スポンサー

3Dデジタルスカルプトソフトウェア「Mudbox 2020」がリリース!気になる新機能は…

CGソフト

Autodeskは、デジタルスカルプトソフトウェアの最新アップデートであるMudbox 2020をリリースしました。

このアップデートは、Maya 2020、Maya LT 2020、Arnold 6.0などと同時にリリースされたもので、Flameとのデータリンク機能が追加されています。

Flameとのデータリンク

Mudboxは、Autodesk Flameとモデル情報を直接交換できるようになりました。

ファイル> Flameに送信を使用して、MudboxとFlameの間にデータリンクを作成します。作成後、このリンクは反復的なラウンドトリップワークフローをサポート。Flameのシーンから開始し、スカルプトディテールを追加するためにジオメトリをMudboxにエクスポートしてから、元のシーンにマージします。

新機能はこの1つのみ、変更ログによるとバグ修正もMacのための2つとなっており、すこし寂しいアップデート内容となっています。

このアップデート内容に失望したユーザーが、フォーラムに「 is this a joke? 」というスレッドが立てられてで話題のトピックになっています。


Mudbox 2020 の新機能の詳細はこちら(英文)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました