D5 Render 2.6 がリリース! AI 統合機能、カメラパス、 UVランダマイザーの追加など

CGソフト
12月22日更新:5%オフのクーポンを頂きました!興味がある方はお見逃しなく!

2023年12月14日(現地時間) – Dimension 5 は、建築ビジュアライゼーション向けリアルタイムレンダリングツールの最新アップデート D5 Render 2.6をリリースしました。

新機能ハイライト

この最新リリースでは、AI Atmosphere Match、ベースカラーテクスチャから法線、粗さ、高さのマップを生成できるAI機能や、 UVランダマイザー、新しいアセットの追加など多くの新機能が追加されています。

AI

AI Atmosphere Match

右サイドバーの右上隅にあるAI Atmosphere Matchボタンをクリックすると現在のシーンビューポートにマッチするリファレンス画像を使用して、シーン全体の大気をAIで生成できるようになりました。

天候を含むD5環境パネルのすべてのパラメータが含む空のエフェクトは、参照画像のエフェクトに基づいてGeo&Skyとマッチさせるか、適切なHDRIを選択することで実現されます。

注:最良の結果を得るには、空の割合が高いシーン/ビューを選択することが推奨されています。

AI-generated Material Texture Maps

U-Net、GAN、Perceptual Lossなどの様々なアルゴリズムとストラテジーを統合し、マテリアルのベースカラーテクスチャマップに従って法線、粗さ、高さのチャンネルマップを自動的に生成する、AI生成マテリアルテクスチャマップが追加されました。

現在のバージョンは法線、粗さ、変位マップをサポートしています。スペキュラとメタリシティは将来のバージョンでサポートされる予定です。

AI Material Match

シーンにモデルをインポートし、左サイドバーのリソースリストでモデルを選択し、右クリックしてAI Material Matchを選択すると、一般的に使用されるマテリアルキーワードとマップタイプのほとんどをカバーする適切なD5マテリアルテンプレートを自動的に適用することができるようになりました。これは、ほとんど待ち時間なしで実現でき、高い識別率が保証されています。

注:この機能を使用すると元のマテリアル情報が上書きされるため、D5を初めてインポートする際に使用することが推奨されています。

レンダリング

Multimedia Material Transparency

Video Materialが最適化され、Multimedia Material Transparency となり、カスタムビデオ/画像のアップロードに対応しました。さらに、透明LEDスクリーンや透明テレビなどの半透明ダイナミックグローエフェクトをシミュレートするために、Multimedia Transparency Materialテンプレートに透明度パラメータが導入されました。Transparencyの値を大きくすると、テクスチャがより透明になります。

ローカル露出

ポスト処理パネルにLocal Exposure( ローカル露出)を追加しました。Highlight Local ExposureとShadow Local Exposureのパラメータを調整することで、画像のダイナミックレンジを改善し、色と明るさのバランスが取れたシーンにし、よりリアルな効果を得ることができます。

Flowing Water マテリアル

マテリアルパネルにFlowing Water( 流れる水 )マテリアルが追加されました。ベースカラー/ベースカラーマップに基づいて、流れる水のアニメーションを自動生成できます。滝、流水、小川などのマテリアルをシミュレートするのに適しています。

Flowing Water Materialには5種類のテンプレートがあります。カラー、法線、スペキュラ、透明度に加え、さらに多くのパラメータをカスタマイズ可能です。

UVセクションでは、水の流れの方向と法線テクスチャのタイリングを制御でき、UVをスケーリングすると、泡と法線バンプはそれに応じてスケーリングされます。

注:流れる水の効果は、UVだけでなくモデルのテクスチャマッピングにも影響されるため、モデル自体にはシームレスなテクスチャが必要で、1:1のマップが望ましいとされています。

UV ランダマイザー

Inspector > UVにUV Randomizerが追加され、テクスチャを回転させたりブレンドしたりすることで、サーフェス上の繰り返しを避けることができるようになりました。

注:Transparent、Displacement、Video、Foliageマテリアルテンプレートはこの機能をサポートしていません。

Geo&Skyでのカスタム太陽

“Environment” > “Sky Light” > “Geo and Sky “にCustom Sunが追加されました。既存の太陽光の強さと太陽円盤半径に加え、高度と方位角による上空での太陽の位置のカスタマイズをサポートしました。

その他

プレビューでの透明マテリアルの複数反射

以前のバージョンでは、反射中の透明オブジェクトはレンダリング結果でのみ計算されていましたが、プレビューでサポートされるようになりました。反射の透明オブジェクトの計算は、カメラが動いていないときに行われます。(透明マテリアルの透明度は反射パフォーマンスに影響します)

Rect Light の減衰強度

減光強度パラメータがStrip lightとRect lightに追加され、減光距離の制御とRect lightの照射範囲の調整ができるようになりました。減衰強度が0の場合、効果は以前のバージョンと同じです。

Snowflake Size

Environment (環境)” > “Weather (天候)” > “Precipitation(降水) “に、雪の粒の大きさをカスタマイズできる “Snowflake Size “が追加されました。

Water Material の最適化

水マテリアルの精度とパフォーマンスが最適化され、水中で散乱する光の色を制御するために使用される「Scattering Color(散乱色)」がベースカラーの詳細パラメータとして追加されました。

機能

ビデオエディターの最適化

Clip/Shot/View の右サイドバーでの調整に対応。

Clipを選択すると、右側でカメラパス、移動モード、アスペクト比を編集できます。新規クリップのデフォルトのアスペクト比は16:9です。Shot/View を選択すると、カメラパス、移動モード、カメラのプロパティを編集できます。

カメラパスの表示と編集の追加

Clip/Shot/Viewを選択した後、右サイドバーの “Inspector “から “Edit Path “をクリックすると、カメラパスを3Dシーンに表示することができるようになりました。

テンプレートの追加

ビデオモードに入り、右サイドバーの「Template」をクリックすると、サポートされているプリセットテンプレートを確認して使用することができます。テンプレートのサムネイルはデフォルトでは静止画像で、マウスホバーでダイナミックプレビュー効果が表示されます。

その他

  • 以前の ” Ease in and out ” オプションは “Movement” として最適化されました。
  • 以前の “View Interval “オプションは、ショット選択時に右サイドバーの “Auto View Interval “に変更されました。

シーンリストとカメラ統合の最適化

シーンリストの ” Camera ” を編集

“Add Scene “をクリックすると、自動的に現在のビューポートでカメラが作成されます。シーンをクリックしてカメラを有効にすると同時に、インターフェースの右上にあるカメラアイコンが現在アクティブなカメラを表示するようになりました。投影モード、アスペクト比、フォーカスのパラメータを設定でき、リアルタイムで適用されます。カメラがアクティブな状態でカメラアイコンをクリックすると、カメラのアクティブ状態が終了します。

■レンダーキューへのシーンの一括追加

画像レンダリングモードでは、各シーンは異なるレンダリングパラメータを持つことができます。
シーンリストはCtrlとShiftの複数選択をサポートし、シーンをレンダーキューに一括で追加できるようになりました。

人間視点のウォークモード

人間視点ウォークモード(Human Point-of-View Walk Mode)が追加されました。

セクションツールの最適化

  • プロジェクトでサポートされるセクションツールの最大数が10に増加しました。
  • 断面ツールの反転をサポートし、モデルの内部構造と詳細をより明確に表示することで、内側/外側の断面を選択できるようになりました。
  • 塗りつぶしにマップ挿入とUV調整が追加され、カスタムテクスチャの塗りつぶしとUV調整に対応しました。
  • プロファイルされた断面が光や天候の影響を受けるかどうかを切り替えるオプションが追加されました。

ファイル圧縮

データストアファイルを圧縮してD5プロジェクトファイルのサイズを縮小し、プロジェクトアーカイブの保存スペースをさらに節約するための「Compressed Project Save」オプションが追加されました。
このオプションはPreference > Generalで有効にすることができます。

マテリアルマップのドラッグ&ドロップ

ローカルフォルダから右サイドバーのマップスロットへのテクスチャファイルのドラッグがサポートされ、マテリアルインポートの操作プロセスが簡単になりました。

注:テクスチャのフォーマットが現在サポートされていることを確認してください(.png / .jpg / .bmp / .tif / .tiff / .tgaを含む)。

その他

abcアニメーションコントロール

インポートした.abcファイルの右サイドバーで、再生モード、フレームオフセット、スピード、アニメーション間隔をカスタマイズできるアニメーションコントロールができるようになりました。

マテリアル付き.fbxのインポート

.fbxファイルのマテリアル情報を直接D5 Renderに読み込むことができるようになりました。

■.d5aファイルのサムネイル

ローカルフォルダ内の.d5aファイルのサムネイル表示が新バージョンでサポートされました。同期プラグインによってエクスポートされた.d5aファイルは、D5 LiveSync for Sketch UP、D5 LiveSync for 3ds Max、D5 Sync for Cinema 4D、D5 Sync for Blenderでのみサムネイルがサポートされています。

光源の単位表示(cd/lm)

光源の単位表示が追加され、より正確な光源設定やデザインの調整ができるようになりました。

■レンダーキューの最適化

レンダーキューのインターフェイスが最適化されました。サムネイル上のインジケータアイコンにカーソルを合わせると、フォーマット、サイズ、解像度、チャンネルマップ、ビデオ時間、フレームレートなどの詳細情報が表示されます。

■アダプティブインターフェースの最適化

D5ウィンドウの最小サイズが最適化され、ラップトップ画面のスケーリングに合わせやすくなりました。また、最小サイズでのレンダリングモードでのUI表示の重なりが修正されました。

アセットライブラリ

プロシージャル生成された新しいつる植物

Boston Ivy、Climbing Rose、Chestnut Vineなどを含む、プロシージャル生成されたVine(つる植物)がModel > Nature > Vineに追加されました。

必要なつる性植物モデルを選択し、ダウンロードします。それを壁に垂直に置き、葉の形をした青いデカールが表面に現れるまで調整し続けます。そして、右側にある「Generate」ボタンを押すと、壁面に沿って自然なつるが伸びていきます。

スケール、葉の密度、葉のランダムな角度、長さ、幅、葉の色を含む調整可能なパラメータをサポートしています。省エネモードをオンにすると、つるモデルの詳細レベルが下がり、よりスムーズなリアルタイム体験につながります。

新しいHDRIライブラリ

HDRIを検索、選択、直接適用できる新しいHDRIライブラリが追加されました。

未来的なパーティクル

  • Particle > Futuristic Decorに、2つのAbyss Mirrorsが追加。カスタムパターンマップ、サイズ、色、明るさ、その他のパラメータが調整可能です。さらに、24個の未来的な装飾用アニメーションパーティクルが追加されました。
  • Model > Electrical > Digitalに、2 種類のアニメーション付きドローンが追加。キーフレームによる飛行パスの編集に対応。

新しいキャラクターモデル

D5チームはプロのモーションキャプチャースタジオと協力し、アニメーションキャラクターの新しいコレクションを導入しました。このリリースでは、92種類のアニメーション付きのモデルを含む、169種類のキャラクターモデルが追加されました。

新しい平面霧モデル

7つの新しい平面フォグモデルが追加されました。既存のパーティクルフォグと比較して、平面フォグモデルはより少ないリソースを消費し、よりスムーズな操作が可能です。

新しい植物モデル

新しいローポリの木モデル

新たに18本のローポリツリーが追加されました。これらは、カメラの距離に応じてディテールレベル(LOD)をスマートに調整できるローポリの植物モデルです。これらのモデルは、広範な空撮景観プロジェクトに最適で、スムーズで洗練されたビジュアル体験を実現します。

■サボテン8種

よく使われるサボテン8種類が追加されました。

最適化

検索機能の最適化

検索バーが最適化され、より快適な検索が可能になりました。検索時に’Tab’キーを押すことで、’Model’と’Material’ライブラリを切り替えることができます。

入力した単語に基づいてアセット名/タグを表示するキーワード候補によるあいまい検索が追加され、検索がより簡単になりました。

検索結果の件数カウントが追加されました。アセットがいくつ見つかったかは左上で確認できます。

■ライブラリアセットの分類、並び順、フィルタの最適化

プライマリおよびセカンダリメニューの展開が最適化され、カテゴリ間の視覚的な分離がより明確になりました。

デフォルトの表示順のロジックを最適化

デフォルトの順序に加えて、「名前(Name)」、「最新(Latest)」、「無料順(Free First)」でアセットを並べ替えることができるようになりました。
お気に入りのアセットに素早くアクセスできる【Favorite】フィルタを追加。

■ライブラリのサムネイル読み込みを最適化

検索結果の表示速度を最適化し、アセットサムネイルの読み込みを高速化するキャッシュが導入されました。

ワークフロー

D5 LiveSync for 3ds Max ベータ版

対応バージョン:3ds Max 2014~2016、2018~2024、D5 Render 2.6以上

最新のプラグインで3ds Maxワークフローのリアルタイム同期をサポートし、手動で更新ボタンをクリックしなくても、3ds Maxでモデルやマテリアルを編集しながらリアルタイムで結果を表示し、レンダリングすることができるようになりました。

さらに、レイヤの非表示をサポート、ライトのグループを同期するためのライトコンポーネントの同期構造が追加されました。

3ds Max カメラ アニメーションの同期

カメラ アニメーションの同期機能が追加されました。3ds Max で選択したカメラ アニメーションを D5 ビデオ モードのクリップに同期できます。

各カメラは個別のショットとして D5 に同期され、環境、ポスト エフェクト、カメラ パラメータの調整が有効になります。プラグインを通じてD5に同期されたカメラ アニメーションは、ビューの追加やデュレーションの変更には対応していません。

また、3ds Max から D5 への複数選択カメラのバッチ送信に対応しています。

Cinema 4D カメラ アニメーションの同期

カメラアニメーションの同期機能が追加されました。Cinema 4DからD5ビデオエディターへの同期プラグインで、キーフレーム情報を持つ選択されたカメラアニメーションの同期が可能です。

環境、ポストエフェクト、カメラ調整を有効にした状態で、複数選択したカメラをそれぞれ個別のショットとしてD5に一括送信可能です。プラグインを通してD5に同期されたカメラアニメーションは、ビューの追加やデュレーションの変更には対応していません。

SketchUpグループ化インポート

対応バージョン SketchUp 2020.1-2023、D5 Render 2.5以上

D5 LiveSync for SketchUpで、.skpファイルからモデルをグループとして.d5a形式でエクスポートする機能が追加されました。これは、phasingアニメーションに使用でき、モデルの編集や置き換えが簡単になります。エクスポートは、すべてのオブジェクトまたは選択したオブジェクトのみのエクスポートをサポートします。

さらに、グループ構造の最大2つのレイヤーのエクスポートをサポートしています。デフォルトでは、1つのレイヤーのみをエクスポートします。
その他すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

D5 Render は、DXRをサポートするWindows v1809以降で利用できます。少なくともNVIDIA GeForce GTX 1060 6GBが必要となります。より詳しいシステム要件やビデオカードでのパフォーマンス比較の確認はこちらから

価格は、Proライセンスが38ドル/月または360ドル/年 、2名以上のチーム向けライセンスが75ドル/月または708ドル/年です。 無料のCommunityライセンスも用意されており、ウィジェットやクラウドベースアセットライブラリへのアクセスが制限されますが、無料で使用できます。

無料版のダウンロードはこちらから

最新の価格と機能比較表の確認はこちらから

Proライセンス 7 日間引き換えコード

7 日間 Pro版を利用することができる引き換えコードが配布されています。すでに Pro ユーザーである場合は 7 日間延長されます。

コード:M36G7645

期限: 2024年1月31日23:59 (GMT+8) まで有効です。

使用方法:D5 2.6を開いてログインし、ウェルカムページのアカウント名をクリック。ポップアップウィンドウで “Redeem “アイコンを見つけ、コードを入力してください。

お得なクーポン

D5チームにクーポンをいただきました!

こちらから購入ページへいくと、D5Proの5%オフのクーポンを利用できます。


D5 Render ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました