3Dトラッキングツール SynthEyes 2024.5 がリリース!FlameやBlenderエクスポーターのアップデートなど

CGソフト

2024年6月26日(現地時間)- Boris FX は、プロフェッショナルな3Dトラッキングの最新アップデート SynthEyes 2024.5 をリリースしました。

新機能ハイライト

改良されたFlame エクスポーター

SynthEyes用の新しいFlame Exporterは、SynthEyesとAutodesk Flame 2025+間のシームレスな統合を実現し、VFXワークフローを強化してくれます。

このパワフルなツールでは、トラッキングデータ、レンズディストーション情報、3Dエレメントの転送を簡素化し、クリエイティブプロセススムーズで効率的なものにします。また、直感的な右クリックメニューと自動化されたセットアップにより、簡単にデータを送受信することができ、技術的な作業に費やす時間を削減することができます。

新しいFlame Exporterの主な機能は以下の通りです:

  • シームレスなデータ転送: SynthEyesとFlame間でトラッキングデータ、レンズディストーション情報、3Dエレメントを簡単に送受信できます。
  • 直感的な右クリックメニュー: 必要な機能に素早くアクセスでき、ワークフローを効率化します。
  • 自動セットアップ: 初期設定を簡素化し、時間と労力を節約します。
  • 堅牢なレンズ歪み処理: 標準的なラジアルおよびアナモフィックレンズのディストーションモデルをサポートし、正確な結果を得られます。
  • 自動オーバースキャン調整: 必要なオーバースキャンを計算して適用することで、画像のクリッピングを防ぐことができます。
  • 簡単なトラック更新: Flameでの作業を失うことなく、シームレスにトラッキングデータを更新できます。
  • 3D平面のサポート: カードやサーフェスをSynthEyesからFlameに正確なサイズと位置でエクスポートできます。

長方形サイズ変更ツール

長方形サイズ変更(Rectangle Resizing)ツールにより、平面、カード、サーフェス、その他のメッシュのローカル座標のエッジを、正確かつ簡単に再配置して、位置合わせすることができるようになりました。

パースビューでは、メッシュのリサイズ長方形は、Shiftキーを押しながらドラッグすると縦横比を維持し、Controlキーを押しながらドラッグすると高さが変更され、Controlキーを押しながらドラッグすると回転します。これは、平面やサーフェスを適用された画像にすばやく整列させ、正確なショット解像度を合わせるのに最適です。

Blender エクスポーターのアップデート

包括的なBlender Exporterのアップデートにより、スムーズで効率的なワークフローが可能になりました。

  • Blender 4.0との互換性
  • エクスポートプロセスを合理化
  • エラー処理の改善

SynthEyesは、今後もBlenderの頻繁なアップデートに継続して対応する予定です。

強化されたカメラ互換性

Blackmagic Design、RED、ARRIカメラのアップデートがライブラリに追加され、URSA Cine12K LFやRED V-Raptor Xなどの最新モデルとの互換性が確保されました。

SynthEyesのRAWカメラフォーマットの読み込み機能は、その高いパフォーマンスと相まって、現場でのトラッキングや迅速なプリビジュアライゼーションに最適です。

ツールの改善と生産性の向上

Silhouette エクスポーターのアップデート、焦点距離メタデータのサポート、エクスポート トラッカー ロジックの強化、トラッカー数の制限などのツールの改善が行われました。

  • Silhouette Exporterのアップデート:SynthEyes Silhouette Exporterは歪み予測とトラッカーカラーのエクスポートをサポートし、SynthEyesからSilhouetteへのシームレスな2D/3Dトラッキングデータの転送が可能になりました。これにより、手動調整を最小限に抑え、生産性を向上さ せることができます。
  • 焦点距離メタデータのサポート:カメラの焦点距離データをSilhouetteから直接インポートできるようになりました。この機能により、センサーサイズに基づいたおおよその値が保証されます。
  • トラッカーをエクスポートするロジックの強化: SynthEyesは、より多くのトラッカーを含めることができるかどうかを検出し、それらをエクスポートするか、現在の選択を維持するかを決定するよう促し、トラッカーの最大値を自動的に調整するようになりました。
  • トラッカー数の制限: Flame、Fusion、Houdini、Nukeで “Maximum Trackers “コントロールが使用可能になり、エクスポートされるトラッカー数を制限できるようになりました。
  • Synthiaの新しいタイムシフトコマンド: 画像を変更することなく、特定のフレーム数だけカメラを簡単にタイムシフトできるようになりました。
  • エクスポートのアライメント: FusionとNukeのエクスポートコントロールが更新され、一貫性のある直感的なユーザーエクスペリエンスが提供され、ワークフローが合理化され、使い勝手が向上しました。

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Silhouetteは、MacOS12、Windows 10 および 11、Linuxで、スタンドアロンアプリケーションとして利用できます。3d Max、After Effects、Blender、Flame、Fusion/Resolve、Houdini、Lightwave、Maya、Nukeなどお好きなアプリケーションにエクスポートするオプションが含まれています。

より詳しいシステム要件はこちらから

ライセンスは永久ライセンスと年間/月ごとのサブスクリプションオプションが利用可能です。

サブスクリプション49ドル/月または295ドル/年
永久ライセンス
※12 か月間の無料アップグレードとサポート含む
595.00ドル
アップグレードとサポートリニューアル195.00ドル

また、Boris FXのすべてのソフトウェアが含まれたBoris FX Suite にも含まれています。

詳しい価格の確認はこちらから

最新版や無料トライアルはBorisFXHubから可能です。


SynthEyes 2024.5: Work Faster in Flame and More

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました