スポンサー

カスタム3Dキャラクター作成ソフト Adobe Fuse が開発中止

CGソフト

カスタム3Dキャラクター作成ソフト Adobe Fuse が開発中止が発表されました。

ジャネット・マシューズ氏の投稿によると

業界全体で、デザインメディアとしての3Dは、プロトタイピング、ブランディング、マーチャンダイジング、製造、およびエクスペリエンスの重要な部分になりつつあります。 3Dは、世界中のグラフィックアートやデザインで見られる独自の生活を展開しています。また、デジタルエクスペリエンスを再定義し、拡張現実および仮想現実のワークフローに接続します。

アドビは、Adobe DimensionProject AeroSubstance suite、 その他の3Dサービスなどの革新的な新しいツールを使用して、次世代の3DおよびARクリエイティブを強化しています。

これらのイニシアチブに集中するには、リソースの完全なコミットメントが必要です。その結果、2015年に買収した3Dキャラクター作成ソフトウェアであるAdobe Fuse(ベータ)の今後の開発を停止しました。

Fuseはできるだけ長く利用できるようにしましたが、残念なことに、互換性のないテクノロジーコンポーネントにより、今年後半にリリースされる最新のMac OS(10.15)での動作がすぐに停止します。古いMacオペレーティングシステムまたはWindowsでFuseを引き続き使用できます。ヒューズはCreative Cloudから削除され、2020年9月13日からダウンロードできなくなります。

3Dキャラクターは依然として多くのプロジェクトの重要な側面であり、今後も堅牢なキャラクターワークフローを維持する予定です。併せて、3DキャラクターリギングおよびアニメーションWebサービスであるMixamo.comの更新をお知らせいたします。すぐに使用できる新しい3Dキャラクターと更新されたUIを多数見つけることができます。

当社のリソースは引き続き3D&ARイニシアチブにコミットしており、新しい世代のデザインへのこの旅を継続できることを楽しみにしています。

Fuseは開発中止するが、3Dのキャラクターは重要だと捉えているようです。

同時にMixamoが更新されたということなので、機能が引き継がれたのかと思って確認してみました。

キャラクターを選んでアニメーションさせることができるようになっていますが、キャラクターをカスタマイズできるようにはなっていないようです。

 

リンク:https://theblog.adobe.com/an-update-on-adobe-fuse-as-adobe-moves-to-the-future-of-3d-ar-development/

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました