全く同じ品質のPSDを出力できます。

おなじみのツールを指先で操作

デスクトップ版と同じように、レイヤースタックやツールバーのツールを使用できます。スワイプ、ピンチ、タップ、手書きなど、これまで以上に直感的な作業が可能です。UIは状況に応じてよく使う必要なツールとパネルだけが表示されるため、常に整理された状態でカンバスに集中できます。

どこでも作業可能

デバイス間のPSD同期は簡単に維持されます。作業中のファイルは自動的にアドビのクラウドストレージに保存されるため、Photoshopさえあればどこからでもアクセスできます。

合成

クイック選択ツール、なげわツール、ぼかしなどの高度な選択オプションを使用して、正確に選択します。ペイントブラシを使用し、画像の特定の部分をマスキングして、精密に合成作業をおこなえます。

レタッチ

画像の編集や加工、不要な要素の除去には、スポット修復ツールやコピースタンプなどの機能を使用できます。

30日間の無料体験版が利用できます。

価格は\1,080/月となっていますが、すでにAdobe Photoshopの月額制メンバーシップを持っている場合はログインしてすぐに利用できます。

[ 互換性 ]

対応OS

・iPadOS

対応デバイス

・iPad Pro (WiFi,WiFiとセルラー)

・iPad Pro (12.9インチ)および第2世代

・iPad Pro (10.5インチ、9.7インチ)

・iPad 第5世代

・iPad Mini 4

・iPad Air 2

・Apple pencil (第1世代、第2世代)

 

ダウンロードは、iPad版のApp Store から可能です。

 

PC版を使用しているユーザーにとっては、まだ物足りなさを感じる内容かと思います。今後のアップデートが待たれるところです。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました