3dsMax用の多機能パーティクルプラグイン tyFlow 1.100 がリリース!メッシュのブール演算と破砕を行う新しいエンジンPRISMが追加

プラグイン

2024年1月26日(現地時間)- Tyson Ibele Productions は、3dsMax用のプラグイン tyFlow 1.100 をリリースしました。

tyFlowについて

tyFlowは、3dsMaxのパーティクルシステムであるParticle Flowの代替として、現代のマルチコアシステムの速度とパワーを最大限に引き出すためにゼロから作られたツールです。Particle Flowと似たレイアウト、UI、ワークフローを持ちますが、Particle Flowより優れている機能が多くあります。

シンプルなパーティクルシミュレーションツールとしてスタートしたtyFlowですが、その範囲は今や世界中のVFXパイプラインの多くの重要な部分にまで拡大しています。ここ数年で、ゲーム、広告、テレビ、映画で使用されるようになり、今では多くの3ds Maxユーザーに利用されるようになりました。

■物理演算

tyFlowのソルバーは、剛体、群衆、粒、布、ロープ、その他あらゆる種類のマテリアルを扱うことができます。tyFlowはPhoenixFD、FumeFX、Ornatrixと直接連携することもでき、複雑なシミュレートされた現象間の高度な相互作用を可能にします。

■カオスをコントロール

tyFlowのメッシュスライスとフラクチャリングアルゴリズムは、NVidia PhysXライブラリの実装と組み合わせることで、あらゆるオブジェクトの破壊を簡単に行うことができます。ハードサーフェス変形も可能で、ジオメトリを曲げたり、ゆがめたり、押しつぶしたりすることができます。

■あらゆることに対応

tyFlowはパーティクルだけにとどまりません。OpenVDBとの統合や、追加のモディファイア、ヘルパー、コントローラ、テクスチャマップ、その他のツールにより、プロシージャルなコンテンツ作成パイプラインの必要不可欠な一部となります。

tyFlowは常に成長しており、新機能は常に追加されています。以下はその一例です。

Cloth Solver
で引き裂く

Particle Bind Solver
でまとめる

VDB
で幻想的な構造
を成長させる

PhysX
で粉砕、粉砕、破壊

tyActors
でキャラクター
の大群を演出

tyFlowとParticle Flowの主な違い

  • コア機能はすべてマルチスレッド
  • 自動リアルタイムタイムラインキャッシュ
  • 高速で堅牢なパーティクルコリジョンエンジン
  • 剛体シミュレーションに最新のPhysX SDKを使用
  • 粒、布、ロープなどをシミュレーションするための高速でOpenCLで加速された拘束ソルバー
  • パーティクルの軌跡、近傍、拘束を動的スプラインに変換するツールが搭載
  • オブジェクトは自己完結しており、シーンに隠されたオブジェクトは作成されず、管理されません。
  • 動的なメッシュ破壊のための多くのフラクチャリングツール
  • シミュレーションのカスケードをサポートし、パーティクルの初期化と階層的なキャッシュを高速に行います。
  • シミュレーションのリタイミングをサポート
  • 群衆シミュレーションツール
  • 動的なメッシュ破壊と破砕のオペレータ
  • 高速でマルチスレッドのC#スクリプトをサポートし、完全なパーティクル制御が可能に
  • PRT/オブジェクト/キャッシュのエクスポート
  • PhoenixFDと統合され、 グリッド-パーティクル影響(grid-particle influence/advection) をサポート
  • Nitrous と統合され、ビューポートインスタンシングをサポート
  • VRay と統合され、レンダーインスタンシングをサポート
  • Deadline と統合され、レンダーファームへのエクスポートをバッチ処理できます。
  • Particle Flowにはないユニークな機能が他にもたくさんあります。

tyFlowには非常に多くの機能があり、公式もそのすべてを1つのリストで列挙するのは難しいとしています。その幅広い機能を知るには、公式ドキュメントを閲覧したり、100以上の公式サンプルシーンファイルをダウンロードしたり、公式Instagramページをチェックしたりすることがおススメされています

v1.10新機能ハイライト

このリリースでは、PRISMという新しい機能が追加されました。

PRISMとは

PRISM(Polygon Refinment via InterSecting Meshes)は、tyFlowのために特別に作られた、メッシュのブーリアン演算と破砕を行う新しいエンジンです。メッシュに対して通常のブーリアン演算を行うだけでなく、メッシュの破砕や破壊に特化したより高度な処理も行うことができます。PRISMは、tyBooleanモディファイア内のtyFlowの既存のブーリアンエンジンを完全に置き換えるものとして実装されています(以前はオープンソースのCarveエンジンが使用されていました)。PRISMはまた、tyFlowの新しいMultifractureワークフロー(新しいtyMultifractureモディファイアとMultifractureパーティクル演算子で利用可能)を動かすエンジンでもあります。

■他のソリューションやソフトウェアパッケージと比較したPRISMの利点

  • PRISMは、すべてのメッシュ演算にCUDA GPUアクセラレーションを利用しています。このため、十分にパワフルなGPUと組み合わせれば、他のソリューションに比べて圧倒的なスピードアドバンテージを得ることができます。
  • PRISMは完全にマルチスレッド化されており、XPUアーキテクチャを採用しています。つまり、互換性のあるGPUが見つからない場合は、CPUバウンド関数がシステムコアの使用率を最大化し、すべての処理をCPU上で効率的に実行することができます。また、パーティクルのフラグメンテーションのように、多数の処理が同時に実行される場合、作業が効率的に分散されるよう、ダイナミックな負荷分散を利用しています。
  • PRISMは、すべてのブーリアン/破砕演算において、自己交差するメッシュや、一致/重複する三角形を扱うことができます。これらのタイプのメッシュのデジェネレイシーは、代替のCSGソリューションが生成する結果を通常台無しにしますが、PRISMはそれらをうまく扱うことができます。
  • PRISMのサーフェス/ボリュームスライスオペレータ(他のCSGエンジンでは通常使用できませんが、Houdiniのブール破砕ノードを使用したことがある人にはおなじみです)は、tyFlowユーザーに、フラットな切断面を持つメッシュのスライスに限定されない、メッシュを破砕する全く新しいアプローチを提供します。
  • PRISMはtyFlowのtyBooleanモディファイア、tyMultifractureモディファイア、Multifractureパーティクル演算子にシームレスに統合されているため、既存のブーリアン/フラクチャ/破壊ワークフローに非常に簡単に統合できます。

■PRISMの使用について

tyFlow 1.100の時点で、PRISMはtyBooleanモディファイアとtyMultifractureモディファイア、およびMultifractureパーティクルオペレータのデフォルトのブーリアン/CSG/フラクチャエンジンとして統合されています。tyFlowに含まれているため、個別のモジュールやDLLとしてインストールする必要はありません。

■その他の機能

  • Push modifier elementsモードで非マニホールドエッジを許可するオプションを追加。
  • tyMesher blobmeshモードにメッシュ適応度設定を追加。
  • tyPush elementsモードにセンターオプションを追加。
  • tyPush modifierのelement push設定に “outward from gizmo “モードを追加。
  • tyPush element push settingsに距離/フォールオフ設定を追加。
  • tySelectモディファイアに “UVW seam “選択モードを追加。
  • tySmoothモディファイアに明示的法線とマテリアルIDフィルタパラメータを追加
  • などなど

その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

tyFlow 1.100は、3ds Max 2018 以降をサポートしています。

一部の機能はCUDAが使用されておりNvidiaのGPUが必要となります。より詳しいシステム要件の確認はこちらから

価格は、1年間のメンテナンス付きの永久ライセンスで、PRO(ノードロック)ライセンスが495ドル、PRO(フローティング)ライセンスが695ドルです。機能が制限されていますが、無料版も用意されています。

ダウンロードはこちらから

価格の確認はこちらから


tyFlow ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました