NVIDIA RTX Remixのオープンベータが1月22日に開始、Half-Life 2 RTXの新トレーラーも公開

CGソフト
更新情報:NVIDIA RTX Remixのオープンベータが利用可能になりました。

2024年1月8日(現地時間) – Nvidia は、NVIDIA RTX Remixのオープンベータを1月22日に開始することを発表しました。さらに、NVIDIA RTX Remixを使用して作成されたHalf-Life 2 RTXの新トレーラーも紹介されています。

NVIDIA RTX Remixのオープンベータが1月22日に開始

NVIDIA RTX Remixは、レイトレーシング、NVIDIA DLSS、NVIDIA Reflex、最新の物理ベースレンダリング(PBR)アセット、およびこの度CESで発表された多くの生成AIツールの1つである生成AIテクスチャツールで、Modder(MOD製作者)がお気に入りのクラシックゲームをリマスターできるようにします。

NVIDIA Omniverse上に構築されたNVIDIA RTX Remixは、Call of Duty 2、Hitman 2: Silent Assassin、Garry’s Mod、Freedom Fighters、Need for Speed Underground 2、Vampireなどの固定機能パイプラインを持つDirectX 8および9ゲームをリマスターするためのエンドツーエンドのプラットフォームです。

Remixは、アセットをリマスターするためのCreatorアプリと、オリジナルのゲームアセットをキャプチャし、リマスターされたアセットをゲームに戻すためのRuntimeで構成されています。

RTX Remixへのアクセスは、これまで一部のアーリーアクセスModderに限られていましたが、1月22日からは、RTX Remixアプリケーションのオープンベータ版リリースにより、Modderなら誰でも互換性のあるクラシックゲームをリミックスすることができるようになります。

RTX Remixアプリの特徴

RTX Remixアプリは、クラシックゲームのRTX MODを作成するための中心的なUIです。簡単にゲームキャプチャをインポートし、アセットを強化し、完全なレイトレース照明(パストレース照明としても知られる)でシーンを再照明し、ビューポートでライブでその更新を確認することができます。

  • RTX Remixの読み込み(Ingestion)パイプライン:さまざまなファイル形式をUniversal Scene description (OpenUSD)に変換し、RTX Remixを含むOmniverseに接続されたお気に入りのアプリで簡単に開いて編集することができます。
  • 簡単なアセット交換:RTX Remixには、NVIDIAによって作成された高品質のUSDアセットが無料で用意されており、すぐにMODに使用することができます。そのままMODにインポートすることも、BlenderやAdobe Substanceなど、お好みのOmniverse接続アプリケーションを使ってプロパティをリミックスすることもできます。
  • さまざまな PBR マテリアル マップのサポート:アルベド(albedo)、メタリック(metallic)、ラフネス(roughness)、エミッシブ(emissive)、法線(normal)、サブサーフェススキャッタリング(subsurface scattering)、ハイトマップ(height map)など、さまざまなPBRマテリアルマップをサポート。パララックスオクルージョンマッピング(POM)を活用してテクスチャサーフェスをリアルにでこぼこさせることができ、完全なレイトレーシングの光と影との相互作用が向上。
  • 完全なレイトレーシングによるリライティング:基本的な光源を物理的に正確なダイナミック ライトに変換し、忠実度の高いレイ トレース シャドウを投射したり、風景を照らしたり、強化されたテクスチャの物理ベースのプロパティと相互作用させることができます。また、新しいライトを挿入して、シーンの見た目をさらに変化させることもできます。
  • リマスターに役立つ複数のビュー:例えば、ワイヤーフレームモードを使ってすべてのアセットのポリゴンのディテールを確認したり、”ホワイトモード(white mode)”を使ってニュートラルな状態でライティングを確認したりできます。

生成AIテクスチャツール

Moddingで最も時間がかかる部分の1つは、すべてのテクスチャを最新のゲーム標準に更新すること。つまり、物理ベースレンダリング(PBR)ワークフローを使って高解像度で作成し、マテリアルがレイトレースされたライティングに反応できるようにすることです。

ほとんどのMODチームは、各アセットに注意を払う時間がないため、AIは非常に貴重です。RTX Remixの生成AIテクスチャツールは、GeForce RTX GPUのテンソルコアを活用して、クラシックゲームの低解像度テクスチャを解析し、法線マップや粗さマップを含む物理的に正確なマテリアルを生成してから、解像度を最大4倍までアップスケールすることができます。

RTX RemixのAIによって強化されたテクスチャは、クラシックゲームに見られる単純なカラーを使用したテクスチャよりも大幅にアップグレードされ、アーティストは、ゲームのビジュアルを決定づけるヒーローアセットを手作業で再構築することに、より多くの時間を割くことができます。

NVIDIA Omniverseに接続されたアプリでアセットを再構築

RTX Remixは、複雑な3Dワークフローを接続する開発プラットフォームであるNVIDIA Omniverse上に構築されており、Universal Scene Description (OpenUSD)フレームワークを介して、RTX RemixとBlenderやAdobe Substanceのような一般的な3Dツール間でアセットを素早く移動することができます。

これは、各ゲームエンジンの固有の性質のために、改造しようとするゲームごとに固有のファイルフォーマットと独自のツールを扱うことに慣れている改造者にとって、ゲームチェンジャーとなります。

5つの異なるゲームで使いたい印象的なアセットを作った改造者は、そのアセットを5つの異なるファイル形式に変換し、それぞれに欠点があり、アセットを各ゲームエンジンにプラグインするために5つの専用ツールを使う必要があります。RTX RemixとOpenUSDを使えば、Modderは、お気に入りのOpenUSDアセットを様々なタイトルに転送できる単一の統一されたワークフローを持つことができ、同じプロセスで多様なゲームを簡単にリマスターすることができます。

RTX Remix Runtime

RTX Remix Runtimeを使用することで、より簡単に作品を調整することが可能となります。このランタイムは、アセットの置き換え、シーンのアップグレード、レイトレーシングの改善を行い、再生時にコンテンツを置き換え、完全なレイトレーシング、DLSS 3、Reflexを含むRTXテクノロジーを導入します。

ゲーム内でRemix Runtimeオーバーレイを表示させれば、体験をカスタマイズするためにライブで変更を加えることが可能になります。例えば、Real-time fogを追加して美しいボリューメトリックライティングを可能にしたり、レガシーアセットがハイライトされるモードを有効にして、MODで置き換えられたすべてのアセットを鑑賞できるようにしたりできます。

さらに、リリース予定のオープンベータ版では、Remix Runtimeに次のような機能強化が加えられています。

  • カメラ外のライトはカリングされなくなり、カメラやプレイヤーの向きに関係なく、すべてのレイトレースされた照明が常に最大距離でレンダリングされるようになりました。
  • クラシックゲームでは、よりリアルで詳細な床面を作成するために、テクスチャのレイヤーをブレンドする地形ベイクが使用されることがありました。Remixではこの機能がサポートされ、従来のテクスチャを新しい高解像度のテクスチャに置き換えることができるようになり、画質が劇的に向上しました。
  • 光の透過、屈折、散逸がマテリアルのレイヤーを通過するサブサーフェススキャッタリング(SSS)が葉でサポートされ、ゲーム内で光が森林の緑を透過し、植生の厚い部分を強調できるようになりました。RTX RemixアプリケーションでアセットにSSSマップを割り当てるだけで、ランタイムが適切にレンダリングしてくれます。
  • Parallax Occlusion Mapping (POM) を使用すると、テクスチャ上のハイトマップを影を落とすバンプや突起に変換し、2Dテクスチャを3Dに見せることができます。

ModDB – RTX Remixリマスターのホスティング

RTX Remixのオープンベータが1月22日に近づくにつれ、ModDBでは新しいRTX Remixセクションが追加され、クラシックゲームMODの発見、改造、共有がより簡単になります。

このサイトの特徴は以下の通りです。

  • コミュニティがRTX Remixに最適なクラシックゲームを見つけるための互換性リスト。
  • 「RTX.conf」設定ファイルと互換性のあるゲームの USD キャプチャ。これらにより、ゲームの改造をさらに迅速に開始できるようになります。
  • RTX Mods用の50GBのMODアップロードサイズ – これほど大きな MOD をアップロードできるサイトは他にありません。
  • RTX Modsと関連ニュースを見つけるためのサイト全体の簡単なタグ。

ModDB ウェブサイトへ

新しいHalf-Life 2 RTXトレーラー

Half-Life 2 RTX: RTX Remix Projectは、Half-Life 2の4つのトップMODチームによって開発されています。最新バージョンのRTX Remixを使用して、ModderたちはPBRプロパティでマテリアルを再構築し、ValveのHammerエディタを使ってジオメトリのディテールを追加し、GeForce RTXゲーマーに素晴らしい体験を提供するために、フルレイトレーシング、DLSS 3.5、Reflex、RTX IOなどのNVIDIAテクノロジーを活用しています。

8月のプロジェクト発表以来、Orbifold Studiosはプロジェクトのウェブサイトを通じて新しいModderを募集し、現在では65人のModderからなるチームとなっています。それ以来、拡張されたチームは強化されたアセットの構築と、このゲームの人気レベルのリミックスに取り組んでいます。Orbifoldの新トレーラーでは、2004年にプレイヤーをゾッとさせたHalf-Life 2の不気味な町Ravenholmの最新作を紹介しています。以下がその最新のトレーラーとなります。

1 月 22 日に RTX Remix ベータ版をダウンロード

RTX Remix オープン ベータ版は、1 月 22 日に無料でリリースされる予定です。

Remix RuntimeはGitHub でオープン ソースとして入手できるため、コミュニティが変更を加えたり、NVIDIA に変更を送信してメイン ブランチに反映したりすることも可能です。

リリース時に通知を受け取るには、ここにアクセスして登録してください。

RTX Remix のリソース

Mod の作成に役立つさまざまなリソース。


NVIDIA RTX Remix Open Beta Begins January 22nd; New Half-Life 2 RTX Trailer Released

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました