スポンサー

Substance Designer 2019.2.0 がリリース!ドットノード、HDRマップなど

CGソフト

Substance Designer 2019.2.0 サマーリリースが利用可能になりました。

ドットノード、HDRマップ、および大規模な最適化などがアップデートされました。

Substanceチームによると

今日、Substance Designerでは、ご要望の多くの機能を提供できることを嬉しく思います。

私たちは、マテリアルエキスパートからの要望が多かった、ドットノードから始めようとしました。

UXの改善

これは最も重要な機能リクエストの1つです。  接続を再ルーティングし、グラフをクリーンアップします。 小さいながらも強力であり、ワークスペースで何が起こっているかを整理して表示するのに役立ちます。

ジェスチャ:スペースバーをクリックすると、Substance Designerのアトミックノードを含むメニューが表示されます。 さらに一歩進んでコンテンツへのこのクイックアクセスをカスタマイズしたい人のために、スペースバーメニューでお気に入りを追加できるようになりました。

また、ノード出力をクリックしてどこにでも行けば、メニューが表示され、互換性のあるすべてのノードにアクセスできます。 これは、学習するとき、または非常に複雑なグラフの作成をナビゲートしようとするときに非常に役立つはずです!

リアルタイムのOpenGLレンダラーには、新しい創造的な可能性を開くいくつかの新機能もあります。 異方性、コーティング、表面下散乱を表示できるようになりました。

大規模な最適化:ライブラリの高速化とスライダーのスムーズ化

ライブラリは2〜8倍高速です。 これは、シェルフ内のマテリアルのアップロードが目に見えて速くなったことを意味します。

グラフのコンパイルにキャッシュを追加したため、微調整が最終結果にどのように影響するかを表示する時間が大幅に短縮されました。 スライダーがどれだけ滑らかになったかを感じてください!

高品質でカスタマイズ可能なHDRマップ

高品質でカスタマイズ可能なHDRマップの作成専用のコンテンツの新しいツールボックスを使用して、シーンに光をもたらします。

HDR マージ

複数のLDR(ローダイナミックレンジ)写真をまとめて1つのHDR画像を作成します

直下パッチ

三脚(および場合によってはその影)を取り除くことは、球面変形を考慮すると退屈な作業です。 このノードを使用すると、変形を考慮しながら、HDRIの地上部分のクローン/パッチを適用できます。

直下抽出

このノードは、HDRIからテクスチャを抽出して、3Dシーンの地面テクスチャをマッピングするのに特に役立ちます。

色温度調整

入力画像の色温度を調整します。 HDR値を非常にうまく処理します。

水平線をまっすぐにする

名前が示すように、緯度/経度環境マップを回転させます。 撮影条件によっては、360°のパノラマが真っ直ぐにならない場合があります。 このノードを使用すると、回転を簡単に修正できます。 水平線を使用して、回転を自動的に修正することもできます。

Physical Sun&Sky

このノードは、Hosek-Wilkie Skylightモデルの実装です。 太陽の位置を設定するだけで、物理的に正確な空のパノラマが生成されます。

平面ライト

3Dシェイプのように長方形のライトを生成します。 2Dビューでその位置を変更し、テクスチャを適用し、温度またはRGB値を使用して色を設定できます。

Line Light

線状のライトを生成し、2Dビューでその位置を変更します。 プレーンライトと同様のオプションがありますが、ネオンライトのような細長い形状に設計されている点が異なります。

Sphere Light

球形のライトを生成し、2Dビューギズモを使用してその位置を変更します。 球状のテクスチャを適用して、遠くの惑星を作成することもできます。

Bonus: PythonおよびMDLの更新

ボーナス:PythonおよびMDLの更新

本日のSubstance Designerリリースには、スクリプト作成のエキスパート向けの非常にエキサイティングなアップデートも含まれています。Pythonパッケージングシステムにより、アーカイブをレパートリーに変換できるようになりました。 Pythonプラグインを簡単に交換できるようになりました!

また、重要なIRayの更新もあります。RTXGPUをサポートするようになり、互換性のあるハードウェアを使用する場合のレンダリングが高速になります。 また、MDL 1.5をサポートする最新のIray SDK(2019.1)の統合により、MDLグラフを.mdleファイルにエクスポートできます。

リンク:https://www.substance3d.com/blog/dot-node-hdr-maps-massive-optimizations-substance-designer-summer-2019

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました