スポンサー

[9/26更新]Blender 2.9シリーズの最初のリリースとなる Blender 2.90 が正式リリース!新機能をチェック!

CGソフト
Blender 2.90.1 がリリースしました。更新部分へ

8月31日(現地時間)Blender 2.90 が正式にリリースされました。先週リリース予定でしたが、1週間延期されてのリリースとなります。

Blender 2.90は、EEVEE、Cycles、スカルプト、VR、アニメーション、モデリング、UV編集などの改善がされています。また、Intel Embree、Intel OpenImageDenoise、NVidia Optixなどの業界標準ライブラリを統合し、最先端のレンダリング体験が可能となっています。

Blender 2.90 新機能ハイライト

物理ベースのSkyテクスチャを内蔵したCycles

Nishita氏の論文をベースとしたSkyテクスチャが追加されました。

サンプルファイルのダウンロードはこちらから

モーションブラーの改善

EEVEEのモーションブラーが一から全面的に書き直され、メッシュ変形、ヘア、サブフレーム蓄積のサポートを追加して精度が向上しました。

CPUのレイトレーシングに Intel Embree が採用されるようになりました。これにより、モーションブラーのあるシーンでのCyclesのパフォーマンスが大幅に向上しています。

詳しい情報はこちらから

ノイズ除去

Blender 2.81ではコンポジターに Intel OpenImageDenoise が導入されましたが、2.90では最終レンダリング時だけでなく3Dビューポートでもこのノイズ除去機能をインタラクティブに使用できるようになりました。

新しいノイズ除去パネルから OpenImageDenoise を選択するだけです。

新しいシャドウターミネーターのオフセット

新しいシャドウターミネーターのオフセット設定は、ローポリメッシュ上の滑らかな法線でシェーディングのアーチファクトを回避するのに役立ちます。

CUDAとOptiXのNVLinkサポート

Cyclesのデバイス環境設定で有効にすると、NVLinkブリッジで接続されたGPUがメモリを共有し、より大きなシーンのレンダリングをサポートします。また、OptiXは、Maxwell以上(GeForce 700、800、900、1000シリーズ)のNVIDIA GPUでサポートされるようになりました。

スカルプト

・マルチ解像度(Multi Resolution)

スカルプトするサブディビジョンレベルを選択してレベルを切り替え、変位情報をスムーズに伝搬させることができるようになりました。

・アンサブディビジョンとリビルド(Unsubdivede&Rebuild )

Multiresモディファイアは、下位のサブディビジョンレベルを再構築し、その変位を抽出することができるようになりました。これは、サブディビジョンベースのスカルプトソフトウェアからモデルをインポートして、すべてのサブディビジョンレベルをリビルドし、モディファイア内で編集可能にするために使用できます。

詳しい情報はこちらから

・サブディビジョンモード

Multiresでは、滑らかで直線的でシンプルな細分割を作成できるようになりました。これにより、モディファイアの細分化タイプを変更することなく、いつでも任意の細分化タイプを作成できるようになりました。

詳しい情報はこちらから

・クロスフィルター(CLOTH FILTER

4種類のシミュレーションを使用して、メッシュ上の布をシミュレーションします。フェイスセットを使用してシミュレーションを制限することができます。

・Pose Brushの改善

Rotate/Twistに続いて、ポーズブラシに新たに2つの変形モードが追加されました。

・その他

トポロジー スライド/リラックストポロジーのスライド/リラックスモードに、スライドの変形モードが2つ追加されました。ピンチとエキスパンドです。

クレイ ストリップ粘土ストリップは、より予測可能な圧力/サイズと圧力/強度曲線を持つようになりました。変形アルゴリズムが修正され、大きな変形でのジオメトリアーチファクトを防ぐことができるようになりました。

オートマスキング:オートマスキングシステムが再設計されたため、高ポリメッシュでオートマスキングオプションを有効にすると、ブラシに遅延や開始遅延が発生しなくなりました。

ペンプレッシャー硬度特性のペン圧変調に対応しました。低い圧力でより高い硬度を得るために、変調を反転させることができます。

Boundary(境界)
メッシュ境界は、メッシュとマルチレスの両方のレベルでオートマスキング システムによって適切に検出されるようになりました。これは、スムース ブラシがデフォルトで境界の頂点をオートマスクしなくなり、メッシュとマルチレスの動作が一致するようになったことになります。

Face Set FK モード:ポーズブラシには、フェイスセットを使ってメッシュを変形させ、FKリグをシミュレートするフェイスセットFKモードが追加されました。

モデリングの改善

・EXTRUDE MANIFOLD

このスマートな新ツールは、内側に押し出す際に、隣接する面を自動的に分割して除去します。

・EDGE & VERTEX SLIDE SNAP

EDGEやVERTEX SLIDEを使いながら、すべてのスナップオプションが使えるようになりました!

・ベベルの改善

  • カスタムプロファイルベジェ曲線:ベベルモディファイアとツールのカスタムプロファイルが、ベジェ曲線ハンドルタイプをサポートするようになりました。
  • 新しい Absolute モード:ベベルツールとモディファイアには、「量」の値を解釈するための新しい「絶対」モードがあります。このモードはパーセントと似ていますが、パーセンテージではなく、隣接するエッジに沿った絶対的な距離を測定します。
  • より良いマテリアル/UV分割:ベベルツールとモディファイアは、奇数セグメントのベベルの中心ポリゴンに使用するマテリアルと UV 値を決定する新しい方法を使用しています。これにより、これまでの一見ランダムな選択に比べて、モデルのさまざまな部分でより一貫性を持たせることができます。

・ノーマルを維持

リップ、削除、ディゾルブ、ナイフツールを使用する際に、メッシュの法線が適切に保存されるようになりました。glTF エクスポータも更新され、これらの法線を適切にエクスポートできるようになっています。

・その他の改善

UV編集の改善

メッシュの編集中にUVと頂点の色を自動的に調整します。新しい正しいフェース属性(Face Attributes)を見つけて、オプションのポップアップバーで接続を維持します。

・最短パスをピック

Ctrlキーを押しながら左マウスでUVコンポーネントを選択し、UVコンポーネント間の最短パスを選択します。

・最短経路をピック:塗りつぶし領域

塗りつぶし領域を有効にするか、UVコンポーネントを選択する際にCtrl-Shift-LeftMouseを使用すると、グリッドタイプを選択できます。

・UVリップ

UV コンポーネント(頂点、辺、面)を接続されたコンポーネントから分離します。オペレータはVホットキーを押して実行します。コンポーネントは、マウスポインタの位置の方向にリッピングされます。

OCEAN SPRAY

海のモディファイアがスプレー方向のマップを生成するようになりました。

詳しい情報はこちらから

OPENVDB FLUIDS

煙と液体のデータは、フレームごとに1つの.vdbキャッシュファイルにキャッシュされるようになりました。

詳しい情報はこちらから

CLOTH PRESSURE GRADIENT

含まれている液体または周囲の液体の重量をエミュレートした圧力勾配を適用します。

詳しい情報はこちらから

ユーザーインターフェースの改善

Blender 2.90は2.8xで確立されたユーザーインターフェースがさらに洗練されています。

・新しい検索

どのメニューで特定の演算子を見つけるかもう迷うことはなくなりました。

・より読みやすく

カラムに見出しが追加されました。左揃えのチェックボックスと組み合わせることで、スペースを取らずに読みやすいレイアウトになりました。

チェックボックスをラベルや他のウィジェットとインラインで並べることで、よりコンパクトなレイアウトが可能になります。

・MODIFIERS REDONE

モディファイアや他のスタックは、ドラッグ&ドロップで並び替えができるようになりました。それらのレイアウトは、サブパネルと現在のユーザーインターフェイスガイドラインを利用するために完全に書き直されました。

  • Shift+Dで複製
  • Ctrl+Aで修飾子を適用
  • Xで削除する
  • 開く/閉じるパネルをトグルするには A
  • 新しい「Move to First」と「Move to Last」ボタン

この変更は、グリースペンシル モディファイア、ビジュアル エフェクト、オブジェクト、ボーン制約にも適用されます。

・必要な統計情報

  • 統計3Dビューポート:シーンの統計情報が3Dビューポートのオーバーレイとして利用できるようになりました。
  • 統計情報ステータスバー:ステータスバーをカスタマイズして、新しいビデオメモリの詳細を含む個々の統計を切り替えることができます。

・その他のインターフェースの改善

NUKE DISTORTION

この新しいレンズディストーションモデルは、Blenderでモーションを解決し、NukeやNatronでコンポジットを行うことを可能にします。

その他の改善一覧

Blender 2.90リリースノートはこちら

Blender 2.90 Release

[9月26日:更新] Blender 2.90.1 がリリース

9月23日(現地時間)Blender 2.90.1 がリリースされました。

このリリースは安定性を向上させるための39のバグフィックスが含まれている修正リリースで、アップデートが推奨されています。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから


Blender 2.90 のダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました