D5 Render 2.8 がリリース!AIエンハンサー、ライティングエフェクトの追加など

CGソフト

2024年7月2日(現地時間)- Dimension 5 は、建築ビジュアライゼーション向けリアルタイムレンダリングツールの最新アップデート D5 Render 2.8 をリリースしました。

新機能ハイライト

この最新バージョンは、ディテール向上、ライティング効果、ワークフローの効率化などに重点が置かれており、AIエンハンサー、高度なライティングエフェクト、190以上の新アセットの追加などが行われています。

AIエンハンサー(ベータ版)

AIエンハンサーツールはD5 Render 2.8の目玉機能です。ライティング、マテリアル、キャラクタ、乗り物、植物など、レンダリング内のさまざまな要素を強化してくれます。

このツールは、3つの強度レベル(弱(weak)、ノーマル(normal)、強(strong))でエリアを選択的に強調することができ、レンダリングをより詳細でリアルなものにします。AI Enhancer Channelを使用すると、エリア選択の精度が向上し、強化内容を正確にコントロールできます。さらに、D5アカウント内ですべてのエンハンスメントタスクを追跡および表示することができ、レンダリング改善の包括的な履歴を確認することが可能となっています。

高度な照明エフェクト

D5 Render 2.8では、照明を使いこなすための機能強化が行われています。

最適化された半透明エフェクト

「光の影響を受ける(Affected by Light)」オプションを有効にすることで、色付きグラデーションガラスのようなエフェクトを実現できるようになりました。不透明度の値を調整し、白黒マップを使用して不透明度パターンを制御することで、ダイナミックな光の相互作用が可能になります。

太陽光のコースティクス

この機能は、リアルな太陽光の屈折と反射をシミュレートし、調整可能な強度とソフトネスでHDRIシーンを強化します。「Custom (カスタム)」、「Transparent (透明)」、「Water (水)」マテリアルテンプレートのコースティクスオプションを有効にすると、コースティクスを効果的に表示できます。

レインボーフレア効果

太陽の周りに現実世界のカメラエフェクトを模倣したカラフルな ハロを追加しすることができるようになりました。

HDRIスカイカラーの強化

HDRIの新しい「Sky Color」オプションにより、色相と彩度を調整し、空の色と強度をコントロールできるようになりました。この機能により、シーンの雰囲気をよりコントロールすることができるようになりました。

ワークフロー統合の最適化

D5 Render 2.8では、RhinoとVectorworks用の新しいLiveSync統合によって、より効率的になりました。これらの統合により、モデル編集、マテリアル、ビューポートのリアルタイム同期が可能になり、シームレスな更新と中断のないワークフローが可能になりました。

D5 Scatterのアップグレード

植物やオブジェクトが散乱しない領域を定義するためのCull Effectが追加され、Scatterのプリセットを保存して簡単に再利用できるようになりました。

アセットライブラリの拡張

アセットライブラリが大幅に拡張され、建設現場の設備、アニメーション化された機械、車両など、特に AEC 業界のニーズに対応したものを中心とした 190以上の新しいモデルが追加されました。

さらに、Scatter ライブラリに 17 個の Scatter プリセットも追加されています。

新機能と強化機能

  • 「Text to 3D」にスカルプチャーと PBR スタイルを追加: テキストベースの 3D モデルのディテールとリアリズムを強化する新しいスタイルが追加されました。
  • 最適化されたAIによるシームレスなインタラクション: 画像解析技術を使用して、縦、横、または両方向の継ぎ目を自動的に判断し、削除できるようになりました。
  • Opacity MAP to Displacement Material Template:マテリアルのカッティングを正確に制御し、生け垣、フェンス、竹の編み面などに凹凸や空洞のエフェクトが適用できます。
  • リアルタイムAO調整:新しい「AO Overlay in Preview」機能により、ビューポートで直接ディテールを強調することができます。Effect > Styleにあるこのツールは、アンビエントオクルージョン(AO)の強度をリアルタイムで調整できるため、ポストプロダクションソフトウェアが不要になります。

パフォーマンスの向上

D5 Render 2.8には、よりスムーズなレンダリングを実現するための以下のような最適化が行われました。

  • メモリ使用量の削減: メモリ使用量の削減:最適化された画像レンダリングアルゴリズムにより、ピーク時のメモリ使用量を最小限に抑え、クラッシュのリスクを低減します。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上: ユーザーを念頭に置いて設計されたD5 Render 2.8は、コミュニティ主導の言語パック、ギズモローテーションの改善、ナビゲーションモードでのマウススピード調整機能を備えており、デザインプロセスをよりスムーズで直感的なものにします。

その他の機能

  • ビデオモードでの可視性コントロール: モデルやレイヤーの表示/非表示を切り替えるトグルが追加され、キーフレームアニメーションが容易になりました。
  • モデルのアニメーションコントローラー: ビデオモードでのアニメーションモデルがサポートされ、ダイナミックなプレゼンテーションが強化されました。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

D5 Render は、DXRをサポートするWindows v1809以降で利用できます。少なくともNVIDIA GeForce GTX 1060 6GBが必要となります。より詳しいシステム要件やビデオカードでのパフォーマンス比較の確認はこちらから

価格は、Proライセンスが38ドル/月または360ドル/年 、2名以上のチーム向けライセンスが75ドル/月または708ドル/年です。 無料のCommunityライセンスも用意されており、ウィジェットやクラウドベースアセットライブラリへのアクセスが制限されますが、無料で使用できます。

ライセンス月額料金年間料金機能
Pro38ドル360ドル全機能利用可能
TEAMS (2名以上)75ドル708ドル全機能利用可能
Community無料ウィジェットやクラウドベースアセットライブラリへのアクセスが制限

無料版のダウンロードはこちらから

最新の価格と機能比較表の確認はこちらから

お得なクーポン

こちらから購入ページへいくと、D5Proを5%オフで購入することができます。


D5 Render ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました