オープンソースのウェブグラフィックスエンジン Babylon.js 7.0 がリリース!ノードジオメトリ、GI、Gaussian Splatting、ラグドールなど

CGソフト

2024年3月28日(現地時間)オープンソースのウェブグラフィックスエンジン Babylon.js 7.0 がリリースされました。

新機能ハイライト

Babylon.jsは、3DウェブグラフィックスのためのオープンソースのJavaScriptフレームワークです。Webブラウザ上で高品質の3Dグラフィックスやゲームを実装するためのツールとして利用されます。このリリースではプロシージャルジオメトリ、グローバルイルミネーション、ガウシアン スプラッティング レンダリング、ラグドール物理演算、MMDサポートなど多くの新機能が追加されました。

プロシージャルジオメトリ(ノードジオメトリ)

ノードジオメトリ(Node Geometry)と呼ばれる非破壊のノードツリーシステムを使って、プロシージャルなジオメトリを作成できる高度なシステムが実装されました。

Babylonのノードマテリアルとノードマテリアルエディター(NME)に既に慣れ親しんでいる方なら、ノードジオメトリーエディターに違和感を感じることなく使用できます。この使いやすいツールを使えば、非破壊でジオメトリツリーを組み立てることができ、小さなジオメトリのバリエーションからプロシージャルな 世界/風景全体を作成することができます。

プロシージャルジオメトリは、実行/ビルド時に複雑なジオメトリを作成する機能を備えています。これは、エンドユーザーが大きな3Dアセットをダウンロードする必要がないことを意味します。ローカルマシン/デバイスがCPUを使用してこれらのアセットを作成することができるので、ウェブ訪問者に何百MBもの3Dアセットのダウンロードを要求する代わりに、数KBのノードジオメトリデータをダウンロードしてもらい、マシンにジオメトリを作成させることができます。これにより、クリエイターは、独自のウェブ体験に最適なローディング/パフォーマンスの最適化を提供できるようになります。

Node Geometry Editorを試す

デモページへ

グローバルイルミネーション

Babylon.js7.0では、基本的なグローバル・イルミネーションのサポートが導入されました。この非常に待ち望まれていた高度な機能により、Babylon.jsのシーンでは、光と影が、より現実に近い形で環境を「バウンス」され、よりリアルなレンダリングが可能となりました。

グローバルイルミネーションは、ウェブレンダリングにおける大きな進歩とされており、Babylon.js 7.0に付属するすべてのものと同様、完全にフリーでオープンソースです。

デモページへ

Gaussian Splatting レンダリング

Gaussian Splattingは、Neural Radiance Fields、点群、ビルボードを使用してボリュームデータをキャプチャして表示するための新しいテクニックです。簡単に言えば、優れた視覚的忠実度とパフォーマンスで現実世界をキャプチャし、表示することを可能にする高度な方法です。

Babylon.js 7.0では、ウェブ上においてすべてのデバイスで、60fpsで動作するGaussian Splatsのレンダリングをサポートしています。

デモページへ

ラグドール物理演算

Babylon.js 6.0 でのHavok Physicsサポートの勢いに乗って、ラグドールアニメーションのサポートが追加されました。これにより、どんなスケルタル・リグを持ったアセットでも、ボタンを押すだけで、ぐにゃぐにゃと崩れたり、跳ね回ったりできるようになります。

デモページへ

最新のWebXRサポート

このリリースでは、フルスクリーンGUI、タッチ可能なUI要素、ワールド・スケール、アンチエイリアスされたマルチビュー、手とコントローラーを同時に使用する機能など、いくつかの新しいWebXR機能のサポートが追加されました。

デモページへ

Apple Vision Proのサポート

このリリースでは、Apple のVision Proがフルサポートされ、ボタンを押すだけで、ウェブを通じて没入感のある世界を体験できるようになりました。

Apple Vision Proをお持ちの方は、こちらから試してみることができます。

高度なアニメーションシステムの更新

Babylon.js の基礎となるアニメーションエンジンがアップデートされ、アニメーショングループをブレンドする機能とアニメーションの特定の部分をマスクする機能が追加されました。

これにより、前進歩行サイクルを横方向の移動とモーフターゲットリップシンクと一緒に組み合わせるなど、複雑なアニメーションの組み合わせが可能になりました。

最新のglTFサポート

Babylon.jsのすべてのバージョンには、完全なglTF仕様への更新されたサポートが付属しています。これは、Babylonプラットフォームがウェブ上の最先端かつ最先端のレンダリングを、常に行えることを意味します。Babylon.js 7.0では、その伝統が継続され、DispersionおよびAnisotropy glTFエクステンションのサポートが追加されました。

KHR_materials_dispersion デモページへ

KHR_materials_anisotropy デモページへ

グリースドライン

新しいグリースドライン(Greased Line)というシステムがコアエンジンに組み込まれました。この新しい特別なタイプの線は、メッシュシステムを使用して構築され、指定された幅の線を表示します。これらのラインには特別なシェーダーが備わっており、カメラに常に向くようになっています。そのため、カメラがどこに移動しても一貫して表示されます。

デモページへ

高度な地上投影

360スカイボックス/環境を使い、下半分を “偽の “地面に変換して、シーン内の3Dオブジェクトを接地しているように見せることができるようになりました。

デモページへ

シームレステクスチャーデカール

Babylon.js 6.0で導入されたテクスチャデカールは、シーン内の3Dオブジェクトの既存のテクスチャに画像を投影する新しいオプションを提供しましたが、Babylon.js 7.0では、同じシステムがUV境界を越えてシームレスにマッピングできるようになりました。つまり、UVレイアウトのきれいさに関係なく、デカールはどんな3Dオブジェクトでも完璧に機能するようになりました。

デモページへ

MMDサポート

コミュニティによる拡張機能により、MMD(MikuMikuDance)の3Dアセットとアニメーションをインポートする機能が追加されました。

アセットやアニメーションの読み込みに加え、IKソルバー、モーフシステム、同期オーディオ再生、プレイヤーコントロールなどもサポートしています。

デモページへ

その他すべてのアップデート内容の確認・詳細はこちらから

ダウンロード

Babylon.jsは 無料で利用でき、GitHub上でオープンソースとして公開されています。

Babylon.js github ページへ

Babylon.js ウェブサイトへ


Introducing Babylon.js 7.0

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました