スポンサー

VUE と PlantFactory がアップデート!現実地形のインポート、新しい雲のモーフィングやアニメーションVDBエクスポートなど

CGソフト

現地時間2019年12月11日、E-on SoftwareはVUEおよびPlantFactoryの2019年第4四半期リリースの提供を発表しました。

このリリースでは、PBR標準、クラウドモーフィング、現実世界の地形のインポート、3ds MaxおよびMayaのPlantFactoryインポーター(技術プレビュー)、10の植物学的に正確な植生種、250を超える新しいコンテンツアセット、 60を超える追加機能、パフォーマンス、ユーザーエクスペリエンスの強化が行われています。

新機能

現実世界の地形

この新しいオプションにより、エンドユーザーは地球上の任意の場所を選択し、基礎となる地形高度データを抽出できます。利用可能なデータセットによっては、地形標高データはサンプル間で3メートルまで低くなる可能性があります。抽出された高さマップは、高度な芸術的制御を可能にするために、高さフィールド地形または手続き型地形に自動的に変換されます。

アニメーションクラウドのVDBエクスポート*および新しいクラウドモーフィングテクノロジー

ユーザーは、クラウドアニメーション(スタンドアロンクラウド(MetaCloud)またはボリュームクラウドレイヤーの両方)を、アニメーションVDB(フレームごとに1つのVDBファイル)としてエクスポートできるようになりました。さらに、R4リリースでは、2つのMetaCloudを一緒にモーフィングする新しい機能が追加されています。この新しいテクノロジーは、2つのクラウドジオメトリとマテリアルの外観の間にスムーズな補間を自動的に作成します。

PBRテクスチャマップへのプロシージャルマテリアルベイキング*

ユーザーは、作成されたプロシージャルマテリアルからテクスチャマップにMetallic / Roughness PBRチャネルをベイクおよびエクスポートできるようになりました。汎用のUVアンラッパーおよびUVパッキングアルゴリズムが大幅に最適化され、メッシュサイズと解像度に応じて最大x15のベーキング速度の向上が可能になりました。エクスポートされたテクスチャマップは、新しいカラーブリードブレンディングアルゴリズム(スマッジおよび平均カラーフィラー)の恩恵を受けて、サードパーティアプリケーションでメッシュを再マッピングするときに目に見える継ぎ目を減らします。

VUEプロシージャルロックをBlenderにエクスポートし、すべてのPBRチャンネルをテクスチャマップに焼き付けました。

3ds MaxおよびMaya用のPlantFactoryインポーター*

この新しいリリースでは、e-onソフトウェアは、PlantFactoryコンテンツ専用のインポーターから始まる、今後のネイティブインポータープラグインの最初のテクノロジープレビューを導入します。プラグインは、ベイク処理やエクスポート処理を行わずに、ホストアプリケーション内で公開されたパラメーターだけでなく、状態、成熟度、季節の読み込み、編集、ネイティブPlantFactoryコンテンツの変換を可能にします。

初期プラグインは、3ds Max 2019-2020およびMaya 2019(Windowsのみ)と互換性があります。 3ds Maxでは、プラグインは次のレンダラーのマテリアルを生成できます:V-Ray Next、Scanline、ART Renderer。 Mayaでは、現在のところV-Ray Nextのみがサポートされています。同社が相互運用性の開発を拡大し続けている間、他のホストアプリケーションとレンダラーがまもなくサポートされます。

VUEおよびPlantFactory R4のその他の注目すべき新機能

以前の四半期リリースと同様に、e-onソフトウェアは、次のような他の多くの新機能とUI / UX拡張も追加しました。

  • 書き直され最適化されたFBX形式のインポート。
  • 物質の互換性の強化:マルチグラフ.sbsarのサポート、SDKをバージョン7に更新、アニメーション.sbsarファイルのサポート、いくつかの追加.sbsar入力のサポート。
  • パストレーサーレンダラーは、正投影、フィルムオフセットをサポートし、マルチパスチャネルをレンダリングします。
  • 参照された長さに基づく新しいLOD選択メカニズム。
  • Pythonスクリプトオプションの多数の更新。
  • MacOS Catalinaとの互換性を追加。
  • さらにもっと。

*エクスポートおよび統合プラグインは、プロフェッショナルおよびエンタープライズソリューションでのみ利用可能。

プラントカタログコレクションの更新*

この2019年第4四半期リリースでは、10個のHDおよびLD-植物学的に正確な-植生種の新しいバッチも提供します。

針葉樹:アカエゾマツ、セコイアデンドロンギガンテウム、Thuja plicata、Tsuga mertensiana
茂み:Lupinus arboreus、Tamarix gallica
ヤシ:Hyophorbe lagenicaulis
多年生植物:Bellis perennis、Lupinus polyphyllus、Juncus effusus ‘Spiralis’
*PlantCatalogの互換性は現在、エンタープライズソリューションのみに含まれています。

新しいコレクションアイテム

e-onソフトウェアは、以前Cornucopia3Dで販売されていた所有コンテンツコレクションを、新しいソフトウェアソリューションのユーザーに段階的にリリースし続けています。したがって、R4リリースには、大気、材料、車両、動物、サンプルシーンなどで構成される250を超える3Dアセットの新しいバッチが含まれています。

可用性

新しいアップデートは、同社のVUEおよびPlantFactoryソリューションのすべての登録ユーザー向けの無料ソフトウェアアップデートとしてダウンロードできます。ユーザーは、ユーザーアカウントページ([ソフトウェアセンター]タブの下)にソフトウェアの更新とPlantCatalogのダウンロードリンクがあります。

2019年第4四半期の試用版も、 https://info.e-onsoftware.com/try から無料ですぐに入手できます。

すべてのVUEおよびPlantFactoryソフトウェアタイトルは、英語、フランス語、ドイツ語で利用でき、MacOSX 10.15+のWindows 7、Windows 8、およびWindows 10(64ビットのみ)、およびMac Intel(64ビット)のすべてのバージョンで動作します。

VUEおよびPlantFactoryの詳細については、次を参照してください。

vueの情報をもっと見る

plantfactoryの情報をもっと見る


フルリリースノートはこちら

E-on Software Announces the Availability of its Q4 2019 Release for VUE and PlantFactory(E-on Software 公式)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました