スポンサー

NVIDIA Studioドライバ がアップデート、GeForce RTX 30 シリーズGPUをサポートなど

CGソフト

9月17日(現地時間)NVIDIAは、NVIDIA Studioドライバの最新アップデートをリリースしました。

このリリースでは、NVIDIA DLSS (ディープラーニング・スーパーサンプリング)を追加したD5 RenderとSheenCity Marsのアプリアップデートや、最新のRTX30シリーズに対応したアプリのアップデートをサポートしています。さらに、GeForce RTX 30シリーズ発表イベントで紹介されていた、AIによって強化された新しいNVIDIA Broadcast Appがサポートされます。

GeForce RTX 30シリーズ GPUのメリット

以下の記事でも少し触れましたが、まずクリエイティブアプリケーションのにおける、新しいドライバがサポートするGeForce RTX 30シリーズGPUのメリットについて触れておきたいと思います。

NVIDIA、Geforce RTX 30 シリーズ を発表!リアルタイムレイトレーシングとAIの分野で前世代の最大2倍のパフォーマンス
NVIDIAは9月1日(現地時間)、Ampereアーキテクチャに基づく新しい GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカード、RTX 3090、RTX...

新しいGPUによる恩恵といえば基本的にはパフォーマンスの向上による時間節約か品質向上となるかと思いますが、NVIDIAは今回のGPUについて「新しいグラフィックスカードは、より高速なレイトレーシングと次世代のAIを搭載したツールを提供し、クリエイティブなワークフローにおける退屈な作業を過去のものに変える。」と表現しています。

GeForce RTX 30 シリーズ GPU の次世代の専用レイトレーシングコアと改善されたCUDA性能により、3Dレンダリング時間がトップレンダラー全体で最大2倍に高速化されるということです。

クリエイティブなアプリケーションで動作するGeForce 30シリーズGPUの相対的な性能を示すグラフ

また、RTコアは一般的ではあるが計算量の多い技術であるレイトレースモーションブラーレンダリングのための新しいハードウェアアクセラレーションを特徴とし、これは映画のような3Dビジュアルを強化するために使用されます。これは今までは、不正確なモーションベクトルベースのポストプロセスを使用するか、正確だが時間のかかるレンダリングステップを使用する必要がありました。RTX 30シリーズとBlender CyclesのようなRT Coreアクセラレーションされたアプリでは、クリエイターは前世代のRTXよりも最大5倍速いモーションブラーレンダリングが可能になります。

Up Your Creative Game: GeForce RTX 30 Series GPUs Amp Up Performance

DLSSとAIがクリエイティブアプリに登場

RTX 30シリーズGPUと9月のStudioドライバのリリースと合わせて、NVIDIA DLSS技術が2つの3DクリエイティブアプリケーションD5 RenderとSheenCity Marsに登場します。SheenCity Marsは初めて耳にしましたが、調べてみると中国の会社よって開発されているソフトのようです。D5Renderについては以前紹介した以下の記事をご覧ください。

建築ビジュアライゼーション向け リアルタイム レンダラー「D5 Render」が正式リリース
DIMENSION 5は、建築ビジュアライゼーション向けのスタンドアロン リアルタイム レンダラー D5 Render 1.6 をリリースしました。 先月...

■D5 Render

D5 Renderは、RTXレイトレーシング、RTXグローバルイルミネーション、そして今回NVIDIA DLSSを含むNVIDIAのテクノロジーを搭載した建築ビジュアライゼーションアプリです。

DLSSは、RTXテンソルコアを利用したAI超解像アルゴリズムで、フレームレートを向上させながら、美しく鮮明な3D画像を生成し、ビジュアルの忠実度を維持しながらビューポートのインタラクティブ性を向上させます。

サンプルシーンでは、RTX 3080は1440p DLSSで35 FPSを達成しましたが、これに対して1440p DLSSではネイティブでは19 FPSしかレンダリングできませんでした。この80%のフレームレートの向上により、フォトリアリスティックなビジュアルを表示しながらスムーズなビューポートの動きを実現し、建築家がリアルタイムでデザインを実験したり、クライアントとビジョンを共有したりするのに役立ちます。

■SheenCity Mars 

SheenCity Mars は、高度なデザイナーのために構築された建築ビジュアライゼーションアプリケーションであり、RTX リアルタイム レイトレーシングをサポートし、より応答性の高い 3D デザインを実現するために DLSS をサポートしています。

今回のアップデートでは、DLSS クオリティモードにより、ネイティブ解像度と比較してフレームレートが2倍になり、より高いフレームレートを楽しむことができます。

新しいNVIDIA Broadcastアプリ

NVIDIA Broadcastは無料で、ほとんどの人気のあるライブストリーミング、ボイスチャット、ビデオ会議アプリで動作します。NVIDIA Broadcastは、NVIDIA GeForce RTX、TITAN RTX、Quadro RTX GPUでサポートされており、専用のTensor Core AIプロセッサを使用して、アプリのAIネットワークがリアルタイムで動作するのを支援します。

NVIDIA Broadcastは、以下の3つのAI機能を提供します。

Noise Removal(ノイズ除去: マイクフィードからバックグラウンドノイズを除去します。AIネットワークは、キーボードを叩いている友人や共同作業者をミュートにするために、着信音声フィードで使用することもできます。

Virtual Background(仮想背景: ウェブカメラフィードの背景を削除して、代替画像、Windowsアプリ、ゲーム、あるいは微妙なぼかしに置き換えることができます。

Auto Frame(自動フレーム: ズームインし、頭の動きを追跡するためにAIを使用して、あなたが左右にシフトしても、アクションの中心にあなたを維持します。まるで自分だけのカメラマンがいるような感覚です。

AIを搭載した新しいNVIDIA Broadcastアプリをダウンロードするには、こちらから

RTX 30シリーズに対応した最新のアプリ・アップデート一覧

NVIDIAは、クリエイティブアプリ開発者と協力して、新しいRTX 30シリーズGPUで最大のパフォーマンスを確保しています。以下のアプリを使用している場合、ドライバと合わせて最新のアプリのアップデートをダウンロードすることで、GPUで加速化された多くの機能を利用することができます。


Studio Driverは、クリエイターのために特別に構築され、トップのクリエイティブアプリケーションやワークフローに対して幅広くテストされています。

最新のパフォーマンス最適化と最新のクリエイティブアプリのアップデートのサポートを得るための新しい9月のStudio Driver (456.38)へのアップデートは、GeForce ExperienceNVIDIA Quadro Experience、またはNVIDIAドライバダウンロードページから可能です。

September NVIDIA Studio Driver Now Ready For Download, Supporting Creators With GeForce RTX 30 Series GPUs

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました